画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

【けもフレ2】『けものフレンズ2』8話感想 - ペパプの全力ヌルヌルCGダンス

冬アニメ『けものフレンズ2』8話「しんきょくらいぶ」感想です。

前回のあらすじ
スケッチブックに描かれた絵が何なのかわからないキュルル。それを確かめるために、近くにいたフレンズに尋ねてみるが、なにやらすごく急いでいる様子。理由を聞くと、あるフレンズからかけっこをしようとしつこく迫られているらしい。キュルル達は、次の場所への情報を聞き出すために、かけっこに参加することにしたが……!?

あらすじ・感想

博士たちが話していたマーゲイと出会ったキュルルたち。彼女はペパプライブのオープニングアクトで行う演劇の出演者を探しているということで、なぜかキュルルたちもなし崩し的にその出演者を決めるオーディションに参加することに

始まった公開オーディションだったが、参加者はタヌキ、パフィン、トキのみだった。全員いまいちであり、しかも彼女たちはじゃぱりまん欲しさに参加しただけであった。
f:id:mochirixi:20190305031531j:plain
オーディションは一時中断となり、ペパプたちもライブへの不安を抱えているとマーゲイに話すのだった。キュルルたちは博士のことをマーゲイに話し、おうちのことを彼女に尋ねる。マーゲイにペパプファンにおうちのことを訊いてもらうことになり、その代わりキュルルたちがお芝居に出ることに。

稽古が始まる。しかしうまくいかず、ペパプたちはお芝居をやめようと言い出す。落ち込むマーゲイに声を掛けるキュルルたち。やる気を取り戻したマーゲイ。

ヒトを探すオオセンザンコウとオオアルマジロがペパプの楽屋に乗り込んでくる。こいつらろくなもんじゃないな。

キュルルはやっぱりオープニングアクトをやろうと言い出す。演劇にはなぜか本物のセルリアンが現れてしまう。しかし、なんやかんやうまく舞台演出のように使い、退治することにも成功したサーバルカラカル。ほんとセルリアンって雑魚。まったく脅威じゃないだろ。
f:id:mochirixi:20190305031623j:plain
そしてペパプのライブが始まる。クオリティが段違いすぎる。ライブ以外のシーンがあまりにもひどい出来なので、ライブシーンの浮きっぷりがすごい。でもこのライブシーンはもしたつき監督がやっていたらあり得なかったでしょう。見事ライブは成功し、マーゲイにお礼を言うペパプたち。
f:id:mochirixi:20190305031634j:plain
ライブが終わるとキュルルは忽然と姿を消していた。実はオオセンザンコウとオオアルマジロにより連れ去られてしまっていたのだった。

今回は以前までの回に比べるとかなり良かった気がします。ライブシーンはあのラブライブサンシャインも手がけているサブリメイションが手がけていたようでこのアニメ史上ぶっちぎりのクオリティでした。モーションも中の人が本当に担当しているようでライブシーンの説得力だけは文句なし。まあそれ以外のシーンの動きは筆舌に尽くしがたいほどひどい。


内容や設定がガタガタなのは毎度のことなので今更文句をつけることもないと思います。セルリアンが完全にただの舞台演出のためだけに登場するのも、ある意味シュールさが極まっていて、結構好きでした。

今回はゲスト声優がわけわからんことになってました。加藤里保菜、アズマリズム、あま津うに、梅原サエリというメンバー。加藤里保菜は私が大好きな番組である『ランク王国』のMCを担当していましたし、舞台のけもフレにも出演していたので、それなりに知っていたのですが、他はカオスすぎる。Vtuberやら歌手やら舞台女優やらわけがわからないよ。