かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

【転スラ】アニメ『転生したらスライムだった件』13話感想 - 圧倒的じゃないか、リムル軍は

秋アニメ『転生したらスライムだった件』13話「大激突」感想です。

前回のあらすじ

リムルの前に現れた樹妖精(ドライアド)のトレイニー。大森林の管理者である彼女は豚頭帝(オークロード)の脅威を知りリムルに討伐を依頼しに来たのだ。強力なスキルを持つ豚頭帝(オークロード)とその貪欲な力に突き動かされる20万の豚頭族(オーク)は森を席巻しつつあった。蜥蜴人族(リザードマン)と同盟を結び豚頭帝(オークロード)と戦うことを決意するリムル。そのころガビルのもとに、謎の魔人・ラプラスが現れ、ガビルに部族の首領の座を奪うようにそそのかしていた。

www.mirikai.site

 あらすじ

リザードマンが住む湿地帯に向かうリムル一行。

f:id:mochirixi:20181225004642j:plain

偵察のソウエイが交戦中の一人のリザードマンを発見する。ソウエイにそのリザードマンを助けるように指示するリムル。リムルが到着する頃には、敵はすべて屠られた後だった。傷ついたリザードマンを助けるリムル。

f:id:mochirixi:20181225004658j:plain

リザードマンは、ガビルの妹であり、首領の娘でもあった。彼女からガビルの謀反を聞かされたリムルは、この場で同盟の締結を行うのだった。

一方、オークと戦うガビルの旗色は悪くなっていた。オークはリザードマンを食らうことによって、群れ全体がリザードマンの特性を手に入れる。ガビルは隊長格のオークと対峙する。このオークはオークジェネラルであり、非常に大きな力を有していたが、オークロードは更に強大であるという。

ガビルとオークジェネラルの戦いが始まる。ガビルも手練であったが、相手は更に上手だった。劣勢に陥るガビル。そこにリムルたちが割って入るのだった。

f:id:mochirixi:20181225004730j:plain

リムルたちは圧倒的な力で形勢を逆転していく。リムルはそれを空から見守り、仲間の活躍に感嘆の声を漏らす。

f:id:mochirixi:20181225004749j:plain

そしてリムルは敵の総大将、オークロードへと迫る。

感想

ガビルの戦闘がとても見応えのある回でした。ついにオークとリムルたちが激突する展開に到達しました。リムルの配下である、鬼人たちやランガの攻撃は強力すぎて、もはや大量破壊兵器という描写に。技の応酬が描かれたガビルとオークジェネラルの戦いのほうが、よほど力を入れて作られているのは、ある意味おもしろい。

ガビルは調子に乗せられやすく、迂闊ものであり、やらかしも多いですが、仲間には慕われており、実力も確かなものを有しています。今回がガビル最大の見せ場にはなるかと思うのですが、この先もうまくムードメーカー的に使ってほしい。またアニメになり、声優が付いたことにより、ガビルは更に大きな魅力が得られたと思います。以前も書きましたが、福島潤のマッチング具合は素晴らしいです。

次回は翌年に持ち越しですが、年始からクライマックスが見られるでしょう。これから始まるであろうリムルのガチバトルへの期待感が高まります。