画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20181217152739j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

【ぱすメモ】アニメ『ぱすてるメモリーズ』1話感想 - いざ、ごちうさの世界へ

2019冬アニメ『ぱすてるメモリーズ』第1話「うさぎ小屋本舗へようこそ、です」感想です。

イントロダクション
私たちの使命は、作品世界を壊そうとする【ウイルス】を退治すること!この世界を守るために、私たちが頑張る!
オタク文化の聖地と言われたアキハバラも今ではオフィス街となり、アニメや漫画の記憶も忘れていって、専門ショップも閉店していき数少なくなってしまった。作品世界を支えているのは、人々の心にある作品の『思い出』。でもウイルスに作品世界を破壊されると、みんなの記憶や思い出からその作品が消えてしまう。私たちが戦うのは、みんなが好きな作品との『大切な思い出』を守るため!アキハバラの片隅にある、小さなお店「うさぎ小屋本舗」で働く12人の女の子の物語。ウイルスを倒してアキハバラを元の楽しい街に戻すため、私たちは頑張っています!

スタッフ
原作:ぱすてるメモリーズ(フリュー) / 監督:篠崎康行 / 助監督:山田弘和 / シリーズ構成:玉井☆豪 / キャラクター原案:ナシキネロ / キャラクターデザイン:瀬川真矢 / プロップデザイン:吉井弘幸 / 美術設定:高橋麻穂 / 美術監督:葛琳 / 色彩設計井上聡、安田康則 / 特殊効果:村上朋輝 / 撮影監督:林昭夫(PRA) / 編集:齋藤朱里 / 音響監督:今泉雄一 / 音楽:立山秋航 / 音楽制作:MAGES. / アニメーション制作:project No.9 / 製作:「ぱすてるメモリーズ」製作委員会
キャスト
浅木泉水:新田ひより / 榊亜矢香:鳥部万里子 / イリーナ・レスコヴァ:内山夕実 / 二条院薫子:藤井ゆきよ / 町屋結衣奈:村川梨衣 / 江戸川橋美智:大空直美 / 千住南海:山本亜衣 / 舞子ちまり:小倉唯 / 目白渚央:花守ゆみり / 来島怜:久保ユリカ / 里中小町:戸田めぐみ / 六郷沙織:小岩井ことり / ねじれウサギ:森永千才 / 摩耶:たかはし智秋

第1話あらすじ


© FURYU/「ぱすてるメモリーズ」製作委員会

舞台は秋葉原オタク文化は徐々に衰退し、漫画雑誌は廃刊、ついにアニメも0本となり秋葉原の街もオフィス街へと変貌してしまった。うさぎ小屋本舗は元々オタクグッズを販売する店だったが、今はカフェとして営業している。しかしそれも閑古鳥が鳴いている状態だった。


© FURYU/「ぱすてるメモリーズ」製作委員会

カフェに置かれた交流ノートに書かれていたのは『うさぎさんカフェへようこそ』という漫画が読みたいという女の子の願いだった。その漫画を捜す麻木泉水だったが、店内には全7巻のうちの2巻の1冊しかなかった。遊びに訪れた同僚の渚央たちとも協力して、倉庫を捜すが、見つかったのは2巻が3冊と5巻が4冊だけだった。


© FURYU/「ぱすてるメモリーズ」製作委員会

そこに4時からのヘルプにやってきた結衣奈たちが合流。みんなで漫画を捜すことに。秋葉原に残っている古書店を巡り1巻以外を発見するが、閉店している店もありなかなか捗らない。落ち込んでいた泉は、幻覚を見る。その幻に誘われるように後を追うと古びた古書店に辿り着く。


© FURYU/「ぱすてるメモリーズ」製作委員会

古書店は電気が消えていたが、泉水の熱意に押され店に明かりが灯る。しかし求める漫画は見つからなかったようだ。店に帰宅し食事を終えると、怜たちが柱時計から異世界から帰還する。どうやら作品世界を破壊するウイルスが存在しているらしい。泉たちはそれを退治に『うさぎさんカフェへようこそ』の世界へ旅立つ。

感想

なかなかの良いクソアニメです。ゆるふわカフェものかと思いきや、急に異世界バトルの予感という。最後の5分のジェットコースターっぷりには、視聴者を置いてけぼりにしてやるぜという強い気概を感じます。これ原作がスマホゲームなので、バトルは必須なんでしょうが、もうちょっとやりようあっただろと。オタク文化が衰退するとしたら、こういうアニメが粗製乱造されているからじゃないか。

うさぎ小屋本舗の衣装が『うさぎさんカフェへようこそ』を参考にして作ったんなら、『うさぎさんカフェへようこそ』の漫画は全巻当然並べておくべきでは、というようなツッコミどころも多く、そのうさぎ小屋本舗の制服がフェミニストにボコボコにされそうなアンナミラーズ風の胸を強調した服だったり、キャラデザも古かったり、リバイバルアニメでもないのに十数年前の雰囲気を感じさせます。

そしてキャラクターが多い。最近のアニメだとキャラクターの属性が『音楽少女』に雰囲気似てる気がした。まあ似てたからと言って何もないんですが。2話は泉水たちが旅立った異世界がどんな感じかというところに注目ですかね。もし毎話いろんな有名アニメ(ハルヒとかエヴァとかガンダムとか)をパロディーした世界だったら、なかなか面白そうなアニメになりそうです。でも多分そこまで攻めたアニメは作れないだろうなあ。