かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

【ぱすメモ】アニメ『ぱすてるメモリーズ』10話感想 - 細かいことはいいんだよ!少年漫画全部入り編

アニメ『ぱすてるメモリーズ』第10話「さよなら、ねじウサ……」感想です。

前回あらすじ
薫子の積みゲー攻略の日々が続き、遂に完全攻略にたどり着くもゲームがウイルスに感染し作品世界へ向かう。ゲーム世界で薫子は摩耶の乙女心を攻略すべく、あの手この手を尽くし徐々に摩耶を攻略していくのだが・・・。

第10話あらすじ・感想


© FURYU/「ぱすてるメモリーズ」製作委員会

亜矢香は番長漫画『魂闘士闘也』の大ファンだった。読み込みが足りない渚央に『魂闘士闘也』の素晴らしさを懇々と語る。最初の渚央の修行のシーンは『リングにかけろ』のワンシーン。『リングにかけろ』の作者は車田正美。『魂闘士闘也』の中身は、『聖闘士星矢』や『幽☆遊☆白書』やらいろんな漫画のキメラ。

『闘也』の作品世界が「ウイルス」に襲われる。亜矢香と渚央、美智は作品世界へと旅立つ。着くといきなり闘也が窓から飛び出して真っ白になり燃え尽きる。あしたのジョーかこれ。そして木刀を亜矢香へ授け、亜矢香は学園の番長を次々と対峙していく。木刀は車田正美の『風魔の小次郎』のパロディ。


© FURYU/「ぱすてるメモリーズ」製作委員会

最初に現れたのは氷使いの涼河。元ネタは『聖闘士星矢キグナス氷河。涼河はシャイニングブリザードを繰り出すがあり美智のマッハでこぴんで一撃。たぶん刃牙のマッハ突きのパロディ。次に現れたのは植物使いのジュン。元ネタは幽遊白書の蔵馬。美智は次元チェーンソーを使い、亜矢香を先へ進ませる。幽遊白書の次元刀が元ネタ。途中は北斗の拳


© FURYU/「ぱすてるメモリーズ」製作委員会

亜矢香の前に現れたのは炎使いの龍輝。ツンデレ受けとかやめろ。これにはねじウサが囮になる。ねじねじドリルは天元突破グレンラガンか?渚央の前に現れたのは拳法使いの緋龍。凰牙風雷拳?は廬山昇龍覇?渚央はメモリアルチェンジ。デンプシーロールは『はじめの一歩』の幕之内一歩の必殺技。デンプシーロールを体で止めてリバーブローガゼルパンチは真田戦のコピー。そのままデンプシーローリングハリケーン。元ネタはリングにかけろスペシャローリングサンダー。扇風機の特訓が伏線。


© FURYU/「ぱすてるメモリーズ」製作委員会

亜矢香はアキナの元へたどり着いた。聖闘士星矢のアテナ沙織。そこにいたのは摩耶だった。マザーウイルスが暴走。なんだかんだで生き残っていたフロア番長たちも集まり、亜矢香に力を与える。作品世界は救われた。

めちゃくちゃすぎる。あらすじ書くの疲れたから感想はなし。声優は闘也が田村睦心、涼河は三瓶由布子、淳は折笠愛、勇輝は高乃麗、緋龍は斎賀みつき、アキナは今井麻美でした。