かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

アニメ『さらざんまい』1話感想 - 幾原邦彦は新作もわけがわからないよ

春アニメ『さらざんまい』1話感想です。
イントロダクション
舞台は浅草。
中学2年生の矢逆一稀、久慈悠、陣内燕太の3人はある日、謎のカッパ型生命体“ケッピ”に出会い、
無理やり尻子玉を奪われカッパに変身させられてしまう。

『元の姿に戻りたければ“ある方法”でつながり、ゾンビの尻子玉を持ってこい』
ケッピにそう告げられる3人。少年たちはつながりあい、ゾンビの尻子玉を奪うことができるのか?!
同じ頃、新星玲央と阿久津真武が勤務する交番でも
何かが起ころうとしていたー。
スタッフ
監督:幾原邦彦/ チーフディレクター:武内宣之/シリーズ構成:幾原邦彦・内海照子/ キャラクター原案:ミギー/キャラクターデザイン・総作画監督:石川佳代子/コンセプトデザイン:柴田勝紀/助監督:松嶌舞夢/ 美術監督:藤井綾香 スタジオPablo/色彩設計:辻田邦夫/撮影監督:荻原猛夫/編集:黒澤雅之/ 音楽:橋本由香利/原作:イクニラッパー/制作:MAPPA/ラパントラック
キャスト
矢逆一稀:村瀬 歩/久慈 悠:内山昂輝/陣内燕太:堀江 瞬/ ケッピ:諏訪部順一/新星玲央:宮野真守/ 阿久津真武:細谷佳正/春河::釘宮理恵/ 久慈 誓:津田健次郎/陣内音寧:伊瀬茉莉也/吾妻サラ:帝子/ゾンビ:加藤 諒

あらすじ

矢逆一稀は人生に3つのルールを持っていた。1つめはいつでもどこでも箱を持ち歩くこと。2つめはアイドル吾妻サラのラッキー自撮り占いを毎日欠かさずチェックすること。3つめは毎日あの娘とラッキー自撮りを交換すること。

久慈悠は車上荒らしを行おうとするが、自撮りをしようとしている吾妻サラの姿をした少女と遭遇する。吾妻サラのようなものは逃げていく。見てはいけないものを見られた彼はそれを追いかける。たどり着いた先には、一稀がいた。一稀があの女とつながりがあると思った悠は、一稀に襲いかかるが、そのはずみでカッパの像を破壊してしまう。すると、謎の現象が彼らを襲う。

学校に登校した一稀は転校生であった悠と再び出会う。2人にはなぜか鐘の音が聞こえるようになっていた。それに伴って奇行も行うようになる2人。放課後、呼ばれるようにあのカッパ像のもとに再び行くと、カッパ王国第一王位継承者を名乗る謎の生命体ケッピと遭遇する。彼に頼みを聞いてほしいと言われるが、悠はケッピのことをカエルと言ってしまう。それが彼の逆鱗に触れ、2人は尻子玉を抜かれてしまう。すると2人はその姿をカッパに変えるのだった。

ケッピにより、2人は欲望フィールドに連れてこられる。そこに一稀の友人である燕太も箱を追いかけてやってくるが、やはりケッピの姿を見てカエルと言ってしまい、彼も尻子玉を抜かれるのだった。そこに箱を集めるカパゾンビの手下である下ッパーズが現れる。ケッピはこれから3人にカパゾンビと戦ってもらうと言った。欲望の箱を取り戻すために、3人はカパゾンビの尻子玉を抜くことを決意する。

カパゾンビと戦い尻子玉を抜くことに成功した3人。尻子玉を抜かれたことにより、カパゾンビの元になっていた人間の秘密を知ることになった3人だった。そしてさらざんまいにより尻子玉をケッピに転送する。しかし、それは誰にも言えない秘密を知られることでもあるのだった。さらざんまいとは身も心もつながること。一稀は吾妻サラの女装をして自撮りをしていることを知られてしまう。

そして3人は人間に戻ることが出来たのだった。

感想

輪るピングドラム』や『少女革命ウテナ』で知られる幾原邦彦の新作がノイタミナで放送開始。まあ相変わらず普通に見ているだけでは理解するのは難しい。しかし映像として眺めるだけでも視聴するに足る満足感をもたらしてくれるアニメです。映像のクオリティは今期ナンバーワンと言って差し障りない。これまでの作品とは違い、少年の一糸まとわぬ姿だったり、執拗なまでの尻表現だったりでなんか男性視聴者にはきついなと感じる面もあったりしますが、笑えるつくりになっているので問題ないでしょう。

私はこの監督の作品は決して嫌いではありませんが、最後まで見たとしてもスッキリとした感覚が得られないのは如何ともし難い。解釈があまりにも視聴者に委ねられすぎている抽象的すぎるアニメなので、楽しめる人は限られるのではないでしょうか。感想も恐ろしく書きにくいと感じます。深く考察したい人にとっては素晴らしいアニメかもしれません。