かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

【文春】NGT48の繋がり自白メンバーは誰か?精査することでわかった新事実

週刊文春4月18日号が発売された。そこにはNGT48メンバーのタレコミとして、緊急学級会が行われたこと、そしてその内容が記載されている。まとめブログなどではもう既に記事になっていると思うが、文春の内容を箇条書きにしてまとめたものだったので、ニュアンスがよく分からなかった。よって実際に買ってきたので一部を引用しながら、内容を精査していきたいと思う。

内容の精査の前の疑問点

なぜ文春に垂れ込んだか?

内容を見る前に疑問点がある。この記事はNGT48の現役若手メンバーのタレコミがあったとされる。若手メンバーというからには研究生で、タレコミするということはNGT48運営に不満を持っているメンバーだろう。

しかしながら、週刊文春はこのNGT48の一連の騒動で、世間的には運営サイドの組織であるというレッテルが貼られており、その文春に情報を垂れ込むというのは不合理な気がしないでもない。私だったらNHK新潟か新潟日報、週刊誌でも週刊新潮にでも流すだろう。

とはいえ文春はAKB48関連のスクープを何度も行ってきて、もしかしたらメンバーとの関わりもあるかもしれず、その関係で身近にいた文春に情報を流したということも考えられるので、とりあえずこの情報は真実であると仮定する。実際にミーティングがあった4月5日はメンバーほとんどがSNSを更新しておらず、ミーティングがあったのは事実であると考えられる。

欠席したメンバーは誰か?

このミーティングの参加条件は「今後もやる気がある者」と運営からのお達しがあり山口ほかメンバー二名が不参加になったと報じられている。つまり、欠席したメンバーは今後はNGTとしてやる気がない者であるから、山口真帆に寄り添っている村雲颯香や長谷川玲奈、菅原りこのうち、2人である可能性が高い。

また参加した中に山口と連絡を取っているメンバーが1人いたと文春に書いてあるので人数も整合性が取れている。

繋がりを自白したメンバー5人は誰か?

週刊文春4月18日号には次のようにある。

『ならまず膿を出そう』という話になり、『事件には関係ないけど』と前置きをした上で、ファンと繋がっていたベテランメンバー(中略)五名が名乗り出た。

なおこの5人の他に「山口の帰宅時間を教えた研究生メンバーと既に処分されている元メンバーの名前も挙がった」らしい。帰宅時間を教えた研究生は第三者委員会の報告書で言うAである。また既に処分された元メンバーは、羽切瑠菜と考えられる。ただし羽切はこの場にはいなかったと考えられ本人が自白したわけではないため、真偽は分からない。

また、第三者委員会の報告書では12人と書かれていたのに7人(自白した5人と名前が出た2人)になっているのは、報告書の12人は聞き取り調査によって出た名前であって、自白したメンバーではないため矛盾はない。つまり、ほか5人が自白しておらず、ファンと繋がりがある可能性がある。

自白したメンバーに関しては次のように書かれている。

ネットで一番叩かれているメンバーは『本当に違うから』と否定していました。他に疑われている二名は『(SNSの)DMを返したことがある』と主張していた。中井りかさんは『人間不信だったときに支えてもらった』『恋愛関係ではない』と話していました。一番驚いたのは役職についているリーダー格のメンバーにもファンとの交流歴があったこと。

となっている。文春は中井りかになんの恨みがあるのか知らないが、再び中井りかだけ名前が実名で出されている。

その他のメンバーに関しては次のように推測できる。

最も叩かれているメンバーを西潟茉莉奈とし、リーダー格に荻野由佳を含めるのではないかと予想している人がいるが、西潟茉莉奈太野彩香はセットだと考えられるので、そこを切り離すのは個人的に違うのではないかと思う。

またリーダー格に関しては、本間日陽は今までの言動から繋がりがあったとは少し考えにくいので、加藤美南の方が可能性は高いと思う。他のリーダー格のメンバーは山口真帆であり、彼女はその場に参加していないので自白ができないので該当しない。

5人ではなく4人?

ここで疑問が沸く。文春は自白したメンバーが5人だと言っているのに、否定した1人を除けば、DM繋がり2名、中井りか、リーダー格と4人しかおらず計算が合わないのだ。これを解消するために2つの考え方が存在する。

リーダー格が2人の場合

自白したリーダー格のメンバーの人数は記載されていないので、2人の可能性がある。その場合は、加藤美南本間日陽になるだろう。

叩かれているメンバーは何を否定したか?

もう一つは叩かれているメンバーが「本当に違うから」と否定したと書かれているが、これは繋がりを否定したのか明記されていない。繋がりを否定したのであれば、ここで名前を出す必要がないように思うのだ。よってこれは、違うものを否定したのではないか

それは、文春の次の文章に表れている。

五人ともケロリと『恋愛ではない』と言っていたけどファンの名前は出さなかった。

つまり恋愛ではないと否定したとも解釈できるのだ。繋がりは存在するが、私的交際ではないという可能性は十分に考えられる。繋がりという曖昧な言葉になっているので、個々のメンバーがどのように解釈しているのかが分からない。

その他の繋がりメンバー

また文春には次のようにも書かれている。

表向きは「学業優先」という理由で卒業させられた過去のメンバーの悪事について、別のメンバーが蒸し返すという一幕も。

過去にNGT48を「学業優先」という理由で卒業したのは1人しかいない。高橋舞生である。いなぷぅも過去のTwitterで「舞生で舞う」とツイートしていた。

しかし彼女がもしファンと繋がっていて卒業させられたのならば、なぜ今回のファン繋がりは卒業させられないのか。そこに大きな疑問が残る。また、これは本人不在の状況でNGTのメンバーが口走ったことであり、真実かどうかは分からない。

まとめ

文春を精査してみると、いろんな可能性が表れてきた。文春は、過去の報道では二転三転していたが、たぶん今の時点で嘘はついていないと思う。ただ知っている情報を巧妙に隠しているのがうかがえる。文春にとっても防衛ラインが存在して、そこを守るギリギリの攻防をしているのだと思う。


週刊文春 2019年 4/18 号 [雑誌]