かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

【相撲】栃ノ心と朝乃山の取組で誤審 人種(外国人)差別か?

令和元年の五月場所が現在行われているが、その十三日目の栃ノ心と朝乃山の取組で誤審があった。どちらも優勝がかかった一番だっただけに、この誤審は大きな波紋を呼びそうだ。

誤審の内容

立ち会い後、前に出て行った朝乃山だったが土俵際で、栃ノ心がひらりと身を躱して、朝乃山を逆に押し倒した。行事は栃ノ心に軍配を上げたが、その時に土俵の外に栃ノ心の踵が出ていたのではないかと物言いがついて、10分間ほどの長い審議になった。

結局、踵が出ていたとして判定が覆り、朝乃山の勝ちとなった。NHKでは何度もスロー映像が流されて、その映像を確認する限りでは栃ノ心の踵は出ていなかった(砂についていなかった)ように思う。


この静止画はどちらもほぼ同じタイミングを写したものだが、上の写真では確かに一瞬付いているように見えるが下の写真では浮いているように見える。動画でも同様に確認してもやはり、踵は残っているように見える。私の地元が富山で朝乃山は贔屓にしているが、流石にそれでも栃ノ心の勝ちだと思う。

ただ、栃ノ心は朝乃山の髷を掴んでいるようにも見えるので、そちらが理由で負けだと言うのならまだ納得できないこともなかったが。 多くの人が栃ノ心の勝ちだと思っており、間近で見ている審判が見逃すとは思えないし、見逃したとしてもあれだけ時間をかけて協議するほど紛糾したのだから取り直しが妥当だろう。

外国人差別か?

関脇・栃ノ心ジョージア・ムツヘタ出身、春日野部屋所属の外国人力士で、前頭8枚目・朝乃山は富山県出身、高砂部屋の日本人力士である。栃ノ心は十二日目を終えて9勝3敗、朝乃山は10勝2敗と優勝争いをしていた。したがってこの取組は非常に重要な一番だった。もし朝乃山が負ければ3敗で2人が並ぶことになり、2敗(取組時点。高安に負けたので3敗に後退。)の鶴竜が一歩抜け出すことになる。さらに、栃ノ心大関復帰も掛かっていた。10勝以上が必要条件で、その10勝がかかっていただけに、この誤審は大きい。

過去に白鵬角界には外国人差別があるとも取れるような発言をしている。

本当に肌の色は関係ないんだよね。土俵に上がって、髷を結っていることが日本の魂なんですよ。みんな同じ人間です。

今回も誤審も人種差別的であると受け取られても仕方ないのではないだろうか。日本人は日本人力士が優勝することを望んでいる。鶴竜もモンゴル出身力士であり、朝乃山が優勝争いに残るか残らないかでは注目度は大きく違うだろう。そういう意図も働いたのではないかと邪推してしまう。