かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

アニメ『ゾンビランドサガ』12話(最終回)感想 - 2期がありそうな雰囲気

2018秋アニメ『ゾンビランドサガ』第12話「グッドモーニング アゲイン SAGA」感想です。

前回あらすじ
やりおった。《さくら》が事故りおった。どうやら生前の記憶が戻っているらしい。あいつ、元の性格がめちゃくちゃだ。(※中略)他のじっぱかゾンビィ達は《さくら》を元に戻そうとしているようだが……(※中略)とりあえず、明日が欲しいので今日は寝る。
追記:寝付けない。コーヒーを飲み過ぎたか。

第12話あらすじ


© ゾンビランドサガ製作委員会

アルピノライブが近づくが、さくらはゾンビだった頃の記憶を失ってしまった。巽が説得するもさくらはまだ気持ちを整理できないでいた。レッスンに参加しないさくらを山田たえも、昔さくらに一生懸命レッスンしてもらった恩を返すようにさくらを説得する。


© ゾンビランドサガ製作委員会

さらにファンもさくらのライブを楽しみに待っていた。さくらの心は揺れ動き、そしてゆうぎりと愛にも戻ってほしいと訴えられ、さくらはレッスンを開始する。

ゆうぎり「さくらはんがいないステージを成功させるくらいなら、さくらはんと一緒のステージで失敗したいと。

愛「私は失敗したり後悔したりすることを全然ダメだと思わない。それって絶対次につながることですし、そういうのを踏み越えた先に誰にも負けない私がいるって思うから。


© ゾンビランドサガ製作委員会

そしてアルピノライブ当日。佐賀は爆弾低気圧に襲われ大雪が降る最悪の天気。それにもかかわらず多数のファンが集まりライブを開始するが雪の重みで会場が破壊されていく。そしてステージの屋根が全て崩落。やっぱり持ってないと諦めようとするさくらに巽の手拍子が響く。


© ゾンビランドサガ製作委員会

それに呼応するようにメンバーも立ち上がり歌を続ける。会場のファンの手拍子も始まり、さくらは立ち上がる。そして会場と一つになったライブは終了した。さくらの記憶も戻り、佐賀を救うフランシュシュの活躍はここから始まる。

さくら「おーはようございまーす!

感想

さて最終回。どういう感じで来るのかなと思っていたら、愛とゆうぎりに説得されてCGライブという割と無難で王道な展開で終わりました。たえの説得が良かったです。何言ってるのかよく分からなかった(前を向け!かな?)のですが、逆に強く訴えかけるものがありました。

アルピノ崩壊からのライブは良かったといえば良かったんですが、雷に撃たれてビーム出しまくりライブがあった7話の方がインパクト強かったので、少し残念。今見返したら7話の感想に「いい最終回だった」って書いててやっぱりあっちの方が最終回らしかったなあと。

今思うと、さくらが生きているときの記憶が戻ってから、彼女の「持ってない能力」が顕在化したように見えるだけで、今までもライブやなんやらでかなり「持ってない」状況に追い込まれてますね。今までは「持ってない」というトラウマに囚われてなかったので、さくらは対処できていましたが、挫折を経験するとそれを乗り越えるのは大変だというのはすごくよく分かります。

巽とさくらの関係がちょっとだけ分かりました。巽の初恋の人がさくらなのかな?でもそれ以上のことは分からず、巽はただの人間なのかとか本当に同級生だけの関係なのかというのはよく分かりません。本当の名前は乾らしい。巽は辰巳、乾は戌亥(干支で言えば正反対)になっています。

まあ依然として謎が残っていて、最後に週刊誌の記者が昔の写真と比較して訝しんでいたカットが挿入されていたので、まあ2期か劇場版か知りませんが続編が決定しているのでしょう。途中で人気が出たことがわかって、色気が出て2期決定したのかなあという気もしないでもないのですが、個人的にはやっぱ1クールで全部蹴りつけて欲しかったですね。2期は蹴りつけた後にやってくれるとよかった。

総括

最後に『ゾンビランドサガ』の簡単な総括を。最初の1話と2話はやっぱり衝撃的でした。めちゃくちゃ面白くてこれ絶対人気出るだろと思ってました。3話で急に正統派アイドル路線になったのですが、この時は1話だけ入れるシュールを狙ったものかなと思っていました。4話で普通にアイドル始めて、アイドルアニメになるんだなとガッカリしたものです。

しかし5話が傑作で、7話8話も面白かったです。ただやっぱり1話2話の路線でずっと観たかったなというのが本音ですね。最後まで見終わった後もそう思います。実際7話8話になってから『ゾンビランドサガ』の人気も上昇したので、多分ギャグアニメ路線よりもアイドル路線を世間は待望してたんでしょう。自分と世の中の乖離をまざまざと見せつけられたアニメになりました。とりあえず、えーでちゃん が良いアニメに出られて良かったです。