かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

『ケムリクサ』9話感想 - りょうとりょくが登場

『ケムリクサ』9話感想です。

前回あらすじ
赤い枝の周りは敵が多いので、枝を避けて先を進むりん達。そこにシロがやってきて、精巧な八島の地図をわかばに見せるのだった。案内されたのは多数のシロ達の隠れ家だった。シロ達は九島から来たが戻れなくなったという。シロはりん達に協力して、赤い根を切断。赤霧に触れたシロ達はアカムシになる前に自身の機能を停止させるのだった。

第9話あらすじ・感想

九島へと突入したりん達。あみだくじのような細い足場の先に巨大な山が現れた。富士山か?山の途中に再び青い壁が現れる。いつものように、わかばをそれを開けようとするが、壁の中にいた巨大なアカムシから襲われてしまう。富士山から根が出ているということは、富士山が赤霧の発生源か?そうなら、想像されるのは富士山の破局噴火だな。地震は噴火の余震。


©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

アカムシは壁の中を自由に動き回り、また壁を防御にも使用していた。りん達は壁を突破する作戦を練るため一歩後退して、身体を休めることに。その夜、わかばは壁を壊すヒントがないかとふらっと壁に近づく。すると現れたのは、髪の毛が赤色の少女だった。前回りくに出会ったときも夜の話だった。昼は此岸の世界で夜は彼岸の世界のような印象すら受ける。


©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

女の子はりょうと名乗った。りょうは嗅覚に優れ戦闘狂のような人物だった。りょうは一回命を落としたはずだったが、葉に保存されていたらしい。記憶の葉?壁を何とかするヒントを聞こうと、りょうはりょくと意思疎通をし、りょうがりょくに変化した。だいだいさんはりょうの日記だった。これも予想通り。

知的好奇心が旺盛なわかばはりょうと意気投合する。りょうはこの世界の仕組みを知るために、わかばにりんの記憶の葉を開いてみろというが、りんが怒るのでそれはできなかった。りょうは赤い枝もケムリクサの要領で、操作できるのではと提案し、さらに壁を壊すにはみどりちゃんを使うべきではと持ちかける。


©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

みどりちゃんを使うことをりつに相談するわかば。りんは怒るが、りつは承諾。みどりちゃんの枝を折って誘き出したアカムシの主に投げつけた。アカムシの主は消滅した。

りょうとりょくが登場。声優は、りょうが『アイカツ!』一ノ瀬かえで役の三村ゆうな、りょくは『魔法少女特殊戦あすか』夢源くるみ役の関根明良だった。関根さんの声が好き。そしてりょうとりょくが二重人格みたいになってたのが意外というかびっくりした。りくも同一人格になっていると思われ、記憶の葉に保存されているという言葉から、りんの持ってる記憶の葉の中にストレージされているというイメージだろうか。もしそうなら、りくも入っているはず。りんが寝ているときだけ出現できるし、りん達の動向が分かっていたのも、そのためだろう。