かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

アニメ『ガーリーエアフォース』3話感想 - ザイのことは嫌いでも私のことは嫌いにならないでください

アニメ『ガーリーエアフォース』第3話「アニマの本質」感想です。

前回あらすじ
自分を救ってくれた機体、「グリペン」と邂逅した慧。『ドーター』と呼ばれるその機体には、人工生命体『アニマ』が乗っており、それこそが慧の出会った少女・グリペンだと技官の八代通は言う。八代通から言われるままに、アニマのグリペンとの時間を過ごす慧。小松の街をめぐりながら、慧はグリペンとの交流を深めていく。

第3話あらすじ


© 2018 夏海公司KADOKAWA/GAF Project

一週間後のテストフライトで失敗したら廃棄処分が決定になったグリペン。シミュレータで訓練を行うが、突貫工事で繋げたNFI(神経融合インタフェース)に戸惑いグリペンは思うように操縦できない。


© 2018 夏海公司KADOKAWA/GAF Project

一方、慧もシミュレータに挑戦してみることに。意外と筋が良く、逆にグリペンに嫉妬されてしまう。テストフライトに合格するために、2人は、特訓や安定化のためのデートを重ねながら、一週間を過ごした。調査の結果、グリペンは慧が10m以内にいると、精神が同調しているようだった。


© 2018 夏海公司KADOKAWA/GAF Project

そこに慧の第二の故郷である中国の常熟がザイによって壊滅させられたというニュースが入ってくる。ショックを受ける慧にグリペンはプレゼントを渡すのだった。しかし、他の自衛官から彼女は撃墜したザイで作られていることを教えられ、身内と街を奪ったザイとグリペンを重ね、慧は悪夢にうなされる。


© 2018 夏海公司KADOKAWA/GAF Project

テストフライト当日。自衛隊のバイトを休み、明華と買い物に行こうとしていたが、グリペンから貰った手編みのマフラーと手紙のプレゼントに悩みは吹っ切れ、小松基地に駆けつける。

慧「おれはザイは嫌いだ。でもお前のことは嫌いじゃない!


© 2018 夏海公司KADOKAWA/GAF Project

テストフライトを順調にこなすグリペンだったが、途中ザイが出現する。グリペンは対応に向かうものの、途中で昏睡状態に陥る。あわや撃墜というところで登場したのはイーグルだった。

イーグル「日本海の平和はイーグルが守るから!

感想

イーグルが登場。機体はF-15J日本海の平和はイーグルが守ると言っていたように、日本の自衛隊の主力として活躍している戦闘機です。イーグルが主人公で良かったんじゃないかという気がしないでもないんですが、なんでスウェーデンJAS 39(グリペン)が主人公なんだろうか。よく分からない。作者の趣味かな?いやグリペンのキャラ自体は好きですけどね。可愛いし。

イーグルの声優は大和田仁美。『SHIROBAKO』のみどりちゃんです。この方も声がちょっと普通とは違う感じがします。ちなみにもう一人いるメインキャストの声優は井澤詩織さん。声優陣最高かよグリペン森嶋優花さんはRun Girls, Run!のメンバーで、彼女も上手いなと思います。グリペンは喋り方が平板で誰でもできそうですが、逆にちょっと照れた声とか、反抗した感じとか難しいと思います。グリペンが可愛いのは彼女の声のお陰でもあるでしょう。

このアニメ多分世間的には人気がなさそうっぽいんですが、私はなんか好きなんですよ。なんだろう。いや、なんでやろ。どこが良いか説明しろと言われてもできないんですが、なぜだか来週が待ち遠しくなってしまうアニメ。今週も8番らーめんノルマをちゃんと達成したし、グリペン可愛かったし、新キャラも出たしで満足でした。