かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

アニメ『ありふれた職業で世界最強』2話感想 - ヒロインユエがかわいい

アニメ『ありふれた職業で世界最強』2話感想です。
前回のあらすじ

クラスメイトと共に異世界へ召喚された”いじめられっ子”の少年・南雲ハジメはクラスメイトの裏切りにより、迷宮の奈落へ突き落とされてしまった。奈落に潜む魔物に襲われ、必死に逃げるハジメ。しかし、錬成師という地味な能力では太刀打ちできるはずもなく、重傷を負ってしまう。異世界でも最弱の彼は心身共に絶望の淵に立たされ――。

あらすじ

奈落を進んでいくハジメは第50階層で封印されていた吸血鬼の少女と出会う。彼女を最初は見捨てようとしたハジメだったが、彼女の裏切られたという言葉に自らの経験がフラッシュバックする。ハジメは彼女を自らの錬成師としての能力を駆使し助けるのだった。そしてその吸血鬼の少女にユエという名前を授ける。しかしそのとき何者かの襲撃に遭いハジメは傷を負う。

感想

世間ではこの作品すこぶる評判悪いようです。しかしながら、私はそんなに悪くないと感じています。どうやら異世界にやって来た経緯を省き、その上で回想が繰り返される構成がわかりにくいとの話だったようですが、個人的には特に問題にするようなところではないように思います。私個人は特に違和感なく物語を理解できました。省かれていた部分というのがそんなに大事なんだろうかとどうしても感じてしまう。別になくてもいいような。経緯や職業についての説明があるほうが冗長に感じられる気がします。それに後々なんやかんや説明はしてくれるでしょう。1話の中で主人公が覚醒を迎え、リベンジを果たすところまでを収めたことのほうが遥かに大事ではないのでしょうか。仮に1時間枠がもらえるなら時系列順に最初から説明していってもいいのかもしれませんが、30分しか枠がない中ではいい選択だったと私は思います。

2話はヒロインである吸血鬼ユエが登場。名前はCCさくらから取ってそう。デザインは無難ではありますが、メインヒロインという風格があります。2話に関しては、ユエと出会うところで3話に引きたかったのだろうなというのがなんだか透けて見える構成でした。主人公のクラスメイトたちが出てくるパートは時間稼ぎに見えてしょうがなかった。1話に比べれば、多少微妙だった2話ですが、相変わらずクソダサ名台詞を宣ってくれるハジメが面白い。

ありふれた職業で世界最強 1 (オーバーラップ文庫)

ありふれた職業で世界最強 1 (オーバーラップ文庫)