画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20181217152739j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

アニメ『サークレット・プリンセス』1話感想 - DMMらしい美少女バトルアニメ

冬アニメ『サークレット・プリンセス』1話「ストライク・プリンセス」感想です。

イントロダクション

AR技術の発展によるMR-ミックスド・リアリティ-システムが普及した近未来。 社会のインフラに浸透したMRシステムは、新しいスポーツを生み出した。その名もサークレット・バウト!女子高生の人気スポーツとなったサークレット・バウトは、やがて、学園だけでなく地域を巻き込むエンターテイメントに急成長、スター選手は国民的人気者になるほどの盛り上がりを見せるなか、かつての強豪、今は弱小の聖ユニオン学園に一人の転校生が現れた。和歌山の山奥からやってきた彼女の名前は、佐々木優佳。果たして、優佳は聖ユニオン学園の救世主になれるのか!?

スタッフ

原作:DMM GAMES / 監督:橘秀樹 / 原案・シリーズ構成:木緒なち / キャラクターデザイン:山吉一幸 / メインキャラクター原案:saitom / オリジナルライバルキャラクター原案:呉マサヒロ / ライバルキャラクター原案:宇都宮つみれ、ERIMO、おーじ茶、かにビーム、呉マサヒロ、シヴァ。、みぶなつき、もとみやみつき / プロップデザイン:氏家嘉宏、片山敬介、中津川孝広 / 美術監督:前田実 / 色彩設計:水本志保 / 撮影監督:山口侑真(レアトリック) / 編集:坪根健太郎(REAL-T) / 音楽:酒井陽一 / 音楽プロデューサー:佐藤純之介 / 音楽制作:ランティス / 音響監督:郷文裕貴 / アニメーションプロデューサー:金子逸人 / アニメーション制作:SILVER LINK. / 製作:サークレット・プリンセス製作委員会

キャスト

佐々木優佳:長妻樹里 / 笠原美由紀:中島沙樹 / 黒田怜奈:生天目仁美 / 相沢歩:水橋かおり / ニーナ・アヴェリン:後藤麻衣 / 藤村千景:種﨑敦美 / 関口サリナ:平井祥恵 / 日比野貴音:相川奈都姫 / 飯田霞:立石めぐみ / 杉浦日和:谷口夢奈 / 常見アキラ:近村望実 / 原アリサ:丸山有香 / 山内クリスティ:藤田彩
 / 芳村薫:櫻井浩美 / MRレポーター:湯浅かえで

あらすじ

f:id:mochirixi:20190109003134j:plain

田舎からたまたま東京に遊びに来ていた佐々木優佳は道に迷ってしまう。偶然見た最新スポーツ「サークレット・バウト」の広告に惹かれて、会場に足を運ぶ。そこで無敗のスター選手である藤村千景と出逢う。千景に憧れ、観戦するために会場前で待っていると、本来の対戦相手と優佳が取り違えられて、千景と戦うことに。

f:id:mochirixi:20190109003201j:plain

まったくの初心者である優佳は戸惑いながらも、徐々にその才能を発揮していく。台本通りの闘いばかりで不満に思っていた千景も久々の真剣勝負に胸躍らせる。千景との戦いは決着はつかないまま終了となる。

f:id:mochirixi:20190109003149j:plain

f:id:mochirixi:20190109003301j:plain

2年後、優佳は「サークレット・バウト」の名門校である聖ユニオン学園に転入してくるも、そこにはかつての強豪校としての面影はなく、すでにサークレット・バウト部自体が存在していないと総代の黒田怜奈から聞かされるのだった。

感想

どうやらこの作品は、DMM.GAMESにて成年層をターゲットにしたゲームも展開されるらしく、主題歌や声優はもちろん、設定もそのような内容になっています。10年ほど前にはよく見たPCゲームのテレビアニメ化に似た感覚。今のPCゲーム業界は、死に体もいいところですから、それを原作にしたアニメもすっかり見なくなりました。それらのアニメのクオリティはお察しのものになることも多く、今作もそういう作品と似たりよったりという印象。少女たちが、セクシーな衣装を身にまとい、架空の対戦競技を戦うという既視感まみれの作品。

勘違いから主人公である佐々木優佳が選手として戦うという展開になりましたが、なぜちゃんと本人かどうか確認しないんだい?ガバガバすぎんだろ。曲がりなりにも近未来を描いているんだからちゃんとしてほしいところ。

作画は一見するとそれなりにきれいなのですが、戦闘になった途端うーん…というクオリティに。まあキャラがぱっと見はかわいいのはいい点です。DMMらしくサービスカットが多く見られるのも評価できる。すでに廃れてしまった部活動を再興して、再び強豪校へと導いていくという展開におそらくなっていくのでしょう。なんだかガルパンっぽいかもしれない。

そして声優は、懐かしい名前が多く並んでいます。その中でも中島沙樹なんていつぶりに名前を見ただろうというくらい。同じく声優である日野聡と結婚されていますが、個人的には『To Heart2』の笹森花梨が印象深い。同じく『To Heart2』でヒロインの一人である十波由真を演じていた生天目仁美もキャストに名を連ねていますね。まあPCゲームらしい人選です。

それとなぜか次回予告は、ベジータ役で有名な堀川りょうが担当していました。頑張るなあとは思うのですが、素人目には明らかにきつそうで…

追記:みりぃの感想

私は個人的に結構好きなタイプのアニメです。キャラクターが可愛いとストーリーが多少破綻してても最後まで観れますね。確かに取り違えて急遽参戦ってのはガバガバですが、これによってサークレットバウトという架空の競技の説明ができますし、優佳の天賦の才も表現できて、千景というライバルも分かりやすく、これからの優佳の物語が想像できるので、導入としては悪くない1話だったと思います。

古くさいのは古くさいですが、意外と丁寧に作られているなというのが私の印象でした。