かおすもにゅめんたむ

アニメ・アイドルのブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20190322193855p:plain
f:id:mochirixi:20190302190704j:plain f:id:mochirixi:20190302190708j:plain
f:id:mochirixi:20190302190720j:plain f:id:mochirixi:20190302190716j:plain

メグウィンの騒動に対する謝罪でさらに炎上「ファルコンとメテオは仲間ではなく社員」

MEGWIN TVの騒動がさらに大きくなっている。簡単に記すと、MEGWIN TVのメインキャストであったファルコンとメテオを社長のメグウィンがクビにして、そのファルコンとメテオは新チャンネルを設立し、メグウィンに人間扱いされていないと思うくらいの仕打ちを受けていたとMEGWIN TVの闇を報告したのがその騒動の発端だった。詳しい経緯は以下の記事に書いてあるので参考にしてほしい。

ファルコンとメテオは本日YouTube配信(スパチャ)において、動画作成用に機材を購入する資金の募集をお願いして100万円以上を集めた。チャンネル登録者数も10万人を突破し、判官贔屓というのもあるだろうが新しいチャンネルで良いスタートを切っている。2人の動画に対するファンの期待も高い。(個人的に投げ銭制度はあまり好きになれないので、多用するのはやめてほしいが。)

一方で、メグウィンはこの騒動に対する謝罪動画をアップした。しかしながら、その謝罪とも思えない言い分と自己保身のような弁解に批判が集中して、動画の低評価も高評価を圧倒的に上回る事態となっている。チャンネル登録者数の減少にも歯止めがかからず、ついに3万人以上減って111万人台になってしまった。この記事ではメグウィンの謝罪の何がダメだったのかを考察する。

メグウィンの弁明

最初は「俺が俺にオンデマンド MEGWINです」というキャッチコピーとともに騒動に対して頭を下げている。そしてこの動画は攻撃目的ではないと言っている。

彼らが発信した情報に関しては既に彼らの主観が入ってしまっているので、正確かどうかというのは私たちにもわかりません。

この時点で既におかしい。もしファルコンやメテオの言ったこと(例えば名前の使用を禁止したこと、給与が安すぎたことなど)は客観的な事実が存在するもので、もし行なっていないのであれば否定できる。これを分からないということは、そういう事実があったということに他ならない。そして最もダメだなあと思うのは「彼ら」という他人のような代名詞である。こういうどちらが悪いかというようなものは、基本的にはイメージで動く。非難されている方が、今まで一緒にやってきた社員を彼らと言うのは冷酷に感じて印象が悪い。「ファルコンとメテオが」にするべきだろう。

みなさんは正確か分からない情報を得て、事実関係を確認しない上で、私にコメントをしている状態です。

謝罪で視聴者に苦言を呈してはいけない。もしそれが嫌であればメグウィンの側から情報を提示すれば良いだけだ。視聴者は把握できる範囲の情報でしか議論することができない。

私の方から情報を出すこともありませんし、訂正することもありません。

意味不明。裁判が控えているとか守秘義務でなら分かるが、攻撃目的でないからという理由は理由にならない。メグウィンの言うように会社であれば、言い分をしっかり争うべきだ。これもう事実だろ!

まず株式会社MEGWIN TVは会社です。チームや仲間ではなく会社です。そして彼らは正社員でした。

これが一番の悪手。メグウィンはそう思っていたとしても、視聴者はそうは思っていない。MEGWIN TVはYouTuberの1人である。それを仲間ではないと言い切りってしまうのは、ファルコンとメテオを切り捨てる発言にしか思えない。人は正論では動かない。

また日本の労働基準法では、社員を理不尽に解雇すると会社が罰せられます。さてここまで2つのポイントを言いました。会社であること、労働基準法で社員を理不尽に解雇できないこと。このポイントを今回の情報を合わせて考えると、株式会社MEGWIN TVは労働基準法を違反していて罰せられなければなりません。ではなぜされていないのか。今回の情報が正しいと立証されていないからです。

労基法で罰せられていないからファルコンとメテオに発言は嘘だという論理で一瞬騙されそうになるかもしれないが、労働者からの訴えがない限りは基本的には(そうでない場合もあるが)罰せられない。ファルコンやメテオが労基署などに訴えていない場合は罰せられないし、証拠や証人がない場合も罰せられない。したがって、もしファルコンやメテオの言う通りのことが行われていないと否定することはできない。もしすぐに罰せられるなら、この世の中にブラック企業は存在しない。

彼らの情報が正確だと立証するのは彼らではなく、私でもなく、みなさんでもなく、法です。

立証するのは法ではなくファルコンとメテオ。だけど2人は労基に訴えたわけでもないし、今さら立証する気もないだろう。

まとめ

論理的にファンをやり込めようとして、かなりロジックを練ってきたことはわかる。確かに社員だから自己都合退職させたんだという論理は分かるし、実際そうなのだろう。お別れ動画をMEGWIN TVで上げるかどうかも社長の一存にすぎない。

しかしながら、株式会社MEGWIN TVは普通の会社じゃない。ファンあってのイメージ商売だ。面白いつまらない楽しい楽しくないが全てを支配する世界であり、そういう点では芸能界よりもシビアである。そんな世界で論理を振りかざして丸め込もうとしても反感を買うだけだ。10年以上YouTubeをやってきてなぜ分からないのだろうか。一度ついてしまったイメージの回復には長い時間がかかる。普通にごめんなさいと謝罪して和解すればよかったのではないか。