画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20181217152739j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

アニメ『かぐや様は告らせたい』1話感想 - 天才たちの恋愛頭脳戦とは一体…

冬アニメ『かぐや様は告らせたい』1話感想 です。

イントロダクション

"家柄も人柄も良し!!将来を期待された秀才が集う秀知院学園!!その生徒会で出会った、副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行は互いに惹かれているはずだが…何もないまま半年が経過!!プライドが高く素直になれない2人は、面倒臭いことに、”如何に相手に告白させるか”ばかりを考えるようになってしまった!?恋愛は成就するまでが楽しい!!新感覚”頭脳戦”ラブコメ、開戦!!

スタッフ

原作:赤坂アカ/監督:畠山守/シリーズ構成:中西やすひろ/キャラクターデザイン:八尋裕子/総作画監督:八尋裕子、矢向宏志、針場裕子/プロップデザイン:木藤貴之/美術監督:若林里紗/色彩設計ホカリカナコ/撮影監督:岡崎正春/編集:松原理恵/音楽:羽岡佳/音響監督:明田川仁/音響制作:マジックカプセル/制作:A-1 Pictures/製作:かぐや様は告らせたい製作委員会

キャスト

四宮かぐや:古賀葵/白銀御行:古川慎/藤原御行/藤原千花:小原好美/石上優:鈴木崚太/早坂愛:花守ゆみり/ナレーション:青山穣

あらすじ

映画に誘わせたい

生徒会書記である藤原千花から映画のチケットを譲られたかぐやと御行は、互いに思考を巡らせ、どちらから一緒に映画に行こうかと誘う腹の探り合いを行う。

f:id:mochirixi:20190113004856j:plain

かぐや様は止められたい

かぐやの下駄箱にラブレターが投函されていた。そんなラブレターなど相手するわけ無いと高をくくっていた御行だったが、かぐやはデートする気がある素振りを見せる。しかしそれはかぐやが御行にデートを引き止めさせる作戦だった。

f:id:mochirixi:20190113004909j:plain

かぐや様はいただきたい

御行の手作り弁当を見たかぐやはそれを食べてみたいという欲求に駆られるが、素直に分けてほしいと言えるはずもなく、様々な策を弄してなんとか弁当をゲットしようと奮闘する。

f:id:mochirixi:20190113004929j:plain

感想

一応、恋愛頭脳戦と銘打たれていますが、本当の天才が描けるはずもありませんので、無難なラブコメ作品という感覚。「天才たちの恋愛頭脳戦」はまあ言い過ぎだが、互いにプライドが高すぎるあまり、素直に告白することができず、相手から告白させるようにうまく仕向けていくという切り口は新鮮です。本当に告白させることが主軸というよりは、やはりそこから思惑が空回っていく展開を楽しむ作品。

原作はかなりさっぱりとした印象の絵なのに対して、アニメはかなり力を入れて作っているなというのが伝わります。やたら凝った演出になっている気が。しかし、それが上手く作用しているのかというとそうでもないかと。ナレーションもそうなのですが、全体にくどい印象

メインヒロインのかぐやは、これからもっと柔和な印象になっていくとは思うのですが、プライドの高さもあって、現時点ではそんなに好きになれない。一方、書記の藤原千花は素直にかわいいです。私はやっぱりメインヒロインが不動のアニメよりも、ハーレムやヒロインレースが見られる作品のほうが好きというのがあるので、この作品に対して何を期待していけばいいのかちょっとわからない。キャラが増えてもっと展開に幅が見られるようになれば違った感想も持てるかもしれませんが…

そして今作はOPに鈴木雅之を起用したのが話題になりました。こういう特別なことをするのが、この作品がいかに期待されているのかを証明していますね。しかし個人的には、ヤングジャンプ原作アニメの呪いと巷で言われているものを打ち破れるほどのものは感じられなかったかな。