かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

つながりメンバー12人の中に山口真帆の名前があるという報道は真実か?

NGT事件の第三者委員会の報告書には次のように記載されていた。

メンバーからの事情聴取の結果、確たる証拠はないものの、ファンから聞いた、あるいは、メンバー内の噂として聞いたとして、36名のメンバーから、他のメンバーとファンとの「つながり」に関する供述があった。その際、12名のメンバーの名前が具体的に挙がった。

東スポが、この12名のメンバーの中に山口真帆の名前があると報道したのだ。

関係者はこう打ち明ける。「第三者委員会の調査で、ファンとの"つながり"を指摘された12人の具体的なメンバーの名前が挙がった。実はその中に山口本人の名前もあるんです。確たる証拠がある話ではないだけに、名前の挙がったメンバーを全員処分しようとするならば、公平性を保つために被害者である山口を調査せざるを得なくなってしまう。しかし、当然ながらそんなことはできない。それが今回はメンバーを"不問"と判断した要因にもなっている」

この12人は、メンバーを事情聴取した結果、挙がってきた名前だが、勘違いや山口のことを快く思ってないメンバーがうそを言っている可能性もないとは言い切れない。

この報道が真実であっても虚偽であっても大きな問題が発生する。この記事では、この報道の信憑性を検証する。

どこからこの情報が出てきたか?

まず、大きな問題として「山口真帆が12人のメンバーの中にいる」という情報がどこから出現したのかを考える。考えられるルートは次の3つである。

  1. 関係者が真実を東スポに暴露した
  2. 運営が虚偽を東スポに暴露した
  3. 東スポが妄想で記事を書いた

順番に見ていこうと思う。

関係者が真実を東スポに暴露した可能性

関係者というのは次の3つのパターンが考えられる。

関係者が第三者委員会の場合

まずは関係者が第三者委員会の場合だ。しかしこの場合は、非常に大きな問題となる。第三者委員会は調査結果をやみくもに外部に漏らしてはいけない。報告書にも次のように書かれている。

当然のことながら、現時点のみならず、今後も、回答が記載された書面及び記名、無記名の者が特定できる資料は、AKSを含め本委員会以外には一切開示しない。

三者委員会は本職の弁護士チームであり、流石にこれを破ることは考えにくいし、破ると大きな問題になる。また三者委員会が東スポに暴露する必要性は皆無なので、この可能性はない。

関係者がNGT運営の場合

関係者がNGT運営の場合は、情報を漏らすメリットが運営にはある。それは山口真帆を同じ穴の狢に仕立て上げて、12人の処分を回避するためだ。しかしながら、これも同様に三者委員会からAKSに個人名の漏洩が行われなければならない。つまり、この場合も第三者委員会の報告書における虚偽の記載となって、公平性が疑われる。これは関係者がNGT運営に限らず、他の誰かであっても成り立つ。

三者委員会の窓口がAKSとなっていたことから、公平性・中立性に疑問があるのは元より承知だが、さすがに報告書に嘘を書くことはないと思いたい。

関係者がNGTメンバーの場合

最後はNGTメンバーが東スポに垂れ込んだ、もしくは東スポがNGTメンバーに取材した場合である。この可能性であれば守秘義務にも抵触しないし、運営にも落ち度はない。ただし、この場合ではリークしたメンバーが山口真帆のことを良く思っていないことが明らかなので、ネットで追及されているメンバーの誰かが、撹乱のためにやったということになる。

ただ、山口真帆を良く思っていないメンバーがリークした可能性以外に、NGTメンバーがリークする意義があるものが存在する。それはリークしたのが山口真帆本人の場合で、このときは「山口真帆の名前がある」というのは嘘になるが、情報の漏洩が疑われるという理由で、第三者委員会を公の場に引っ張り出すことができる。彼女は策士だが、ここまで考えているならば恐ろしい。

運営が虚偽を東スポに暴露した可能性

運営が虚偽を東スポにリークした場合は、完全に山口真帆を貶めるためにやっていることになる。運営は名誉毀損に問われ、AKS全体が崩壊するであろう。まあ東スポの記事は信用ならないので名誉毀損に問われないかもしれないが…(ロス疑惑東京スポーツ名誉毀損事件)。

東スポが妄想で記事を書いた可能性

「日付以外は全部嘘」と揶揄される東スポであるが、意外と事件を当てていることがある。最近ではピエール瀧が逮捕された事件も東スポはスクープしていた。意外とやるときゃやるのが東スポなのだ。

しかしNGT48事件に関しては、取材しているとは到底思えない。以前NGT48女性マネージャーガムテープ事件というネット上の半分妄想とも言うべきネタを東スポは大々的に取り上げ、記事を撤回した。ネットからネタを集めている可能性すらあり、これを信じろというのも難しい。

12人の中に山口真帆の名前があるのは真実か?

情報源を考えると、

  1. NGTメンバーのリーク
  2. 東スポの妄想

の2つの可能性が高い。NGTメンバーのリークだとすると、リークしたのは黒メンバーである可能性が高く、よって山口真帆を貶めるための虚偽の可能性が高い。東スポの妄想に関しては言わずもがなだ。

したがって、この情報は信用するに値しない情報だと言えるだろう。ただ第三者委員会が完全にAKSの仲間ではないと否定はできない。そのためにも第三者委員会が、公の場で会見するべきだと私は思う。