かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

NGT48から撤退(契約終了)したスポンサーまとめ、終了した番組まとめ

現在、騒動の渦中にあるNGT48であるが、そのNGTとスポンサーとの契約が終了、または契約更新を保留にされている事態が相次いでいる。さらにNGT48の冠番組も次々に終了し、NGT48は窮地に追い込まれている。

NGT48からのスポンサー撤退

NGT48のスポンサーまたは関連企業・団体は多岐にわたる。その一部を紹介すると、三井不動産新潟交通はNGT48を誘致した企業である。また新潟県新潟市も活動に協賛して、県や市のイベントでNGT48のメンバーを出演させたり、PR大使などの活動に携わらせたりしている。

最初にスポンサーの撤退が起こったのは、騒動直後の1月15日だった。水産加工品などを扱う一正蒲鉾が、「お客様のご意見を真摯に受けとめる」としてNGTのメンバーが出演するCMの放送中止を発表した。その後は、大きな動きはなく静観という状態が続いていたが、3月27日に新潟県がNGTが携わっている「国民文化祭にいがたスペシャルサポーター」の契約を保留することを発表した。これは第三者委員会の報告記者会見を受けてのことだと考えられる。

また、3月28日(今日)にはJR東日本が、NGT48との広告契約を終了。駅構内でNGTメンバーの映るポスターを撤去するほか、デジタルサイネージでの映像の掲示を4月1日から取りやめるという。JR東日本は、「もともと3月いっぱいで終了する契約でしたので、騒動を受けて終了ということではありません」と述べていたが、今井支社長が「世の中の動きに反してまで、起用する気はない。今後については、動きを注視して検討したい」と答弁している。

さらに同日にはイオンリテールもNGT48の4人を起用したCMの契約終了を決定した。これによりNGT48はテレビCMからも消滅する。

3月29日には、新潟市も新潟開港150周年記念事業のスペシャルクルーのイベントに使用しないことを決定。太野彩香が新潟移住を薦める動画『アヤカニたーん』も三月末をもって削除になる。また同日に加藤美南中村歩加がやっている新潟市南区PR大使も契約が保留となった。

NGT48の番組が次々に終了

同様にNGT48の番組も次々に終了している。TeNYテレビ新潟の『NGT48のにいがったフレンド!』は3月25日を以って終了。これも運営は騒動に関係ないとは言うが、ここまで世間的なイメージが悪いのに、ロケを敢行することは厳しかったと思うので、終了も時間の問題だっただろう。

また、同日にはBSN新潟放送NGT48のガチ?ガチ!カウントダウン』の当面休止を発表。正常な番組内容で放送ができるようになるまでという条件があるが、そうなる予定も未定であり、実質的に終了に近いのではないかと思われる。

さらにラジオ局FM新潟NGT48のみんな神対応!!ラジオあくしゅ会!!』も3月26日に休止を発表。公式ホームページのあまりのテンションの落差に申し訳ないが、笑ってしまった。

またケーブルテレビ局・株式会社ニューメディアの『ココだけNGT』という番組も正式に発表はされてないが、特設サイトが閉鎖され、雲行きが怪しくなっている。これを除くと現在、NGT48が持っている仕事は、FM PORTのラジオ番組『PORT DE NGT』だけであり、これがなくなると完全消滅する。

追記(3/30):『PORT DE NGT』も3月30日をもって終了となった。スポンサーである一正蒲鉾ミタカ新潟第一ホテルパチンコ玉三郎セントラルエンジニアリングが3月30日まで次々に撤退していったため、番組が継続できなくなったと考えられる。ラジオ局FM PORTは記者会見でNGT48運営側ともと受け取れる質問をしていただけに、終了は本意ではないかもしれない。

5ちゃんねる既婚女性板やガールズちゃんねるでは、NGT運営の対応に憤りを感じている人々が、テレビ局やラジオ局にクレームを入れているという話もあるが、実際のところクレームがあっても問題がなければ放送はされる。NGTに問題があるから放送されなくなっているということだろう。公演も中止しているので、NGT48のスケジュールはニート並みにスカスカになってしまった。

三者委員会報告会見の失望

スポンサーの撤退、そして番組の終了は第三者委員会報告会見後に頻発していることから、会見があまりに失望させるものだったのが大きな理由だろう。会見中に山口真帆からの反論ツイートがあり、しどろもどろになっている松村匠取締役の姿や、繋がりメンバーが不問となりNGT48の清浄化が見込めなくなったことで、決断したものだと想像している。時期がちょうど年度末だったのも大きいだろう。

スポンサーもないし、公演もない、CDも出せないとなるとNGT48が存続する意味はなくなる。噂ではNGTのメンバーが他店(SKEやNMBなど)へ移籍するのではないかという噂も出ているが、そうなると他のAKBグループにも悪影響が出る可能性もある。AKBのオールナイトニッポンの終了など、AKBグループ全体で番組終了の流れが進んでいるだけに、判断を間違うとAKB全体が沈みかねない。