画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20181217152739j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

アニメ『盾の勇者の成り上がり』6話感想 - お使いクエスト回

アニメ『盾の勇者の成り上がり』6話「新しい仲間」感想です。

前回のあらすじ
オルトクレイからなけなしの報酬を渡された尚文は、ラフタリアの要望で再び奴隷紋を入れ直した。数日後、奴隷商から購入した魔物の卵くじも孵化。新たな仲間を加えるが、滞在中のリユート村にマインが現れ……。

あらすじ

フィーロは高度な変身能力を持つ、フィロリアルクイーンであった。それにより人間の姿にも変身できたのだった。彼女に魔物紋を施しに奴隷商のもとに赴いた尚文だったが、出費がかさむばかり。

彼女が変身しても大丈夫な魔法の服を手に入れるため、武器屋を訪れる一行だったが、武器屋では取り扱いがなかった。その服を作ってもらうため、仕立て屋に向かうが、服を作るには特別なアイテムが必要だった。服を紡ぐための糸を入手するため、魔法屋に向かうが、やはりここでも問題が。
f:id:mochirixi:20190214012240j:plain
ひとまず服の問題は置いておき、とりあえず行商で稼ぐことにした尚文。崖を荷馬車で走っていると、1人の困っている男を助けることに。彼の母親に届ける薬を自らの能力で強化し、その効果を高めた尚文。それにより男の母親はすぐに寛解する。その噂は広まり、行商と人助けを繰り返すうちに、尚文は神鳥の聖人と呼ばれるようになっていた。
f:id:mochirixi:20190214012334j:plain
尚文はとある商人を荷馬車に乗せていた。その道中、盗賊たちに襲われてしまう。彼らの狙いは乗せていた商人であった。尚文は厄介な客だったかと後悔しつつも、盗賊たちの相手をすることに。ラフタリアとフィーロは密かに習得していた魔法を駆使し、たちまち盗賊たちを一網打尽にしてみせた。その後、盗賊たちから命と引き換えに根こそぎ財産を奪い取る尚文。乗せていた商人はその商魂たくましい姿に感銘を覚えたようだった。
f:id:mochirixi:20190214012352j:plain
その商人から行商のノウハウと人脈を授かることになる盾の勇者。ネットワークを広げていくうちに、他の勇者たちの近況も聞くことが出来た。尚文は商人の力添えもあり、魔法も習得できていた。そして、フィーロの服を手に入れるために必要な宝石の場所も知ることが出来たのだった。

宝石が眠るという遺跡に、魔法屋とともに潜ることに。そこでは彼らを惑わす声を使う魔物に遭遇する。それに翻弄されつつも、魔法屋の助力もあり、なんとか宝石の眠る最深部に辿り着く。しかし、そこには鵺という強力なモンスターの姿があった。苦戦する一行だったが、フィーロの活躍と先ほどの魔物から手に入れた新たな能力を駆使し、鵺を倒すことに成功する。宝石を無事に手に入れた一行。
f:id:mochirixi:20190214013033j:plain
そしてようやくフィーロの魔法の服が完成するのだった。

感想

ゲームらしいお使いクエスト回でした。いろんなお店をたらい回しにされるところはゲームそのもの。最近はこの手のゲーム全然やっていませんので、なんか懐かしい感覚。最初はとてもストレスフルな展開が見られましたが、回を重ねるごとに割と普通のなろう系になってきた印象です。かなりのトントン拍子で事が進んでいく。

前回のラストで人間の姿を披露したフィーロは、けっこう頻繁にでかい鳥の姿でいるのもあって、あんまりヒロインという感覚がありませんね。どっちかというとマスコット。人間の姿はたしかにカワイイんですが…この作品はラフタリアが絶対的なヒロインということなんでしょうか。まあ彼女に勝るヒロインはまずいないでしょう。今回も嫉妬する姿がかわいかった。一応2人がバチバチしているような描写もありましたが、フィーロは鳥の姿の印象が強すぎる。

あと武器屋がいい人すぎる。この人がいなかったら、そもそも物語がスタートしてないです。今回もフィーロに食事を取られているのにちゃんと尚文にアドバイスをくれますし、実は一番の重要人物でしょう。それと魔法屋も大活躍でしたし、松井恵理子が演じる裁縫屋のお姉さんもキャラが濃くて、サブキャラが目立つ回だったように感じます。