かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

『エガオノダイカ』8話感想 - 新型クラルスの危険性とは?

『エガオノダイカ』第8話「最後の伝言」感想です。

前回あらすじ
帝国軍は王都ハリアントを占領した。ユウキは腹心たちと脱出し、未だ行方知れずである。ステラらビュルガー分隊は、王宮に駐留し、つかの間の平穏な日々を過ごしていた。除隊する仲間のピアースの送別会を開くため、一致団結する分隊員たち。本人たちもそうと気付かぬうちに、次第に結束が高まりつつある。ピアースの頼みを聞き入れ、王宮に忍び込んで中を見てまわるステラたち。最上層の温室で彼らが見たものは……。

第8話あらすじ・感想

ソレイユ王国南部、レオ・タクラス州の州都エディネル。ユウキが王国脱出して2ヶ月。彼女が指揮を執り帝国軍の侵攻を食い止めていた。帝国軍は長期戦に備え、王国国内の兵器工場や食糧プラントを攻撃。ユウキは王国民の人命を最優先とし、勝機があるときには応戦するも、敗戦濃厚の場合は物資や人員を移動させた上で土地や建物を即放棄していた。キラ・ヤマトの生まれ変わりか?土地や施設は限られているのに、物資や人員をどこにどうやって全て移動させるんだ?移動させた先でやられたら結局一緒じゃないか。机上の空論にしか思えない。そして帝国軍の情報をどうやって得ているのだろうか?偵察だけでは分からないし、間諜がいるのか?むしろそこが面白いところだと思うのだが。

ユウキはリーゼ辺境伯の救出作戦を命令する。過去に敵対した相手も分け隔てなく扱うユウキage。ハロルドはユウキに新型クラルス搭載機の増産を提案し、ここで一気に帝国軍を押し返すべきだと進言する。しかしユウキは新型クラルスの投入は躊躇っていた。彼女はセレモニーを襲撃したヴェルデ公国が新型クラルスを敵視した理由を知りたかった。

帝国軍は北ロビア州に大規模な攻勢をかける。ハロルドは重要拠点であるため応戦を提案するが、ユウキは人命優先で北ロビア州からセラス州への撤退を命令する。そこにアイネ参謀長から入電。ユウキに降伏を求める。ユウキは条件に民の安全確保とヴェルデ公国の新型クラルスに関する研究結果の開示を要求するが、後者はアイネが拒否。ユウキは降伏を突っぱねた。

すると、案の定セラス州国境付近に帝国軍の要撃部隊が隠れていた。王国軍は全滅。しかし前線の艦にアイネ参謀長が乗っていることを斥候が発見。ユニとルネは艦を落とし帝国軍に一矢報いるべきだと言うが、ユウキはダメだと言う。

一方、囚われの身となったイザナは、帝国の治安悪化により身の危険があるため、本国へと移送されることに。イザナは隙をついて帝国軍監視の銃を奪い逃亡する。そして帝国軍のデータを盗み見て、新型クラルスの情報を知る。最近珍しいザル警備。人っ子一人いないのでザルすらないただの輪。彼は命の危険を冒して、それをユウキの元へと送信した。やってきた帝国軍にイザナは撃たれてしまうのだった。ユニとルネはどうなったんだ…

まああんまり批判するのもどうかと思うんですが、割とひどい。どう考えても、前もって施設放棄なんて作戦が成功するのは一回だけでしょ。12歳の女の子が考える作戦にどうのこうの言うのもおかしいけど、その12歳の女の子よりも、王国軍は無能だらけだからどうしようもないのも事実。アイネ参謀長がクールでかっこいいから、むしろ帝国軍を応援している自分がいる。

でも帝国軍は新型クラルスの危険性を知ってるのに、なぜ新型クラルスを求めて戦争を起こしてるのか?危険があるなら王国に使わせておけば勝手に自滅するのに。帝国は王国の肥沃な大地も欲しくて、もし新型クラルスを使われるとそれが汚染されるという可能性もあるかもしれません。つまり原子力ってやつですね。まあ色々うるさいので原子力っていう固有名詞は出さないでしょうが、そういう可能性は大いにありそうです。

『エガオノダイカ』は、基本的にバトルやロボットのかっこよさよりも「戦争の経緯」を描こうとしているアニメです。取り組み自体はいいと思うのですが、戦争の様相を描くにあたって重要な、戦略のぶつかり合いがあまりにもおざなりすぎます。他のロボットアニメも戦略という面では適当です。実際の戦争とは全然違うでしょう。だけど、そういうロボットアニメは、単純なロボットのかっこよさだったり、戦闘の気持ち良さだったり、戦争に参加させられた兵士の内面だったり、新型メカのカタルシスを描いています。『エガオノダイカ』はそれらを捨てて、戦争史を真正面から描いているのですから、帝国と王国の攻防は、ガバガバにならないように練り込んで作らなければなりません。それができていないから、茶番を見せられているような印象を受けてしまいます。

王国と帝国が交互に進行するのも面白いっちゃ面白いのですが、ここまではあまりうまく活かしきれていない気がします。ここに何か誤認トリックがあったりすると惹き込まれるのですが。そしていつになったらユウキとステラは出逢うのか。キービジュアルやOPは詐欺なんじゃないか。今回は批判ばかりしてしまったのでスクショは貼りません。