かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

ラファエルのYouTubeチャンネルがBANされた理由 - YouTubeの規約の厳格化

チャンネル登録者数200万人を超える人気YouTuberであるラファエルのチャンネルがBANされた。ファンからは悲しみの声が広がっている。ラファエルは既存のサブチャンネルをメインチャンネルとして、活動再開している。ここではラファエルのBANの理由を考えたい。

ラファエルのBANの理由

ラファエルが動画内で自分で述べているように、ラファエルの動画は過激なものであったり、いかがわしい不埒なものが多くそれで再生数を稼いでいた。

しかしながら、先日YouTubeは規約を強化し、暴力的や危険な行為の動画を禁止している

先日お知らせしたとおり、危険なチャレンジやいたずらに関するポリシーが変更されました。死亡のリスクが伴うチャレンジは、YouTube では許可されません。けがや身体的危害をもたらす差し迫ったリスクを伴う危険なチャレンジに未成年者が関与しているコンテンツも、YouTube では許可されません。
また、身体的な危険にさらされていると犠牲者に信じこませるいたずらや、実際に身体的危害をもたらすいたずらも、YouTube では許可されません。未成年者に精神的苦痛を与える危険ないたずらや虐待的ないたずらも許可されません。
YouTubeヘルプ

これは、最近Netflixで話題のドラマ人気ドラマ『バード・ボックス』の影響があると言われる。このドラマは目隠しをした人々が逃げ惑うパニックホラーであり、それを真似して目隠しをして様々な危険な行為を行う「バード・ボックスチャレンジ」が海外のYouTuberの中で流行っている。それを禁止するための措置である。また衣類用洗剤を食べるという「タイドポッドチャレンジ」なども原因とされる。

様々なYouTuberは最近徐々に厳しくなる規約に対応するために過去の動画をどんどん消している。余談だがMEGWINがファルコンとメテオに動画の制約をかけたのも、これが原因だったかもしれない。メグウィン は数年前に脱臭剤やスライムを食べる動画をアップしていた(現在は削除済み)。ラファエルも気をつけていたかもしれないが、かなり危険な動画は残っていたのでBANは時間の問題だっただろう。

またラファエルは、最近詐欺まがいの情報商材を動画で紹介したとして批判されていた。それを指摘されたときは開き直って、自分は悪くないと言っていたが、いざBANされると、そのことも動画内で謝罪している。実際のところその動画自体がBANに関係があったのかどうかは不明だが、視聴者のヘイトを買ったことは間違いなく、通報活動が活発になったことは想像に難くない。

サブチャンネルで復活

ラファエルは現在サブチャンネルをメインチャンネルとし活動を再開している。チャンネル登録者数も順調に増えてはいるが安心はできない。なぜならBANされたユーザーのサブアカウントはBANの対象になり得るからだ。

アカウントの停止
アカウントを停止されたユーザーは、他の YouTube チャンネルの利用や、新しいチャンネルの所有や作成を禁止される場合があります。アカウントが停止されると、停止の理由を説明するメールがそのアカウントの所有者に送信されます。
YouTubeヘルプ

Googleはこわい。私もブログをやっていて痛切にそれを感じている。