かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

アニメ『ダンベル何キロ持てる?』2話感想 - シャワーにプールにサービス特化

夏アニメ『ダンベル何キロ持てる?』2話感想です。
前回のあらすじ

高校二年生の紗倉ひびきは、ある日ダイエットのため一念発起。近所のスポーツクラブ、シルバーマンジムの見学に訪れる。だがそこは、プロの格闘家やアスリートが通う超ハイレベルのガチなトレーニングジムだった。果たしてひびきのダイエットは成功するのか。そして行く手には、どんなトレーニングが待ち受けているのか?!

あらすじ

ひびきは今日もトレーニングに励む。トレーニング後にプロテインバーでプロテインを味わうひびき。その後、暇な日曜日に夏らしく朱美と一緒にプールでのトレーニングに向かうが、思いがけないアクシデントに襲われる。なんやかんや順調にトレーニーとしての道を歩んでいくひびきだった。

ひびきは自らと同じく映画マニアである友人・上原彩也香の家に遊びに行き、一緒に映画を楽しんでいたが、彩也香が家の手伝いに駆り出されることに。そこでひびきは彼女の家がボクシングジムであることを知る。そしてひびきの意外な才能も発揮されることになるのだった。

感想

毎回構成としては大きく変わることはなく、トレーニング知識とサービスが交互に出てくるような展開が続きます。今回はシャワーやプールなどよりわかりやすいサービスが見られました。毎回似たような内容と言っても、キャラの面白さやテンポの良さが際立ち、まったく飽きることなく30分過ごすことができます。

そしてこの作品は見ていると本当にトレーニングに対する意欲が湧いてくる。実際に使える知識を学べるため、実践してみたい気持ちに駆られます。今回のストレッチに関する知識は実用性がとても感じられました。まあ私は運動得意でないし、する気もないんですが。しかしながら、やはりオタクをジムに誘う効果は抜群なのではないでしょうか。でも今入会届を出すと、「うわ、こいつ『ダンベル何キロ持てる?』見て入会してきたんだ」って思われそうなんで、個人的には微妙に時期ずらした方がいいんじゃないかと。まあ思われても何も問題ありませんけど。

1話から登場していたひびきの友人である上原彩也香が本格的に物語に参戦してきました。彼女の家のボクシングジムには同じ原作者が手がける格闘漫画『ケンガンアシュラ』のキャラクターが所属している設定。『ケンガンアシュラ』もNetflix独占配信ではありますが今夏アニメ化が予定されています。