かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

山口真帆、菅原りこ、長谷川玲奈がNGT48を卒業 卒業スピーチ全文

山口真帆と菅原りこ、長谷川玲奈が本日(4月21日)のNGT48チームG千秋楽公演で卒業を発表した。この記事では山口真帆、菅原りこ、長谷川玲奈の卒業スピーチ全文を掲載して、私の思うこと、これからのNGTについて書きたい。

山口真帆スピーチ全文

私、山口真帆はNGT48を卒業します。今日はちゃんと紙に書いてきたので、みなさんへ今までたまっていた想いを言いたいと思います。

私は、アイドルとしてこのグループが大好きでした。だからこそ、このグループに変わってほしかったし、自分がつらかったからこそ、大切な仲間たちに同じ思いをしてほしくないと、すべてを捨てる覚悟で取った行動でした。

事件のことを発信した際、社長には「不起訴になった。以降は事件じゃないってことだ」と言われ、そして今は会社を攻撃する加害者だとまで言われていますが、ただメンバーを守りたい、真面目に活動したい、健全なアイドル活動ができる場所であってほしかっただけで何をしても不問な、このグループにもうここには、私がアイドルができる居場所はなくなってしまいました。目をそらしてはいけない問題に対して、そらさないならやめろ、新生NGT48を始められないというのが、このグループの答えでした。

だけどこの環境を変えなければ、また同じことが繰り返されると思い、今日までずっと耐えて最善を尽くしましたが、私にできたことは、ほんのわずかなことでした。私には人の命より大切なものが何かわかりません。大切な仲間たちが安全にアイドルをできる毎日になってほしいと、心から願っています。そして、私がこうして世間に発信してからも、寄り添ってくれたのは玲奈と、りこと、もふでした。みんなの今後が決まったらこの発表をすると決めていました。

今の私にNGT48のためにできることは卒業しかありません。ファンのみなさまには本当に申し訳ないと思っています。たくさんの方が応援してくれて、私のもとには同じような被害に遭った方からもメッセージが寄せられ、私を見て勇気や元気が出たとおっしゃってくださる方もいました。ですが、結果的にこのような形になってしまったこと、その方たちの希望もなくしてしまったのではないかととても申し訳ない思いでいっぱいです。

正しいことをしてる人が報われない世の中でも、正しいことをしてる人が損をしてしまう世の中ではあってはいけないと私は思います。たくさんの方が私のために自分の時間を削って私のことを支えてくれました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。今後はみなさんご自身のために楽しいことに時間を使い、幸せになってほしいです。

以前のように歌って踊って毎週のように握手会があって、お互いに「またね」と言い合いたいのですが、5月5日と6日の握手会で最後の握手会になります。今までお休みをさせていただいた握手会もそこで振替をさせていただきます。そこで「またね」の続きができたらうれしいなと思います。

そこでは一緒に夢の話をしましょう。そして最終活動日はれなと、りこと一緒に5月18日の卒業公演になります。ケガで今日の公演に出られていなかったりことリハビリを頑張って、またステージで笑顔で、今度は夢に向かって歩いていく姿をみなさんに見せられることができたらうれしいです。

私がこれからできることは、今の苦しい姿ではなくて、笑顔で幸せな姿を見せて、みなさんに元気を与えることだと思います。みなさんが私を助けてくれたように、私も困っている人に手を差し伸べられる人でありたいなと思います。1人の人として、またみなさんに愛してもらえるように、頑張ります。

そして、今回のことで、私はNGT48にならなきゃよかったんじゃないかと思うこともありました。だけどやっぱりこうしてみんなでステージに立ってみんなで公演をして、ファンの方に声援をいただいて、メンバーのみんなやファンのみなさんと出会えたことが幸せです。NGT48になって良かったなと思います。メンバーのみんなにもファンのみなさんにも、これからの人生、まっすぐ生きてみんなには笑顔で笑っていってほしいなと思います。

残り1ヵ月もありませんが最後まで1人の人としても、NGT48としてみなさんに今度は笑顔でまたお会いできたらうれしいなと思っています。あと少しの間ですがどうぞよろしくお願いします。

