かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

アニメ『ガーリー・エアフォース』8話感想 - 主人公の慧、最低だな

アニメ『ガーリー・エアフォース』第8話「不機嫌な最高機密」感想です。

前回あらすじ
ファントムの身勝手さに噛みつくイーグル。意見や思想が食い違い、バラバラの独飛。一計を案じた慧は、敗者は勝者の言うことを何でも聞くという条件で、再び模擬戦をしようと提案する。ファントムは、自分が勝ったら慧とグリペンのパートナーを解消してもらうとほのめかす。それでも慧は、不敵に笑って再戦を申し入れる。

第8話あらすじ・感想


© 2018 夏海公司KADOKAWA/GAF Project

鳥島攻略作戦。慧はファントムのアドバイスもありつつ操縦をこなしていた。グリペンも火器レーダー管制に集中でき、ミサイルの命中率も格段に上昇していた。しかし地対空クラスター弾が発射され、独飛は島に近付けない。そこに現れたのは、バイパーゼロ(F-2A)だった。バイパーゼロは対地戦闘能力に特化した機体であり、低高度で海鳥島を爆撃していく。

敵援軍が止んだのを見計らい、陸自第七艦隊と石垣島の特火連隊から大量のミサイルが発射。ミサイルの雨がファントムの誘導で海鳥島へと降り注ぐ。作戦は成功した。そして唐突な水着。


© 2018 夏海公司KADOKAWA/GAF Project

後日、慧と明華は喧嘩していた。まあこれは慧が明らかに悪い。じゃあもう面白いと思ったものも教えないって…鈍感主人公を超えた性悪主人公を久々に見たような気がする。明華に愛想をつかされ、弁解しようと思うと八代通から那覇に呼び戻されてしまう。その那覇基地で出逢ったのは明華によく似た女の子だった。


© 2018 夏海公司KADOKAWA/GAF Project

その女の子は明華ではなくバイパーゼロだった。バイパーゼロは観測選択効果*1によって観る人によって姿形が変化するアニマだったのだ。八代通は昔の彼女を思い出すほど余裕がないと言ってたけど絶対強がりだわ。

慧が帰宅すると、明華が仁王立ちで待ち構えていた。だけど明華は慧のために夕食を作っていた。いい子や…。慧は映画のペアチケを明華に渡す。お互い仲直りできたかに思えたが、慧のデリカシーのない発言で結局再び明華の怒りに火がつくのだった。

慧最低だな。明華めちゃくちゃいい子なのに、ここまでデリカシーがないというか感情が欠如してるというか、そんな発言ができるなんて。グリペンに出逢って他に可愛い子がいることを知って変わってしまったのか。バイパーゼロも明華の顔をコピーできるのなら、慧にとっては、あーだこーだうるさい明華よりもバイパーゼロの方がいいわとか思ってそう。まあでもバイパーゼロの容姿がグリペンじゃなくて明華は良かったかもな…

メインストーリーの海鳥島攻略戦の方はアバンで消化。もうちょっと長く戦闘シーンを見たかった気持ちもあったし、バイパーゼロの活躍をもっと見たかったけれども、実際短期決戦じゃないと勝ち目ないし、こっちも3機しか戦えるドーターがいないので、これくらいの短さなのが現実的なのだろう。


© 2018 夏海公司KADOKAWA/GAF Project

第9話では新しいアニマのライノが登場するっぽい。スーパーホーネットとも呼ばれる機体でアメリカの戦闘機。なんか見た感じボーイッシュで、ちょっとイーグルっぽい性格の子なのかなと思ったけど、楽しみ。

*1:本来は観測する人や物によってデータに偏りが生じてしまうこと