かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

西潟茉莉奈の年齢詐称疑惑を検証する

NGT48の西潟茉莉奈の年齢詐称疑惑がガールズちゃんねるで巻き起こり、騒動になっている。公称は1995年10月16日生まれの23歳だが、本当は30代ではないかと推測されている。この記事では、本当に彼女が年齢詐称しているのかどうかを検証していきたい。ちなみに私は31歳なので、当時の状況を体験してきた人でもあるから多少は参考になると思う。

※ 加筆修正しました(5/9追記)

西潟茉莉奈の年齢詐称疑惑

最初に話題になったのは次の画像だった。

法令線が深いとか皺が多いなどで、本当に23歳か?と疑われた。まあこれで終わってはただの名誉毀損に過ぎず、アンチの悪口ということで終わっただろう。しかしその後、過去のTwitterで使っていた携帯電話があまりに昔のものだったり、所持しているゲームが23歳のものとは思えない代物で、年齢詐称疑惑が再燃した。

携帯電話

まず疑われたのは携帯電話である。このうち一番右の携帯電話はエッジの「KX-AP201」である。この端末の発売日は2001年4月26日で当時、西潟茉莉奈5歳である。つまり幼稚園児か小学1年生に携帯を持たせていたということになる。

2001年の総務省による通信利用動向調査によると、6歳から12歳における携帯の所持率は5.9%であり、5歳となるとその所持率は1%にも満たないレベルだろう。

塾で帰りが遅くなるとかいう場合でなければ、小学生が携帯を持つ時代ではなかったことが明らかに分かる。なおお下がりという可能性はないわけではないが、当時携帯は新規0円で購入できる時代だったので、中古を使用することはまずなかった。

ゲーム機

次は彼女が所有していたとされるゲーム機である。「ポケットモンスター緑」は私が小学3年生の時に初めて自分で買ったゲームだった。発売日は1996年2月27日であり、もし発売日に購入していれば0歳である。しかしポケモンは最初よりも数年後の方がブームになっていた。それでも2歳や3歳でポケモンは早いと言えるだろう。

また「セーラームーン」と「セーラームーンR」のカセットも見える。前者は1992年12月18日発売、後者は1994年4月22日発売である。これはまだ生まれてすらいない。ただ発売日ではなくゲームボーイポケットのピンクを購入した後に買ったとは考えられる。ゲームボーイポケットのピンクは1997年7月11日発売で、西潟茉莉奈は当時1歳である。なお1998年10月21日にはゲームボーイカラーが発売され、ポケットを買う理由は特に見当たらなかったので、遅くとも2歳の時にはゲームボーイポケットを購入していることになる。

また彼女の世代からはセーラームーン世代でもない。強いて言えば「R」ではなく「S」か「セーラースターズ」世代だろう。むしろシールに貼ってあるように、おジャ魔女どれみ世代(初回放送:1999年2月7日)の可能性が高い。このおんぷちゃんのシールはジャンボカードダスかなんかの商品の一部だと思われるが、当時10歳とすれば1990-1992年生まれ程度ではないかという推測はできる。

なおこれに対して、兄が買ったものだと言い訳しているが、兄がセーラームーンのソフトを買ったり、ピンクのゲームボーイポケットを買うことはまずないだと思われる。

そのほかにも西潟茉莉奈家には、様々なゲーム機やスーパーファミコンのソフトが存在することが分かっている。スーパーファミコンセーラームーン1993年8月27日発売なので、彼女が生まれる前である。


反論

西潟茉莉奈は実際に23歳だという証拠もいくつか出ている。1つはTwitter西潟茉莉奈と同級生だったと自称するユーザーのプロフィールが1995年生まれであるということである。なお、これは騒動前のツイートであるので擁護するために作成されたアカウントではない。しかし、当然ながら本当に同級生だという証拠はなく、西潟茉莉奈が1995年生まれということを知って嘘をついたという可能性も考えられないことはない。

もう1つは、西潟茉莉奈が中3のときに撮ったとされるプリクラである。

これと同じ背景が西内まりやと土屋シオンのプリクラに使われている。西内まりやは1993年12月24日生まれの現在25歳であり、大きく西潟茉莉奈の公称年齢とズレていない。しかし西内まりや土屋シオンが付き合っていた時期が不明なためこれも決め手には欠けるか。

最後に西潟茉莉奈がインスタグラムにアップしたもので6歳の彼女がTIMの「命」をやっている動画である。TIMの命はボキャブラ天国などがブームの火付け役になった。TIMが出演していたのは1997年11月18日からである。その後、2002年ごろまでブームが続くが、もしこのときに6歳ならば、1991-96年生まれになる。

結論

少し怪しい。この他にも西潟茉莉奈の誕生日に「まりなちゃんは28歳だっけ?」とメンバーがリプライしたりといくつかの傍証もある。

あくまで個人的な印象だが、30超えはないだろうが、メンバーの言った通り25-28歳くらいなのかなという印象を様々なガジェットから私の経験では受けた。エッジの携帯は35歳くらいの雰囲気も受けるが、私は田舎出身なので東京はまた環境が違っていたとも思われるので、軽めに見積もっている。これで本当に23歳だったら、かなり子供の頃から大人びていたんだなと思う。

ちなみに年齢詐称は無理だという意見もあるが、過去に野呂佳代が年齢詐称してAKBに入っているので、それは反論にならない。年齢詐称を本当に疑っているわけではないが、卒業アルバムなどが開示されれば一発で分かるので、ぜひ見せてもらいたいものである。