かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

AKBINGOが9月末で終了 NGTが終了理由か?後番組はどうなるか?

AKBINGOが9月末で11年の歴史に幕を下ろし終了することが決まった。2008年10月2日にスタートし、AKB48の人気が上昇して行くにつれて放送局も拡大していき、AKB48の代表的な番組となった。2016年にはMCがバッドボーイズからウーマンラッシュアワーに変更となり、しばらく続いていたが、そのウーマン村本の口から終了が発表された。

AKB48関連番組は、NHKの『AKB48 SHOW』およびラジオの『AKBのオールナイトニッポン』も今年終了しており、AKB48は地上波から消滅、ラジオは乃木坂に取って代わられている。

AKBINGO終了の理由

AKBINGOはなぜ終了してしまうのか。最も考えられるのは、AKB48の人気低迷である。CD売上はいまだにミリオンを維持しているものの、少数のファンが大量買いしている状況に、より拍車がかかっている。

一時期、好きな女性のタイプを聞かれると「AKB48で言えば誰?」と聞かれることがよくあったが、最近の一般人はAKB48のメンバーの名前をほとんど知らない。乃木坂46欅坂46など坂道シリーズの台頭によって、AKB48の人気は翳りが見えるどころで済まず、もう完全に陰になってしまっている。

総選挙も今年で終了となり、2019年だけで既にグループ全体で60人近くの卒業・脱退者が出ている。これは今までの年平均の数値を既に超えている。このような状況であるから、当然番組の視聴率もスポンサーの満足するものになっていない可能性が高い。そもそも以前からAKBINGOのスポンサー枠はかなり不安定になっていた。

AKB48 SHOW』の終了に対して「リアルライブ」ではNHK関係者が次のように語っている。

AKBに勢いがあったころならば、番組の存続も問題なかったようですが、毎年恒例の総選挙は今年は開催されず。明らかに人気がダウンしているだけに、もはや、制作費面で割が合わなくなってしまったようです。

AKBの人気低迷という背景だけでは、こんなに一気に番組が終了することは考えられない。しかし、そこに引き金を引いたのがNGT事件である。

もはや言うまでもないが、NGT48所属の山口真帆がファンに暴行されたとSNSで告発し、それにはメンバーも関与していると発言したことから炎上騒動となった。その後AKSが後手後手の対応、被害者を蔑ろにする行為を繰り返し、更なる炎上に発展。批判が相次いで、NGT48の番組はほぼ消滅、NGT48の実質活動休止、スポンサー剥がしにまで至った。山口真帆ら3人は他事務所に移籍。NGT48は公演を再開したが、問題はまだ解決していない。

この騒動によってNGT48だけでなく、AKBグループの人気は完全に失墜。AKBに対する悪感情がさらに増幅された。スポンサーもAKBを応援しているとイメージが悪く、相次ぐ番組終了に繋がっていると推測できる。AKB48に人気があれば炎上を吹き飛ばすこともできたかもしれないが、それもできなかった。

関係者の反応


AKBINGOの後番組はどうなるか?

最初に考えられるのは、AKB48が同じく出演してタイトルだけが変わるようなリニューアルである。ただ関係者が悲しみに暮れるツイートなどをしているのでリニューアルだけではそうはならないように思う。

それ以外では秋元グループの別番組への変更が考えられる。可能性が最も高そうなのは坂道グループだが、いまだに地上波番組を持っていないイコラブとノイミーやIZONEもあり得るかもしれない。

まとめ

AKSの対応が全て悪かったのだが、そのキッカケを作った山口真帆の苛烈なまでの手腕には脱帽である。(彼女にそのつもりはなかったが)上手くやれば個人でも落ち目な巨大組織を破壊できるのだなと感動した。どっかの朝の顔をしているお笑い芸人のように、大抵こうやって巨大組織に立ち向かう人は頓挫することが多いのだが、最後まで信念を変えず、ちゃんと新天地で芸能活動を行う彼女の強さは本物だろう。