かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

北海道の佐呂間(サロマ)で39.5℃という猛暑になった理由 5月の最高記録をぶっちぎり更新

暑い。日本全国が5月だというのに猛暑に襲われている。今日(5月26日)は特に北海道で酷暑となっている。北海道の十勝地方を中心に35℃以上を記録し、佐呂間(サロマ)では、39.5℃を記録。これは日本で5月の記録としてはぶっちぎりのトップである。

北海道が暑すぎる理由

5月24日くらいから日本全体が猛烈な暖気に覆われ30℃ごえの日が続いていた。その暖気は26日に北海道に最も接近し、さらに山を越えて暖められた乾燥した空気が流れ込むフェーン現象が重なったために、5月とは思えないほどの暑さになった。

今日の主な北海道の記録は次のとおりである。

f:id:mochirixi:20190526155855j:plain
北海道十勝地方の5月26日の気温(気象庁HPより)

1 北海道 佐呂間 39.5
2 北海道 池田 38.8
2 北海道 帯広 38.8
2 北海道 足寄 38.8
5 北海道 湧別 38.5
6 北海道 糠内 38.4
7 北海道 芽室 38.1
7 北海道 北見 38.1
9 北海道 更別 38.0
9 北海道 津別 38.0

これ以降も35℃以上の地点が続くがあまりに多すぎるので割愛する。当然ながら上に挙げた全地点における、今までの歴代最高気温を更新している。北海道ではエアコンを持っていない家庭も多いと思われるので、気をつけていただきたい。

5月における史上最高気温をぶっちぎりで更新

今までの5月における最高気温ランキングは以下の通りだった。

1 埼玉県 秩父 37.2 1993年5月13日
2 東京都 八王子 37.1 1993年5月13日
3 群馬県 前橋 36.5 1993年5月13日
4 大分県 日田 36.3 2000年5月25日
5 大分県 犬飼 36.1 2007年5月27日
群馬県 伊勢崎 36.1 1993年5月13日
7 佐賀県 白石 35.9 2000年5月25日
8 佐賀県 佐賀 35.8 2000年5月25日
福岡県 久留米 35.8 2000年5月25日
10 群馬県 上里見 35.6 1993年5月13日
埼玉県 寄居 35.6 1993年5月13日
12 宮崎県 赤江 35.4 2007年5月27日
栃木県 佐野 35.4 2004年5月31日
14 群馬県 館林 35.3 2017年5月21日
熊本県 鹿北 35.3 2000年5月25日
熊本県 菊池 35.3 2000年5月25日
17 埼玉県 熊谷 35.2 2004年5月31日
埼玉県 鳩山 35.2 2004年5月31日
福島県 梁川 35.2 1988年5月20日
20 島根県 津和野 35.1 2017年5月30日
群馬県 伊勢崎 35.1 2004年5月31日
福岡県 朝倉 35.1 2000年5月25日

当然ながら、純粋に暑い九州地方や、ヒートアイランド現象で暑くなる関東の郊外がランクインしている。これを今日の記録を反映すると次のようになる。

1 北海道 佐呂間 39.5 2019年5月26日
2 北海道 池田 38.8 2019年5月26日
2 北海道 帯広 38.8 2019年5月26日
2 北海道 足寄 38.8 2019年5月26日
5 北海道 湧別 38.5 2019年5月26日
6 北海道 糠内 38.4 2019年5月26日
7 北海道 芽室 38.1 2019年5月26日
7 北海道 北見 38.1 2019年5月26日
9 北海道 更別 38.0 2019年5月26日
9 北海道 津別 38.0 2019年5月26日
11 北海道 帯広泉 37.8 2019年5月26日
12 北海道 駒場 37.7 2019年5月26日
12 北海道 女満別 37.7 2019年5月26日
12 北海道 遠軽 37.7 2019年5月26日
15 北海道 陸別 37.5 2019年5月26日
16 北海道 美幌 37.4 2019年5月26日
17 北海道 境野 37.3 2019年5月26日
18 北海道 本別 37.2 2019年5月26日
18 北海道 紋別小向 37.2 2019年5月26日
20 埼玉県 秩父 37.2 1993年5月13日

北海道がほぼ独占という結果になる。地方を見ただけでは、寒さランキングかな?と思ってしまう。

まとめ

昨年(2018年)もとんでもない猛暑だったが、年々暑さがやばい領域にまで達している。ゲリラ豪雨や夏の猛暑など日本が熱帯化していると言われるが、それを体感できるまでになってきている。地球温暖化対策が喫緊に求められるだろう。