かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

アニメ『ありふれた職業で世界最強』1話感想 - 『転スラ』+『盾の勇者』+ 清々しいまでの中二病

夏アニメ『ありふれた職業で世界最強』1話感想です。

あらすじ

南雲ハジメはクラスメイトと共に異世界に召喚されたいじめられっ子だった。彼は華々しい能力を手に入れたクラスメイトとは違い、地味な能力である錬成士のものしか得られなかった。

ハジメはクラスメイトと共にオルクス大迷宮の攻略に参加するが、彼を心配していた白崎香織の忠告通り、クラスメイトからの裏切りもあり崩落に巻き込まれ、奈落の底へと落ちてしまうのだった。

一命は取り留めたものの、そこでは強力な魔物が彼を襲う。片腕を失いながらもなんとかその生命を繋いだハジメは覚悟を決め、なんとしても生還を果たすことを誓う。

生きながらえるため魔物の血肉を貪るうちにその能力を身につけることに成功したハジメは、自らの錬成師の能力を駆使し、銃・ドンナーを作成する。

そして彼は自らの腕を食らった魔物と再び対峙し、リベンジを果たすのだった。

感想

本来なら放送は遥か以前に始まるはずだった『ありふれた職業で世界最強』がついに放送開始。原作者がどうしても以前のクオリティが許容できず作り直させたらしい今作。作り直した価値はあったんじゃないかと個人的には思います。以前のキービジュアルを見る限り、あのままではどう頑張っても世にありふれた低クオリティアニメにしかなり得なかったでしょう。スタッフが私好みであるせいかもしれませんが、なろう系アニメの掴みとしては抜群に良かった気がします。

1話は『転スラ』+『盾の勇者』みたいな話。もともとはこれらの作品よりも放送は早いはずだったのがちょっと惜しいか。中二病的なエッセンスがこれでもかと加えられていたのがかなりインパクト大。構成として主人公が絶望の淵に立たされているシーンからスタートしたのがよかった。単純に時系列順で展開するより没入度が上がる気がします。主人公が覚醒してからは白髪+赤眼+銃というとんでもない中二ビジュアルに変貌し、性格や顔もすっかり別人のようになってしまうのはギャグみたいにも思えるんですが、個人的には悪くない印象。この先もどんなクソダサ名台詞が飛び出すのかとワクワクします。覚醒のプロセスやその容姿が『東京喰種』のカネキを意識してるんじゃないかとも感じました。作者自身が好きなものを取り入れているんでしょうか。

作品情報

イントロダクション
“いじめられっ子”の南雲ハジメは、クラスメイトと共に異世界へ召喚されてしまう。つぎつぎに戦闘向きのチート能力を発現するクラスメイトとは裏腹に、錬成師という地味な能力のハジメ異世界でも最弱の彼は、あるクラスメイトの悪意によって迷宮の奈落に突き落とされてしまい――!?

脱出方法が見つからない絶望の淵のなか、錬成師のまま最強へ至る道を見つけたハジメは、吸血鬼のユエと運命の出会いを果たす――。

「俺がユエを、ユエが俺を守る。それで最強だ。
 全部薙ぎ倒して世界を越えよう」

奈落の少年と最奥の吸血鬼による“最強”異世界ファンタジー、開幕!

――そして、少年は“最強”を超える。
スタッフ
原作 :白米良(オーバーラップ文庫刊) / イラスト:たかやKi / 監督:よしもときんじ / シリーズ構成・脚本:佐藤勝一・𠮷本欣司 / 音楽 :高橋 諒 / キャラクターデザイン・総作画監督:小島智加 / アニメーション制作:asread.×WHITE FOX
キャスト
南雲ハジメ:深町寿成 / ユエ :桑原由気 / シア・ハウリア:高橋未奈美 / ティオ・クラルス:日笠陽子 / 白崎香織:大西沙織 / 八重樫雫:花守ゆみり / 天之河光輝:柿原徹也 / 畑山愛子:加隈亜衣