菅原りこスピーチ全文

私、菅原りこもNGT48を卒業します。本当に今こうやってNGT48、ずっとずっと応援してくださったみなさんや、ずっと私のソロコンサートという夢に向かって、一歩一歩少しずつでも一緒に歩んでくださったチームさくらんぼのみなさま、本当にみなさま方のことを考えると、今こうして私が言っていることが、正しいことなのかとても不安や、すごい切ない気持ちでいっぱいです。

私はたくさんの方々に笑顔、勇気、そして強い心をいただいてきました。私の心の支えになってくれて本当にありがとうございます。私が辛いときも、みなさんから届いたファンの方々からのお手紙や、握手会などでの暖かいお言葉、そして一緒に頑張ろうって言ってくれた言葉。ずっとずっと忘れません。

でも、決して私はソロコンサートという夢を諦めたわけではありません。これからもこんな私を支えてくださって、応援してくださるみなさま方と一緒に、また一緒の夢を追いかけていけたらいいなと思います。

本当に私に笑顔や感謝の気持ちをたくさんくれてありがとうございました。なのに私はみなさま方に、笑顔や元気だけではなく、たくさんの苦しいことや辛い経験などもお送りしてしまいました。本当にごめんなさい。でも、次また、みなさま方を笑顔にできるのは私だと思っています。

絶対に次また皆さんとあったときには、全力の笑顔を私に見せていただけるようにこれからも上を向いて、一歩ずつでも少しずつでも、前に向かって進めるように頑張っていきたいと思います。今までのみなさま方からの支えは、ずっと私の宝物でもあります。ですので、みなさま方もどうか私のことを、大切にずっと思ってくださったらうれしいです。ありがとうございます。

長谷川玲奈スピーチ全文

私、長谷川玲奈はNGT48を卒業します。去年の総選挙のランクインから、アイカブの声優の仕事やこれからもっともっと頑張んなきゃいけないときに、急な発表になってしまいすみません。そして、この状況で皆さんに沢山の不安や悲しい気持ちにさせてしまい、本当に申し訳ありません。

私の最後の握手会は5月6日です。あと残りわずかの握手会ですが、たくさんお話ができたらいいなと思います。そして私の最終活動日は5月の18日です。卒業公演をやらせていただきます。本当はもっともっと頑張りたかったし、みなさんと一緒にもっとやりたかったんですけど、本当にすいません。

そして私は本当にチームGが大好きで、チームGになれてすごく幸せでした。残りわずかのアイドル活動ですが、私らしく全力で頑張っていきたいと思うので、残りわずかですが、これからも応援してもらえたらうれしいです。本当にありがとうございました。

山口真帆卒業に関して思うこと

AKS山口真帆さんのことを加害者と言っているというところなどは衝撃的だが、もうAKSには何の期待もしていないし、クソゴミ集団だということが分かっているので、これ以上言うことはない。そういうところにいても絶対救われないので、卒業して良かったとは思う。

ただ、私も山口真帆さんのちょっとでも助けになればと思って、今まで世間への拡散のつもりで、NGT48事件に関しての記事を書いてきたが、結局すべてが徒労に終わってしまったようで、やってきたことは全く無駄だったのかと、無力感を強く感じている。結局、権力には勝てないのかと。

山口真帆さんは、最初の告発から記者会見の最中におけるTwitterでの反論まで、個人でよくここまで大きな組織に立ち向かったと思う。だけどやっぱり最後は涙を流しての卒業じゃなくて、笑顔でNGT48に復帰して欲しかった。山口さんが願った繋がりメンバーの解雇も達成されず、完全なバッドエンドで終わってしまったのだろうか。悔しい

これからのNGTについて

山口真帆さんが卒業したことによって、世間のバッシングはさらに強くなるだろう。ただAKSはここを乗り越えれば、元に戻れると考えているかもしれない。確かに芸能人でなくなった山口真帆さんの発言力は低下してしまうし、公演も推しメンさえ良ければいいと考えているNGTのオタが参加するので、閑古鳥ということにはならないだろう。秋元康に忖度しているマスコミにも期待できない。

それでもこの事件は確実にAKBおよび秋元グループの歴史に禍根を残す。状況次第では、他のグループに騒動が派生していく可能性もある。文春報道では欅坂46にイジメ問題が存在しているという。AKSは、暴行事件に被害者を謝罪させて、加害者呼ばわりした上に卒業させた運営であることを忘れてはいけない。