画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20181217152739j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

輝夜月がどん兵衛の案件動画で赤いきつねと緑のたぬきをディスって炎上について思うこと

輝夜月の案件動画が炎上している。日清食品どん兵衛を紹介する動画で、輝夜月に因んで月見どん兵衛を作るという内容なのだが、赤いきつね緑のたぬき東洋水産)をバットでぶん殴り火をつけて燃やし、その火で沸かしたお湯でどん兵衛を作っている。この他社競合製品をディスった動画に対して、日清食品が怒ったかどうか不明だが、公式HPから削除され、動画も非公開となっている。

※ コメントを受けて文章の意図がわかりやすいようにパラグラフを入れ替えました

輝夜月はじめての大きな炎上

輝夜月はバーチャルYouTuber四天王の一人でチャンネル登録者数88万人を誇る。2018年のバーチャルYouTuberブームの火付け役とも言ってもよく、特徴的な声とテンポ感のいい喋りとネタの面白さが、センセーショナルだった。

まあ炎上とは言うが、視聴者から批判が来まくったわけではないと思う。実際この動画私も配信直後に観たが、一視聴者が観るには輝夜月らしいめちゃくちゃで面白い動画だと思った。料理が苦手(P丸様の動画が面白い)だから、月見どん兵衛というのもぴったりだなと思った。正直言って、これが炎上するとは思わなかった。

もしクレームが入ったとすれば東洋水産側からだろうが、そうならクレームを入れるよりも、別のYouTuberにコラボを頼んで、どん兵衛を10トンプレスでもして、赤いきつね緑のたぬきでも宣伝する動画でも出せば面白かったのになと思う。

日本では競合他社商品のネガティブキャンペーンというのは忌避される傾向にあるが、アメリカなどの海外では普通のことである。コカコーラを貶してペプシを賞賛するCM(またその逆も然り)などは有名である。また選挙でも他候補の批判をCMに流すこともよくある。YouTubeは日本のそうした慣習から離れたところにある媒体だと思っていたので、こういう動画も許されるんだろうと考えていた。実際は許されなかったわけだが。


コカコーラvsペプシのCM集

それに案件動画を出す前には必ず依頼した企業の動画のチェックがあると思っていた。チェックせずに任せたんだったら、反故にするのもどうなのか。色々なまとめサイトでは、日清がブチ切れたと言われているが、日清がブチ切れる資格はないだろう。輝夜月のキャラクターを知ってて、オファーして確認もせずにアップを依頼したのは日清なのだから。(資格がないのにブチ切れたんだったらおかしいっていう意味。)

ただこれで輝夜月に案件を持ちかける企業が少なくなったことは想像に難くない。逆に炎上してもらえれば、いろんなブログが記事を書くだろうから、話題にはなって認知度が高まるかもしれないが…