かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

【転スラ】アニメ『転生したらスライムだった件』24話(外伝)感想 - シズとディアブロの物語

秋アニメ『転生したらスライムだった件』24話(外伝)「黒と仮面」感想です。

前回のあらすじ
リムルたちはついに精霊の棲家の最深部へとたどり着いた。そこにある光の台座で精霊を呼び出すのだ。果たしてうまく精霊を呼び出せるのか。不安の中最初に挑戦したのはゲイル。続いてアリス、ケンヤ、リョウタも台座に登る。そして、最後に挑戦したのはクロエ。クロエのもとに現れたのは、精霊ではなく、それと同様の精神体だった。膨大なエネルギーを持つ精神体の正体とは。ラミリスはそこに何かを感じたようだったが……。

あらすじ・感想

これはリムルとシズが出会うよりずっとの前の出来事。冒険者たちは復讐のため、1人の悪魔を呼び出す。それと引き換えに冒険者たちは事切れるのだった。
f:id:mochirixi:20190319011638j:plain
フィルトウッド王国には多くの冒険者たちが集められていた。そこにはシズの姿もあった。冒険者たちが集められた理由は復活した悪魔の討伐。シズが案内された大広間には各地から集まった冒険者が集う。大臣から依頼の詳しい内容が聞かされると、あまりにも危険な依頼であると1人の冒険者が立ち去ろうとするが、それを兵士たちが阻む。かつて英雄によって封印された悪魔の遺体は地下に安置されているという。悪魔の狙いはその遺体を取り戻し、復活を果たすことであった。

立ち去ろうとした冒険者は兵士に斬りかかられる。その体からはレッサーデーモンが浮かび上がるが、兵士たちがそれを倒す。しかし、これは冒険者たちを疑心暗鬼に陥らせるための罠であった。それを大臣に対し、指摘する1人のフードを被った男がいた。兵士たちの自作自演を見破った男は、この場にいる皆を始末し、悪魔をあぶり出そうとしていたが、それを許容するシズではなかった。
f:id:mochirixi:20190319011625j:plain
戦いが始まる。黒と名乗った男の実力はシズすら圧倒する。しかしシズの仮面の力により、なんとか窮地は脱し、黒はこの場を去るのだった。

その後、戦いを終えたシズは地下へと案内される。そこには国王と大臣が待っていた。そして、ここまで案内してきた男が、自らを王と名乗った。彼はオルトス。それは英雄の名だったが、本当は英雄に悪魔が取り憑いていたのだった。つまりこの国自体が悪魔に支配されているのだった。
f:id:mochirixi:20190319011807j:plain
オルトスはシズに襲いかかる。シズは先程の戦いで疲弊しており、アークデーモンの階級へと至っていたオルトスは彼女を追い詰める。イフリートの力を開放させようとするシズだったが、そこに黒が現れる。彼はこの国に巣食う悪魔たちをすべて始末していた。大臣と国王も彼の手にかかる。アークデーモンですら彼の相手にならなかった。オルトスは死の間際、黒が原初の存在であると気付く。

そして、この国を救ったのは表向きはシズであるということになり、黒も彼女によって倒されたということになったのだった。

正式に2期が制作されることが決定した『転スラ』ですが、今回は番外編という形の2期への導入にもあたるような話でした。前回登場した黒が後にリムルにディアブロという名をもらうことをネタバレしちゃってましたね。23話はストーリー上の最終回に該当する回ではありましたが、なんというか消化不良で、あまり満足できる話ではなかったのですが、今回はその鬱憤を晴らすようなクオリティ。番外編らしく、本編とは異なり、全体の雰囲気もかなりダークな仕上がり。本編を重い空気にさせないリムル様の存在の大きさを改めて感じる話でもありました。

2期の内容は今回の番外編の雰囲気に近くなるのかもしれません。まだ制作が発表されたばかりで放送までは長らく待たされますが、『転スラ』関連作品では飛び抜けて出来がいいと個人的には思う漫画版でも読みながら待ちましょうか。