かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

ラストアイドルの高橋真由が卒業を発表 - ラスアイは崩壊してしまうのか?

ラストアイドルファミリーでGood Tearsメンバーの高橋真由が卒業を発表した。

高橋真由のコメント

ラストアイドルを通じてみなさんに出会うことができ、普通の中学生だった私を大きく成長させてくれました。それもファンの方やメンバーのおかげです。

ただ、活動をしていくうちに周りの環境や自分自身の気持ちに葛藤し、中途半端に活動してメンバーやファンのみなさんに迷惑をかけたくないと思いが、精神的につらくなってきてしまったことも事実です。

私は、アイドルに向いてないし、皆さんが好きなアイドル像にはとてもかけ離れていたと思います。でも、自分がやりたかったアイドルっぽくない事をライブやSNSでやっても、それを受け入れてくれる方も沢山いて本当に嬉しかったです。

まゆの人生、初めてのアイドルがラストアイドルでよかった。素晴らしいステージで素晴らしい景色を見ることができてよかった。悔しい事も嬉しい事もラストアイドルで沢山味わい、素敵な時間を共にすることができてよかったです。

本当に今までありがとうございました。

SHOWROOMなどでは突飛な言動を繰り返したり、笑わせることのみに特化したメイク動画をアップしたりと、彼女自身が言うように「アイドル像とはかけ離れた」姿を見せてくれていた。


だけどそれも個性と言えば個性であり、ラストアイドルのムードメーカーとして重要なメンバーだったと思う。特に仲の良かったLove Cocchi大森莉緒は一番ショックを受けているだろう。

卒業が止まらないラストアイドル

6月10日にラストアイドルから延命杏咲実、小田中穂、永井穂花が卒業することが発表された。そして7月5日に石川夏海もこの3人のメンバーと同じ7月28日をもってラストアイドルを卒業することを発表した。さらにここで高橋真由の卒業も発表されたことで、これまでに王林古賀哉子、吉崎綾も卒業しているのでラストアイドルからの卒業者は合計8人になる。

卒業が現在の高難易度ダンス企画開始直後に集中していることから、このダンス企画がメンバーにとって不満の大きなものであったことは想像に難くない。前回の石川夏海の卒業の記事でも述べたが、ダンスという単一の評価だけで1クール(2クール)の出番が決められるだけに、できないアイドルにとってはモチベーションが低下してしまうのをやむを得ない。

また卒業を発表したメンバーは、1stシーズンおよび3rdシーズンのオーディション時に敗者もしくはバトルをしていないメンバーであることも関係しているだろう*1。自分でラストアイドルのメンバーを勝ち取ったという自信が希薄なために、バトルで勝利して残ったメンバーよりもラストアイドルに対する思い入れが乏しくなるのは仕方ない。

前回(2019年7月6日放送回)のラストアイドルの放送ではダンス企画ではなく、急ごしらえ感のある一芸披露という別企画が放送された。これもダンス企画が不評なことを示すひとつの証拠なのではないか。

前回の団体行動では誰も脱落者がいなかったのに対し、今回の高難易度ダンスでは発表時はメンバーに高評価だったにも関わらず、5人も卒業者が出ていることに、指導者であるakaneの資質にも疑問を呈さざるを得ない

*1:高橋真由、石川夏海、小田中穂、永井穂花は一回も勝利していないし、延命杏咲実は一度もバトルをしていない