画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20181217152739j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

アニメ『五等分の花嫁』5話感想 - 一花当番回

冬アニメ『五等分の花嫁』5話「全員で五等分」感想です。

前回のあらすじ
初めて給料が入った風太郎はらいはの望みを叶えるため、五月と三人でゲームセンターにやってきた。その帰り道、花火大会に向かっていた他の五つ子に遭遇する。『お祭りに行きたい』と言うらいはのため、五つ子と一緒に風太郎も花火大会に行くことになるのだが…

あらすじ

急な仕事が入り、みんなと一緒に花火を見に行くことはできないという一花。それでも食い下がる風太郎に一花はなぜお節介を焼くのかと訊く。彼は答えに窮してしまうのだった。
f:id:mochirixi:20190208023938j:plain
そこに一花の仕事仲間である男が通りかかるが、一花は仕事を抜け出してきたので見つかると叱られるのではと言う。そこで風太郎と彼女は恋人のふりをしてやり過ごすのだった。一花を探す男は、一花を見つけ彼女を仕事場に連れ戻そうとするが、実は彼女ではなく姿かたちが瓜二つの姉妹である三女の三玖を連れて行こうとしていた。

そこに風太郎が飛び出していき、三玖の手を掴むのだった。そんな彼に男は君はこの子の何なんだと問う。そこで風太郎は自分はパートナーだと宣言する。そんなやりとりをしていると、一花が実は女優をやっていることが判明する。これから大事なオーディションがあるという。
f:id:mochirixi:20190208023955j:plain
オーディションに向かう彼女にそれでいいのかと風太郎は語りかける。そんな彼に一花はオーディションの台本を手渡し、練習に付き合わせるのだった。その内容は教師と生徒の設定だった。生徒としての「あなたが先生でよかった」というセリフに思わず感動してしまう風太郎。結局オーディションに行くのを止められなかったが、彼女の背中を押し、みんなに謝るときは付き合ってやると告げるのだった。
f:id:mochirixi:20190208024006j:plain
そしてオーディションで演技を披露する一花。彼女が戻ってくるまで風太郎は待っていた。事務所社長であったさきほどの男は演技は素晴らしかったという。一花と風太郎は公園へと移動する。そこでは他の姉妹たちが市販の花火をやっていた。皆に謝る一花。たしかに打ち上げ花火は見られなかったが、みんなで花火を見るという目的は果たせたのだった。
f:id:mochirixi:20190208024030j:plain
風太郎はそんな様子に疎外感を感じながら眠ってしまっていた。一花はそんな彼を膝の上に起き、そっと礼を言い眠らせるのだった。
f:id:mochirixi:20190208024043j:plain

感想

今回は一花回でした。でもやっぱり三玖の存在感がでかいんだよなあ。最後の花火のシーンでは地味な線香花火を風太郎に例えて、一花と三玖が文字通りちょっとした火花を散らすかに思われましたが、一花がおとなしく身を引いてしまうという意味深な流れがありました。三玖の「うん好き」の破壊力がでかい。まあ今回で完全に一花も惚れてますよね。

風太郎はこの手の作品の主人公としちゃかなりイケメン度合いが高く、ヒロインたちが惚れるのも無理はないと自然に思えます。それに教師と生徒って恋愛に発展しやすいという話もありますから、年齢が同じで自分たちに真剣に親身になってくれる存在であれば、尚更そうなるでしょう。