かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

会見中という最高のタイミングで山口真帆さんが反撃ツイート!個人で組織に立ち向かう

NGT48の事件の第三者委員会の報告書が提出され、それを受けてAKSは同社取締役で運営責任者の松村匠、劇場支配人の早川麻依子、劇場副支配人の岡田剛が出席のもと記者会見が行われた。ちなみに岡田副支配人は完全に置物と化していた。そして、その記者会見中に山口真帆Twitterを更新。運営の嘘を暴露するという泥沼展開となり、会見場所も炎上の様相を呈した。

山口真帆の反論ツイート

1月10日に山口真帆は劇場で、SHOWROOMおよびTwitterで暴行事件があったこと、そしてAKSがそれを隠蔽したことを告発した責任を取って謝罪させられたが、それが松村匠取締役が命令したものであったと、記者会見中にツイートした。

もちろん会見中は、記者も山口真帆のツイートを確認し、山口真帆に質問している。松村支配人は「(劇場での謝罪は)要求しておりません」と否定したが、傍目から見てもしどろもどろという感じで、かなり狼狽している様子だと感じた。

さらに会見中には、報告書で記載されている「つながり」というのはどういうものかに対しては、ファンと挨拶をするのも繋がりであるという意味不明な妄言を発した上に、さらに挨拶以上の行為が具体的にあったら教えてほしいという質問には、答えに窮していた。

その点を山口真帆も問題視しており、「報告書に記載もないのに繋がりには挨拶も含まれるというのは勝手な解釈」という発言になったと思われる。山口さんはさらに「他のファンには公表できないような、特定のファンとの私的交流を繋がりと言う」と公言しているから、ここに書くと規約違反になるような行為がNGT48の内部には存在したと考えられるだろう。

山口真帆は策士

今回の会見で、AKS自体の会見内容は特に見る価値もなく、記者も割と手緩い質問ばっかりだったが、山口さんのツイートは強烈なインパクトを残した。上手いのはそのタイミングで、会見という口裏合わせができない瞬間を狙ってツイートすることで、運営サイドの焦りを引き出し、さらにNGT48に最も注目が集まっている瞬間であるから、拡散速度も驚異的になる。

各社メディアは記者会見の内容よりも山口真帆は反論したというところだけを報じ、多分明日以降のワイドショーでもこの流れが取り上げられ、NGT48運営の杜撰さが追及されるであろうと思う。AKSはワイドショーの少ない土日の前の金曜午後を会見日時に選び、さらに前々から予想されていたイチローの引退にもぶつけて風化を図ったが、それを上回る戦略を見せたのが山口真帆だった。

正直言って、最初はAKSの組織は大きいから、山口真帆さんが卒業させられてなかったことにさせられるんだろうと思っていた。しかし現状、個人で組織に立ち向かい主導権を握っている。これくらい策を練れば、個人でも改革は起こせるのだと実感した。山口真帆さんにブレーンがついているのかどうか定かではないが、相当やり手だと思う。安穏としたAKSが敵うわけもない。かっこいい。憧れる。

もう12人のつながりメンバーを解雇するまで、事件は終わらないだろう。このブログも山口真帆さんが完全に納得するまで更新したい。事件の拡散の少しの力添えにでもなれば嬉しい。