かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

山口真帆と元々は繋がっていたという犯行グループの証言は事実か

山口真帆が自宅マンションで厄介オタに暴行を受けた件について、現在AKSが犯行グループに損害賠償を求めて民事で裁判を起こしている。産経新聞が、その裁判での犯人の証言内容を報道した。

それは、元々犯行グループと繋がっていたのは山口真帆で、山口がつながり発覚を恐れて疎遠になったという内容だった。以前には、週刊文春が、吉成夏子社長が犯行グループは同様の主張をしていると、保護者会で説明したという報道もあった。

まあ、彼ら(犯行グループ)の言い分としては『そもそもAKSや今いるメンバーと争いをしたい訳ではないのです。ただ、今回の事件は、事件じゃないのです。僕は、もともと繋がっていたのは山口さんです』。そういった内容でした。

また週刊大衆も同様の内容を報道している。では、この犯人の証言は真実なのだろうか?

山口真帆が自宅マンションを教えた?

男性は平成29年2、3月ごろ、NGT48の握手会で「運営(AKS)を介さずにプレゼントを贈ったりしたいので、私的に会ってほしい」と話し、山口さんは了承。山口さんは新潟市内の自宅マンションや携帯の電話番号を教えツイッターで次のライブで歌う曲名やレッスンの状況といったグループの内部情報を伝えるなどしていた、と主張している。

山口真帆が自宅マンションを教えたとされる件に関してだが、これは週刊文春がスクープした、犯行直後の山口真帆と犯人との録音と全く矛盾している。

山口:なんであやかにの向かいの家が私って知ってたの?
犯人A:それは相当前にあやかにか誰かに聞いたな。

犯人Aは、あやかに(太野彩香)から山口真帆の自宅マンションを聞いたと答えているので、山口真帆が教えたということと矛盾が生じる。もし元々山口との繋がりがあったならば、こんな会話すらも存在しないだろう。

また、犯人自ら犯行後に山口真帆との私的交際はなかったと言っている。

犯人A:それは本当にいくらそういうのがあるとはいえ、他の子と(山口真帆を)同様に考えたのが申し訳なかったけど、本当にそこは他の子と。

ただし、犯人がここで否定したのはアイドルの家に行くということであって、電話番号を交換するなどという内容は含んでいないという解釈はできるかもしれない。ただ録音を聞いた限りでは、山口の怯えたような声と激しい剣幕から、山口真帆と犯人の繋がりはなかったように思えるのだが。

山口真帆から疎遠になった?

29年4月ごろ、男性は山口さんと同じマンションの別室に転居。廊下で会ったり、衣服やアクセサリーをプレゼントするなどしたとしている。しかし、同年秋には、山口さんは“つながり”が発覚することを恐れて連絡をしなくなった。男性は30年10、11月に計2回、握手会で山口さんと会い、疎遠になった理由を尋ねた。山口さんは、自分と男性が「つながっている」とほかのメンバーから言われたことを告げ、「噂になったら困る。怖い」「応援してくれるのはありがたいし(男性)のことは嫌いじゃない。助けてくれるのはうれしいけど、噂もあるから、やっぱり不安だ」などと話したとしている。

29年4月に犯行グループが同じマンションの向かいの部屋に入ったというのは事実だろう。すべての証言とも矛盾しない。しかしそれは山口真帆と逢うためではないことは、犯人自ら犯行後の録音で否定している。

犯人A:今日、過去にもあったんですけど、あそこのみなさんいるところ、寮あるじゃないですか。あそこでよくその、他のメンバーさんとかとぶっちゃけ言ったら会ったりとかしていて、一緒に遊んだりとかちょっとご飯食べたりとか昔からしていて。

山口真帆から疎遠になったという話に関しては、そもそも私的交際があったという他の証拠がないので、なんとも言えない。ただ長谷川玲奈、菅原りこ、村雲颯香などの潔白のメンバーが山口真帆に与していることから、私的交際はなかったと判断するのが理にかなっているように思う。

まとめ

これまでの証言から、山口真帆が自宅マンションを教えたというのは信憑性がなく、山口真帆と私的交際があったというのも否定的だ。最初の録音も犯人自身が発言しているので信用に足るかという問題はあるのだが、もし山口に後ろめたいことがあれば録音なんて残さないし、いずれにしろ犯人の証言は二転三転しているので信用できない。

そもそもこの民事裁判自体は、犯人がAKSに与えた損害を賠償させる目的であり、犯人がメンバーの名前を挙げたことで、AKSに不信感が蔓延したというのが出発点になっている。(繋がりはなかったと思うが)山口真帆と犯人が繋がっていたかどうかを判断する裁判ではないし、つながっていたかどうかは関係がない。それなのに、山口真帆との繋がりだけが妙にピックアップされるのは違和感がある。

山口真帆1st写真集 present

山口真帆1st写真集 present