画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

羽切瑠菜(はぎりるな)の活動辞退の理由はNGT事件と無関係なのか検証する

活動自粛させられていたNGT48研究生の羽切瑠菜が正式に活動辞退を発表した。

この度、活動を自粛しておりました2期研究生の羽切瑠菜からの活動辞退の申し入れがあり、受理しましたことをご報告させて頂きます。
(中略)
もっとアイドルとして、たくさんのことを経験したり感じたりしたかったという想いもありますが、これから先の自分の将来を考え、別の道を歩む決断をしました。これからは、新しいことに挑戦したり、たくさんの経験をしたりして、大切なものを大切にできる大人になりたいと思います。
引用:公式サイト

しかしながら、活動辞退の理由は明らかになっていない。私は過去の記事で活動自粛したのはアルバイトのせいではないかと書いた。しかしその後、NGT48事件が山口真帆の告発で明らかになり、羽切瑠菜の活動自粛も事件と関連して語られるようになった。とはいえ、羽切瑠菜が本当にNGT48事件に関与しているのかどうかは不明なままだ。この記事では、運営の発表、週刊文春の記事、そして山口真帆の告発を総合的に検証することによって、羽切瑠菜が事件と関係があったのかなかったのかを検証する。

羽切瑠菜が関与したとされる理由

週刊文春の記事は、一部に不正確な情報が含まれているために全てを信用することは当然できない。まず、今村悦朗がメンバーに送信したとされるLINEの内容を検証する。

週刊文春デジタルが1月23日に放送した今村悦朗のLINEの一部を引用する。

それから警察に呼ばれ、聞き取り調査を受けたメンバーに関してですが、犯人たちの口頭や携帯電話を調べた結果、E子(文春側が伏字にしている)しか証拠が出てこなかったという報告でしたので、そのメンバー達も処分対象としない事とします。
引用:週刊文春デジタル2019年1月23日

聞き取り調査を受けたメンバーというのは、太野彩香西潟茉莉奈だというのは自身のTwitterで発言している通りである。そのメンバー達は聞き取り調査を受けたメンバーを指しているから、この内容を素直に読むと、

太野彩香西潟茉莉奈は警察に呼ばれたけど、証拠が出てこなかったので処分しない

となる。一方で、E子は証拠が出たと書かれている。証拠が出たなら処分対象になるはずだが、処分内容に関しては何も書かれていないから、E子は既に処分済みだと解釈できる。

NGT48でこのLINEが送信された時点で既に処分済みだったのは羽切瑠菜ひとりであるから、自動的にE子は羽切瑠菜ということになる。

では何に関与したのかといえば、運営の発表で、犯行グループに帰宅時間を教えたメンバーがいたということは認めている。

そのほかに、実行犯ではありませんが、この事件に関与していたファンの男1名も運営側で確認されました。また、メンバーの関連性においては、メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまったことを確認しました。
引用:公式サイト

今村悦朗のLINEと運営の公式発表を総合すれば、羽切瑠菜が山口真帆の帰宅時間を教えたため処分されたと考えられる。

ただしこれには問題がある。まず文春は帰宅時間を教えたのはD子だと言っているのだ。


引用:週刊文春1月24日号

D子は帰宅時間を教えたのに処分されていない。これは明らかに不可解である。では、E子はなぜ処分されるのか。それはE子たちと密会するために、犯人たちはNGT寮の一部屋を借りたためだと文春はしている。それは、山口真帆の向かいの部屋だという。

(Z軍団の)密会場所となっていたのが今回のマンション。一年半前、彼らはNGTの寮でもあるこのマンションの一室を借りたのだ。それが山口の向かいの部屋だった。しかも、そこは太野が一年半前まで寮として住んでいた部屋だったのだ。
引用:週刊文春2019年1月24日号

