かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

アニメ『さらざんまい』2話感想 - BLざんまい

春アニメ『さらざんまい』2話感想です。
前回のあらすじ

東京・浅草。中学二年生の矢逆一稀、久慈悠、陣内燕太の三人は、カッパ王国第一王位継承者を名乗る謎の生命体ケッピと遭遇し、「尻子玉」を抜かれてカッパにされてしまう。人間の姿に戻るため、三人がクリアしなければならないミッションとは―?

あらすじ

カパゾンビを倒した3人は希望の皿をケッピから手に入れる。それはどんな望みでも叶えられるという。しかしあっさりと燕太のくだらない願いを叶えて消えてしまう。

一稀には春河という弟がいた。一稀は彼のためにサラのふりをして彼とつながっていた。一稀は弟のために希望の皿を手に入れたいと思う。

しかし一稀は実際の春河にはつれない態度。春河がサラに扮した自らの自撮りを自慢してくるのに対して鼻息が荒くなる一稀だった。

悠にも兄がいた。悠も兄のために皿を手に入れたいと思う。燕太が取り返した箱の中にはヤバイ物があった。それは悠の箱だったのだ。悠は自室で新鮮な野菜を栽培していた。それはただの暗喩で実際は合法なものではなかった。そこに春河がかわいがっている猫であるにゃんたろーが現れ、新鮮な野菜を掠め取って逃げていく。それを追いかける最中で、自撮り用のラッキーアイテムの猫を探す女装した一稀に出会い、なし崩し的にカップルとして花やしきに入場する。

変死体事件の捜査本部。被害者であった男をそうしたのは警官の2人だった。彼らはそうやってカパゾンビを作り出す。

相変わらず猫を追いかけ続ける2人だったが、にゃんたろーは飛んでいく。猫が空を飛ぶ怪現象が起こり、それはやはりカパゾンビの仕業だった。一稀たち3人は仲違いしながらも目的のためにカパゾンビと戦う。犯人の男が猫の毛皮を集めていた理由を垣間見ると同時にやはりまた一稀の秘密が悠と燕太に知られる。一稀は春河のために飼い猫を盗んで地域猫としてかわいがっていたのであった。

警官の2人はカパゾンビを倒しているものの存在に気付くのだった。一稀は希望の皿を手に入れたが、それは銀の皿であり5枚集めないといけない代物だった。

ようやくにゃんたろーと共に自撮りを行った一稀は疲れ果てて、眠ってしまう。そこに燕太がやってきて眠る彼の唇を奪う。

百合の反対

以前の『ユリ熊嵐』がその名の通り、百合作品であったから今作はその逆でということなのだろうか。1話から腐女子に好まれそうな作品であると思っていましたが、2話ではあまりにも露骨にBL要素を出されてなんだか戸惑ってしまう。主人公格それぞれの矢印が向いている先がすべて男。第3の男である燕太は負い目のないキャラかと思ったら今回のラストではあの行動で驚かされました。まあ確かに1話から一稀への執着は異常でした。

敵は獺

2話では主人公たちと対立関係になるであろう警官2人のバンクも登場しましたが、これもまた濃厚な絡みで、なんだか胸焼けが。しかしながら歌唱力に定評のある宮野真守細谷佳正を起用している理由がよく分かる。警官の彼らは獺らしいですね。河童vs獺という構図。

一稀の春河への態度

裏ではいけないことに手を染めてまで弟に尽くす一稀ですが、なぜ表向きにはそっけない態度なのか気になります。素直に気持ちを表せないのは彼らの年頃らしいとは思いますが、それだけではないのではと考えています。