かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

『抹殺の指名者』の人気と相場がヤバすぎてVジャンプが入手困難な件

毎月21日はVジャンプの発売日なのですが、2019年7月号のVジャンプがとんでもない人気で、いつものように考えていると、手に入れることはまず不可能な状況に陥っています。学校帰りや会社帰りに書店に寄って買うのはおそらく無理でしょう。

ちなみに私も今号を入手するべく、開店前から近くの書店に並びました。この田舎の本屋にすら開店前から行列ができていて、極めて異常な光景が見られて驚きです。

そして開店後、レジに用意されていた一般販売分はなんと3冊のみ。私は先頭でしたので、なんとか一冊買うことができましたが、並んでも買えずじまいの人もけっこういました。基本的に今月号のVジャンプは、開店前に並ばずに買えるというのは、かなり稀と見ていいのではないでしょうか。開店前に並ばずに買うのは不可能というレベルで入手困難だったVジャンプは今号以外には記憶にありません。
f:id:mochirixi:20190521183019j:plain

なぜここまで入手困難なのか

Vジャンプが人気になる理由はたった一つだけです。

付録の遊戯王カードが使えるカードであるかどうか。それがすべてです。今回の付録カードである『抹殺の指名者』は非常に有用なカードであるということでVジャンプの需要も爆発するという結果に繋がりました。
f:id:mochirixi:20190521183012j:plain
今月号は付録カードの他に限定仕様のカードの全員サービスもあるのでその影響もありますが、『抹殺の指名者』の比重の方が遥かに大きいのは間違いありません。

『抹殺の指名者』の相場

有用かつ入手困難となれば、価格に転嫁されていくのが今の世の常。当然ながら今ではVジャンプの販売価格を優に上回る値段でやりとりがなされています。

現在の買取相場は1500~2000円の間というカードショップが多いようです。ちなみにVジャンプの定価は590円

雑誌特典のカード史上最も高騰がすごい(私の記憶の中では)ので、そりゃ売り場から一瞬で消え去るのも納得です。

推奨しませんが、職場を休んでこのVジャンプの転売に精を出したほうが儲かるという可能性も高いです。まあそもそも入手困難すぎて、予約無しで多くの数を入手するのはかなりハードルが高いので、現実的には大きく稼ぐのは無理でしょうが。

定期購読のススメ

今回のように入手困難に陥るのを防ぐためには、定期購読を申し込みましょうというのが集英社の言いたいことのように思います。このようなカードを付録として出したのは、定期購読の申込みを増やすためだったとしか思えません。なにせ本誌をめくると、あまりにもデカデカと定期購読の申込みのお知らせが載せてあり、非常にわかりやすく目に付きます。

さすがに今回の争奪戦は尋常ならざる様相でしたので、このようなことはそうあることとは思いませんが、今回で間違いなく定期購読の申込みは増えるでしょう。