かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

『ラストアイドル』番組が水曜深夜(2時)に降格 コスプレバトルが謎すぎる

現在テレビ朝日系列で土曜日の0:10から0:35まで放送している『ラストアイドル(ラスアイ)』が水曜日の深夜1:56から2:21に移動することが分かった。土曜日の旧枠には不定期で放送されていたバラエティー番組『松之丞カレンの反省だ!』が昇格することになり、『ラストアイドル』は実質的な降格になってしまった。

謎のコスプレバトル

番組内容はコスプレバトルを行うという。

毎回ラストアイドルのメンバー4人が、看護師やくのいち、キャビンアテンダントチアリーダーなど毎回与えられた1テーマで、渾身のコスプレを披露していく。アイドルたちは“完全なりきり全力コスプレ”でナンバー1を競い合い、そのコスチュームにまつわるゲームや常識クイズにも挑戦する。

ラストアイドルは初期はオーディション番組として開始し、バトルをテーマに、小室哲哉つんくなどの有名プロデューサーに師事してパフォーマンスを作り上げるプロデューサーバトルなどをおこなってきた。

現在は、清原伸彦による団体行動や、バブリーダンス振付師のakaneによる高難易度ダンスなど、人数が多いことを利用した集団パフォーマンスを主軸に展開してきた。アイドルらしからぬ手法に賛否はあったが、団体行動をベースにした楽曲『大人サバイバー』は累計11万枚以上を売り上げ、ミュージックステーションにも出演を果たした。

akaneの高難易度ダンスをベースにした『青春トレイン』は昨日発売され、『大人サバイバー』に匹敵する初日売上を記録している。ラストアイドルはここからだというのに、深夜帯への降格とコスプレバトルという謎の企画は残念で仕方がない。

また毎回4人しか出演しないというのも露骨な低予算感が否めない。実際に現在の枠でも1クールを編集を変えた総集編に充てているので、予算が厳しいのは事実なのだろう。4人しか出演しないとなると、1クールに1回出演できるかどうかになるし、もし人気メンが優遇されるならば、不人気メンは今以上に露出が減るのは避けられない。

ラストアイドルは卒業メンバーが相次いでいるし、これをきっかけにさらに卒業が加速するかもしれない。厳しい言い方にはなってしまうが、不人気メンがいくら卒業したところでグループの人気にはあまり関係がないのかもしれないが、メンバーのモチベーションは明らかに低下してしまうだろう。

MCは霜降り明星

唯一良かったなと思うのは、MCが今をときめく霜降り明星が担当することだろうか。おぎやはぎも嫌いではないのだが、霜降り明星の方が旬なのは事実だし、せいやラストアイドル1stシーズンをリアルタイムに視聴していたということなので、ラスアイメンバーのことも知っているだろう。

霜降り明星YouTubeでも人気のチャンネルを持っているし、ラジオ番組もあるので、ラストアイドルのことを色んな媒体で広めてくれるとすごくありがたいなと思う。乃木坂46が人気になったのもバナナマンの力が全くなかったとは言えないし。

まとめ

ラストアイドルにとって番組の降格は厳しいものになったが、AKB48ですら地上波から完全に消滅している現状では、まだ番組が残ること自体は有難いことなのかもしれない。ただコスプレバトルという謎の企画は、まだ観ていないので何とも言えないが、1クールに1回の企画ならまだしも毎週やるような企画ではないと思う。

もう少し企画をいろいろ考えて欲しい。ここのスタッフや作家にはあまり期待できないので、それこそポストダウンタウン松本とも言われる霜降り明星粗品にでも企画を考えてもらいたいくらいだ。

あと深夜帯への移行は仕方ないとしてもAbemaで何か番組をやってほしい。それこそ視聴者参加型のバトルでもいいのだが、今のままではラスアイらしさというのが全く失われているように感じる。