かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

アニメ『BanG Dream! 2nd Season(バンドリ!2期)』13話感想 - 怒涛の新曲ラッシュ

冬アニメ『BanG Dream! 2nd Season(バンドリ!2期)』13話「キズナミュージック」感想です。

前回のあらすじ
いよいよ本格的に主催ライブの準備を進めていくPoppin'Party。
香澄の家で準備合宿を行い、期待で胸をいっぱいにする一同。
そんな中、有咲は香澄が曲を作っていたことを思い出す。

あらすじ

ついに主催ライブ「ぽぴぱパピポぱーてぃー」当日がやってくる。六花はオーナーから借りたカメラで当日の皆の様子を撮影する。
f:id:mochirixi:20190329002935j:plain
会場へと他のバンドたちが到着する前に主催者としての準備に勤しむPoppin'Partyたち。他のバンドのメンバーたちも続々と会場に到着する。楽屋で思い思いの時間を過ごす。ミッシェルの存在感が相変わらず凄まじい。

Poppin'Partyメンバーがそれぞれに頑張る姿を目の当たりにした他バンドの皆は演奏でそれに応えようという意識を強くする。一方、ギャラクシーの前にはたえからの招待を受けたレイヤの姿も合った。それにマスキングも合流する。オーナーの娘だし、自宅はすぐ隣。しかし、八百屋がオーナーとは。

準備が完了した出演する全員が円陣を組み、ポピパのいつも掛け声を皆で行う。
f:id:mochirixi:20190329003005j:plain
主催ライブが開始される。先陣を切るのはもちろんPoppin'Party。しかし、セトリとは違う曲から開始してしまい、六花はてんてこ舞いだった。二番手であるハロー、ハッピーワールド!もセトリを無視して新曲からスタートするのだった。三番手であるPastel*Palettesもこの流れを踏襲する。もちろん四番手であるAfterglowもこの流れに乗っかる。当然最後のPoppin'Partyへの直接の繋ぎを担うRoseliaもだった。
f:id:mochirixi:20190329003019j:plain
そして再び出番が回ってきたPoppin'Partyはここで香澄が作曲した新曲を披露するのだった。彼女たちのライブには様々な人達が訪れていた。そこにはあのチュチュの姿も。アンコールの声が鳴り止まない中、始まった最後の曲は「キズナミュージック」

感想

文句なく綺麗にまとまったいい最終回だった。全編ライブではありませんでしたが、主催ライブへの準備をするパートがしっかりと描かれていたのを個人的に評価したい。アイドルものとは違い、ライブ自体を自分たちの手で作り上げていっているという雰囲気を感じられたのがよかった。

ライブの内容は五者五様のものになっており、それぞれの個性が存分に活かされていました。全バンド新曲という贅沢さ。最後らしい力の入ったライブで満足できました。やはりこれはCGアニメでしか実現できないことだったと思います。

そしてRASのメンバーたちが最後に出てきてくれたのもいい締め。特にチュチュのかわいい姿が見られたので、ちょっとは救われたんじゃないでしょうか。2期はチュチュがPoppin'Partyを認め、彼女たちに宣戦布告をして終了という引きで幕を閉じました。RASへ六花が参加するという重要な流れがまだ描かれていないので、そこが3期の軸になると思います。しかしながら、3期は実質延期となってしまったみたいです。
f:id:mochirixi:20190329003256j:plain
初期の予定では、10月からスタートするはずだったようですが、2期終了後の告知では2020年1月開始となっていました。アニメ業界はけっこうボロボロみたいに思えますし、多少のスケジュールの乱れは日常茶飯事と受け止めるしかありませんね。

総括

1期とは比較するレベルではないほどに生まれ変わったバンドリを見せてくれました。手描きのアニメではなく、CGを使ったのは本当にいい判断。演奏シーンを仮に今のようなレベルで手描きで組み上げようと思ったら、どれほどの労力がかかるか計り知れません。CGで描かれたキャラクターであっても、手描きのものと遜色ない、またはそれを上回るようなかわいさもあり、CGアニメ自体の可能性みたいなものも感じさせてくれるアニメに仕上がっていたと思います。