かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

NGT48研究生・羽切瑠菜の活動自粛の理由はアルバイトではないか?

NGT48の2期研究生である羽切瑠菜が活動自粛をすると発表された。

いつもNGT48へのご声援ありがとうございます。
この度、2期研究生の羽切瑠菜のNGT48メンバーとしての活動を一定期間自粛させる決定をしましたので、ご報告致します。
活動のルールに反する行動が認められた為、保護者の方に報告の上で、この度の活動自粛の措置を取るに至りました。
普段よりNGT48を応援・支援していただいている皆様方に、ご心配やご迷惑をお掛け致しますことを、NGT48を代表して深くお詫び申し上げます。誠に申し訳ありません。
尚、活動自粛期間は現在のところ未定です。決定し次第、あらためてご報告致します。
よろしくお願い致します。

2018年12月26日
NGT48劇場支配人 今村悦朗
NGT48公式ブログ

理由が一切不明な急な活動自粛に憶測が飛び交っている。ここでは活動自粛の理由を考えたい。

※ NGT騒動に関与した可能性を検証しました(3/12追記)

活動自粛の理由

羽切瑠菜は群馬県出身の19歳。2018年6月にNGT48の2期生となった。渡辺麻友を尊敬しており、まゆゆのようなアイドルになりたいと語っていた。

AKS(AKBグループ)で何か問題が発生したときに一番話題になるのは、恋愛スキャンダルで、今回の活動自粛もその類のものではないかと噂されている。しかしながらAKSは恋愛禁止と昔は言っていたが、割と男性関係のスキャンダルには甘い指原莉乃も移籍しただけで特にお咎めなしだった。

NGT48の中井りかも彼氏の噂が絶えず(元ファンと半同棲と文春砲では報道されている)、SNSやらなんやらで暴言を吐きまくり炎上姫とまで呼ばれているが活動自粛は全くなく、普通にテレビなどにも出演している。過去に彼氏とのプリクラ流出で謹慎させられた人もいて(大場美奈島田玲奈など)、対応が不平等だというのは確かにその通りなのだが、男性関係のスキャンダルがあれば闇に葬ればよく、ファンにバレない限りは活動自粛する必要も特にないので、恋愛スキャンダルは違うのではないか(他のメンバーへの見せしめとも考えられないこともないが)。

同様にファンと直接触れ合ったという可能性もあるが、これもバレない限りはわざわざ自粛を言い渡す必要はないし、たとえファンと交際していてもお咎めなしの人がいるので、可能性は低いと思っている。

余談だが、羽切瑠菜の活動自粛をきっかけに中井りかはなんで謹慎させないんだよと不満が高まっている。羽切瑠菜の活動自粛は男性関係ではないと思っているが、もしそうだった場合は不公平すぎる。中井りかは人気があるので休ませられないのかもしれないが、人気度によって対応を変えてもいいわけはない。

次に考えられるのは、なにか軽犯罪のようなものを犯してしまったというものだが、喫煙や未成年飲酒などを起こしていれば一発で解雇となるだろうし、その他の犯罪も同様である。『活動のルール』とかいうレベルではなく『法律』違反である。ネットでは、NGT48の佐藤海里が自転車を盗まれて、それが羽切瑠菜の活動自粛の日に戻ってきたことから、憶測が流れていたが、『防犯登録してあって取りに行った』とか『駐輪場じゃないところに放置されていたらしい』という具体的なエピソードが挙げられていたので、これも無関係だろう。

もっとも可能性が高いなと思うのが、なにか副業(アルバイト)をしていたというものだ。NGT48の山崎美里衣がSHOWROOMで「みんながみんないい思いをしていないし悲しいと思う。けど一番辛いのは彼女だから。」という趣旨の発言をしている。犯罪絡みであれば、「辛いのは彼女」ということはないだろう。恋愛だと別れさせられて辛いというのはあるかもしれないが、それはやっぱりアイドルなのに恋愛していた方にも責任はあると思うので、ここまで擁護しないはず。

研究生でお金がなくてアルバイトをしていたのであれば「彼女が一番辛い」のは分かるし、「保護者の方に報告」するのも納得できる。そしてアルバイトをしないといけないほどの収入だったということがバレると運営に批判が来るので、理由を伏せたというのも説明がつく。

まとめ

山崎美里衣は『待っていてほしい』と言っているので、無期限とは言ってもいつか戻ってくることは、ある程度決まっているのだろう。活動自粛した後に人気になったAKBの先輩たちのように復帰後羽ばたいてほしい。