かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

アニメ『BanG Dream! 2nd Season(バンドリ!2期)』3話感想 - 六花の過去

アニメ『BanG Dream! 2nd Season(バンドリ!2期)』3話「Sing Girls」感想です。

前回あらすじ

後から追記します。

あらすじ

ポピパの面々は主催ライブに対する不安を抱えることに。友希那にコンタクトを取り、ロゼリアのプロデューサーを申し出るチュチュと名乗る少女の姿があった。

f:id:mochirixi:20190118002507j:plain

一方、六花もポッピンパーティーのライブに感化され、バンドへの意欲を新たにするのだった。しかし、メンバー集めは上手くいかなかった。

そんなとき、街でばったり香澄と六花が出会う。六花が下宿する銭湯へ2人で向かうことに。六花の部屋に入ったところで、綾沙から連絡が入る。ポッピンパーティーが練習するいつもの蔵へ向かう2人。

f:id:mochirixi:20190118002529j:plain

ポッピンパーティーの面々になぜ自分が東京に来たのかを話す六花。そしてポッピンパーティーをギャラクシーのライブに誘った理由も明らかになる。六花の話を聞いたポッピンパーティーは演奏を始め、六花1人のためのライブが行われる。

f:id:mochirixi:20190118002549j:plain

演奏を聞きながら、六花はこれまでの自らの音楽半生を振り返るのだった。六花の音楽への想いを聞いたポッピンパーティーは、自分たちなりの主催ライブを行う意欲を取り戻す。

f:id:mochirixi:20190118002611j:plain

冒頭のチュチュの誘いを断る友希那の姿があった。友希那の言葉に激昂した少女は「あんなバンドぶっ潰してやる!」と言い放つ。

f:id:mochirixi:20190118002630j:plain

感想

完全に主役が六花の回でした。まあ2期も軸はポッピンパーティーでありつつも、全体として六花が主役の方向に傾いているなと思います。アイドルモノでもそうなのですが、グループを結成していくまでの過程が一番面白いと感じます。ですから六花がバンドポッピンパーティーに影響され、バンドを結成するまでの過程を丁寧に描いていっているバンドリ2期への印象はとてもいいです。また六花に影響与えるポッピンパーティーも決して完成された存在ではなく、ときに迷いながらも六花のように純粋に自分たちの演奏を楽しんでくれる存在に支えられて進んでいくのも、非常にバランスがいい構成

前回から顔は見せていたチュチュと名乗る少女が、後にRASに参加するのはわかりきった展開ですね。友希那に自分の申し出が断られて怒りを露にするなど、結構激情型っぽい。怒りからゴミ箱を倒してもきちんと直すのは、好感が持てるとともにちょっとクスっとできるシーンでした。1期の頃はこういうちょっとした小ネタみたいなものも見られなかったので、進化しているなと感じられます。

次回はハロハピこと「ハロー、ハッピーワールド!」にターンが回ってくるようです。個人的に登場するバンドの中で一番好きなバンドです。

f:id:mochirixi:20190118002745j:plain

まあミッシェルが好きなんですが。