週刊文春だけでなく女性セブンも同様の内容を報じている。

2人は昨年4月頃から、山口らNGT48メンバーの住まいを特定し、同じマンションに住み始めたそうです。
引用:女性セブン2019年1月31日号

新潟日報の取材ではAKS幹部が、向かいの部屋を犯行グループが借りたことを認めている。

山口さんの向かいの部屋を加害者の男が借りていたことを明らかにし、防犯体制の甘さを認めた。
引用:新潟日報2019年1月23日号

また山口真帆の告発にもそれを示唆する内容がある。

普段から警戒心が強く、家に入るとき、部屋に入るときも最新の注意を払って行動していました。
引用:山口真帆Twitter

違う男が向かいの部屋から出てきました。その部屋は違うメンバーが住んでいた部屋でした。
引用:山口真帆Twitter

マンションなら、「部屋に入るときに注意を払って行動する」のは同フロアにメンバーでないの人がいるとも考えられるだろう。「違うメンバーが住んでいた」と過去形になっているのは、いまは住んでいないとも取れる。これは犯行グループが住居侵入罪に問われていない理由とも整合する。しかしながら、向かいの部屋に犯人が住んでいるのであれば、なぜ山口真帆の帰宅時間をメンバーに聞く必要があるのだろうか。

そして今村悦朗LINEには、ファンとの繋がりは不問に処すという内容も書かれている。

今村に申告してきたメンバーの過去のファンとの繋がり方の回数や内容を、AKS本社に報告し検討してもらった結果として、今回その数名メンバーは「厳重注意」処分、という判断になりました。
引用:週刊文春デジタル2019年1月23日

つまり単なる繋がり以上のものがあったのだから、文春と運営のシナリオはE子が処分されたのは犯行グループを寮内に手引きしたためとなる。E子は誰か明かしていないが、処分されたメンバーが今まで1人しか存在しないので、羽切瑠菜に確定される。

つまり文春と運営の発言を擦り合わせると

  • 羽切瑠菜は山口真帆の帰宅時間を教えて処分
  • 羽切瑠菜は犯行グループを寮内に手引きして処分

という2つが同時に導き出され矛盾が生じる。つまり運営と文春の報道はめちゃくちゃなのだ。

羽切瑠菜が関与してないとされる理由

山口真帆の告発には次のようにある。

今村さんは警察からメンバーのことも全部聞いてるのに、処分するって言ったのに、今は私のことを被害妄想と言って片付けようとしている。
引用:山口真帆Twitter

これは何も処分されていないことを示唆していると考えられるので、活動自粛させられている羽切瑠菜の存在と矛盾する。さらにshowroom配信では

結局この1ヶ月待ったのに、何も対処してくれなくて。(中略)悪いことしてるやつらだって解雇するって言ったくせに何も対処してくれてなくて。(中略)ずっとずっと言いたかったけど、全部対処してくれるって言ったから、この1ヶ月怖かったけどずっと待ってた。だけど結果何もしてくれなくて、悪いことしてた人たちもぜんぶそのままで。
引用:山口真帆showroom

何も対処されない、悪い人たちも全部そのままと語っていることから、やはり処分はされていないものと考えられる。

ただし解釈次第では、解雇されるべきなのに解雇されていないから何も対処されていないのと同義とも取ることができる。羽切瑠菜は、あくまで自粛であるので解雇はされていない。これを処分をされていないと見なした(盛った)可能性はないわけではない。

また襲撃事件の後に研究生公演に羽切瑠菜が出演しているから無関係という意見もあるが、これは研究生公演に泥を塗らないための措置であるとも考えられ、実際にその2日後に、羽切瑠菜は実質的な謹慎処分を受けている。

さらに第三者委員会の審査中に解雇するわけがないという意見もあるが、これはあくまで本人からの活動辞退という体でやっていて、処分ではないという言い訳は成り立つ。そもそも第三者委員会も、著名な弁護士に問題が指摘されているので、公正中立とは言えない。

まとめ

擦り合わせを行うと週刊文春と運営の発言は論理的に破綻していて、山口真帆の証言の方が信憑性が高い。つまり羽切瑠菜は事件に関与していない可能性が高い

ただし、羽切瑠菜の処分のタイミングが、NGT襲撃事件に完全に一致しているし、もし全く関係ないのであれば、関係ないと言っているツイートを山口真帆がいいねしたり、リツイートしてもおかしくない。実際はどうなのかわからないが、羽切瑠菜は事件に何らかの関与があると見做されても仕方ないのではないか。

もし全く関係がないのであれば、彼女の名誉のためにも運営は無関係だと言うべきだろうし、山口真帆は彼女が無関係であると主張するようなアクションを起こしてほしい。