かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

アニメ『盾の勇者の成り上がり』11話感想 - 真の波の戦いとは

冬アニメ『盾の勇者の成り上がり』11話「災厄、再び」感想です。

前回のあらすじ
メルティを拒絶した尚文は、粛々と次の「波」に備える。協力したいという少年兵を条件付きで受け入れ、加えてレベルアップしたラフタリアをクラスアップさせようとするが……そこに王の嫌がらせが待ち受けていた。

あらすじ・感想

f:id:mochirixi:20190321021013j:plain
辺境の村に転移された尚文たち。志願兵たちの活躍もあり、辺境の村を守ることは出来ていたが、一向に波が収まらずこのままではジリ貧であった。尚文は敵の大将を叩き、波自体を鎮めるべく、他の勇者たちが敵と対峙する幽霊船へと赴く。

そこでは他の勇者たちが連携の概念もなく、バラバラに戦っており、全く埒が明かなかった。見かねた尚文は加勢する。盾の勇者一行の活躍により、敵の本体を見つけ出すことに成功し、敵を徐々に追い詰めることに成功するが、村を守る者たちの疲弊も深刻であった。

そこで尚文は憤怒の盾を使うことを決める。以前取り込んだドラゴンゾンビの核から発せられる激しい憎しみに囚われてしまう尚文だったが、それを救ってくれたのはやはりラフタリアであった。
f:id:mochirixi:20190321021025j:plain
正気を取り戻した尚文は盾の能力を駆使し、ソウルイーターを討ち取る。安心したのも束の間、勇者たちに謎の女が襲いかかるのだった。彼女は「真の波の戦いを始めよう」と言った。
f:id:mochirixi:20190321021038j:plain
今回は波の戦い。わかりやすくレイドボス戦というイメージ。以前とは違い、尚文が他の勇者たちと共にボスに立ち向かいました。なろう系らしいと言ってしまえばそれまでなのですが、盾の勇者以外は結局無能だったという。尚文がソウルイーターを倒す姿を見て、チートだとかのたまう姿は完全によくあるモブの立ち位置でした。特に剣の勇者はまだゲーム気分が抜けないのかと…前回反省したんじゃなかったのか。もうすぐ1クール目も終了ですが、他の勇者たちにも活躍する展開があればなあと思います。今の盾の勇者パーティーだけ活躍する形はテンプレレベルを脱しないので微妙。