かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

アニメ『ゾンビランドサガ』9話感想 - 再び交わるサキと相棒の人生

アニメ『ゾンビランドサガ』第9話「一度は尽きたこの命 なんの因果か蘇り 歌い踊るが宿命なら 親友への想いを胸に秘め 貫くまでよ己の SAGA」感想です。長いな。

前回あらすじ
臭い蓋を開けてみれば、【サガロック】でのステージは成功に終わった。止まない雨はない。蘇らないゾンビィもいない。『フランシュシュ』の名もだんだんと知られてきた。ただし、有名になれば、当然ヘンな輩に目を付けられる可能性も大きくなる。まさかあの男がきっかけで、やーらしかゾンビィたちが重大な事実を知ることになるとは。ゾンビィたちよ、何があろうと、明日に歌え!

第9話あらすじ


© ゾンビランドサガ製作委員会

佐賀県は高齢者が95%*1ということで高齢者のファンを増加させるため、フランシュシュは鹿島踊りを、お爺さんたちから学ぶ。公園で練習していると、さくらとリリィがレディースの「怒羅美(ドラミ)」の天吹万梨阿に絡まれてしまう。そこに顔を出したサキは、元ヤンの迫力で万梨阿を追い返す。


© ゾンビランドサガ製作委員会

その練習の帰り道、サキは万梨阿と「殺女(コロ助)」の美沙と一触即発の状況を目撃する。サキはロケバスから飛び降り、2人の間に入りその場は鞘を納めさせる。サキは万梨阿に、過去の自分の相棒だった麗子の面影を見出していた。麗子は万梨阿の親だった。


© ゾンビランドサガ製作委員会

家に戻った万梨阿は果たし状が来ていることを麗子に告げられる。麗子は万梨阿にレディースを辞めるように告げるが、万梨阿は反発し、部屋を抜け出して指定された鏡山へと向かってしまう。麗子は万梨阿を追いかけるためにバイクを倉庫から出す。麗子は過去に結婚して子供ができて、子供にも普通の人生を歩ませてあげたいとサキに語っていた。そのサキの死因はコロスケ総長とのチキンレースの事故だった。


© ゾンビランドサガ製作委員会

サキは巽にヤンキーと接触を持つとフランシュシュのスキャンダルになると諌めるが、サキは自分のすべきことをしようと、鏡山へと向かう。鏡山では万梨阿と美沙がチキンレースをしようとしていた。麗子は美沙に頭を下げるが、万梨阿は意気地なしと麗子に反抗する。


© ゾンビランドサガ製作委員会

そこに訪れたサキは自分が一日特攻隊長として代わりにチキンレースをやるという。サキはブレーキをかけることなく崖下に突っ込む。サキはゾンビなので死なず、美沙はサキに尊敬の念を抱き敗北を認める。しかしサキはアイドルで伝説になるため、レディース達の前でライブを披露するのだった。

感想

今回はサキ回。私はヤンキー物の作品に全然詳しくないのでわからないのですが、とりあえず演出は特攻の拓』のオマージュですね。「!?」などが頻発する演出が特にそれです。サキ曲の「特攻DANCE」は氣志團の「One Night Carnival。またネット上ではゾンビランドサガ自体が『下妻物語』のオマージュ*2だということが噂されていますが、今回の万梨阿のバイクも『下妻物語』に登場したもののオマージュじゃないかなあと思っているのですが、どうでしょうか。


© ゾンビランドサガ製作委員会

今回の話は6話から8話までよりも真面目すぎない感じが初期の『ゾンビランドサガ』らしくて好きなのですが、ただ少し気になるところがあって、まず麗子は万梨阿にレディースを本当に辞めて欲しかったら、果たし状を隠すんじゃないかなあというところです。私はヤンキーのことがよく分からないんですが、無視されたらその後ボコボコにされたりするんですかね?

もう一個は、サキが自分がゾンビというチキンレースで絶対負けない条件で勝負するのかというところです。正々堂々とした勝負に拘るような性格だと思うのですが、美沙を騙したような形になっているのがちょっと違和感。チキンレースのような馬鹿げたもので死んでしまったことの後悔もあるのでしょうが、サキが崖下に突っ込むと美沙もより危険になってしまうので、行動の整合性が取れていないような気がしています。

記事を書く前に毎回、今回のあらすじを公式ホームページで見るのですが、第9話のあらすじが面白かったので以下に転載します。

突然ですが、少子高齢化社会です。これからはサガのご老人たちにも『フランシュシュ』のファンになってもらわなければならない。おじいちゃん、おばあちゃんが会いに来るアイドル。素晴らしいと思いませんか。イベントでの挨拶も、わかりやすくするか……「『フランシュシュ』はいつでもアクセル全開! 老若男女に向けたアイドル活動を行ってまいります!」いや、もっと端的に、「ゾンビィのとこ、こないか?」

めちゃくちゃブラックです。最初この内容で一話作ってくれるのかと思っていたら、なんかいい話になっちゃって少し残念でした。最初の高齢化社会のところのフリも活かされなかったし。

*1:嘘。実際は28%

*2:トラックにいきなり轢かれるなど