かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

アニメ『転生したらスライムだった件』9話感想 - オーガとの出会い

秋アニメ『転生したらスライムだった件』9話「大鬼族の襲撃」感想です。

前回のあらすじ

魔王レオンのもとにいたシズを救い出したのはある勇者だった。その勇者のことを胸に、長い間、人々を救うために働いてきたシズ。イングラシア王国では、異世界から来た子供たちの指導者も務めた。そしてシズは今、最期の時を迎えようとしていた。リムルに最期の願いを伝える。「私を――、君の中で眠らせて……」。願いを受け入れ、スキル捕食者を発動するリムル。そしてリムルは、シズによく似た人間の姿を手に入れることになった。

www.mirikai.site

 あらすじ

リムルたちの村の開発は着々と進む。村の統治体制は確立され、リムルが直接手を下すまでもなくなっていた。

f:id:mochirixi:20181127013355j:plain

リムルは手に入れた人間の姿や新たなスキルを確認するのであった。人間の姿とはいっても、それは性別のない姿だった。人間の姿を手に入れたことにより、リムルは味覚を手に入れることができた。おいしい食事を楽しみにするリムル。

f:id:mochirixi:20181127013415j:plain

リムルはかつてヴェルドラがいた洞窟で、シズを捕食したことにより新たに手に入れたスキルである変質者の能力を試す。そんなときランガからの救援要請が届く。ゴブタやリグル、ランガたちはオーガと戦っていた。話し合いを持ちかけるリムル。オーガたちは明らかにゴブタたちより強かったが、手心を加えてくれていた。しかし、オーガたちは邪悪な魔人であるとリムルを呼んだ。リムルはオーガ5人を相手することに。スキルを使い、オーガたちを圧倒するリムルだった。しかし3人を倒したところで、残りの2人は手練であると判断するリムル。

f:id:mochirixi:20181127013446j:plain

リムルは腕を切り落とされ、窮地に陥るかと思われたが、スライムであるリムルには結局多くのオーガの攻撃は通じなかった。逆に圧倒的な力を誇示することによって、戦意を失わせようとするリムル。しかしそれでも抗戦の意思を見せる彼らにどうしたものかと思っていると、1人の桃色のオーガが彼らに戦いをやめるように言ってくれるのだった。彼女はこれほどまでに圧倒的な力を持つリムルが計略を図るのは無意味であると彼らに語りかける。

f:id:mochirixi:20181127013509j:plain

彼女のおかげでオーガと話をすることができるようになり、リムルはスライムとしての姿を見せ、彼らがリムルが魔人の証拠であるというシズから受け継いだ仮面を確認させるのだった。戦いは誤解から起こったとわかり、謝罪を受け入れるリムル。和解した一同は村で行われる宴へむけて歩みを進める。

f:id:mochirixi:20181127013530j:plain

感想

今日の朝刊に一面広告を出した『転スラ』ですが、ここからが本当のスタートということでいいのでしょう。戦闘描写としては今期最高峰のものを見せてくれました。作画においては間違いなく今期最強です。今期の覇権レースは『SSS.GRIDMAN』も有力候補ではありましたが、現在『ゾンビランドサガ』に席巻されていると言っていいような状況下にあります。ここに割って入ることができる可能性があるのはこの作品くらいなものであると私は思っています。今の『ゾンビランドサガ』に勢いで勝つのは難しいでしょうが、この作品にはなんとか食い下がってほしい。まあ面白いか面白くないかとはまた別次元の話かもしれませんが。少なくとも私は一番になれるポテンシャルを秘めている作品であるとは思っています。

オーガについて

今回からリムルの仲間の中でも本当に大きな役割を持つことになっていく、オーガたちが仲間に加わりました。どんな作品でも重要なイケメン成分と美少女成分を担ってくれるキャラクターでもあります。演じる声優も古川慎江口拓也M・A・O、千本木彩花、大塚芳忠と非常に豪華で、これから物語上大きな存在になると視聴者には分かりやすいです。ここまで見てきた視聴者なら当然わかるとは思いますが、彼らにもリムルは名前を与え、OPに登場している姿へと変貌を遂げるということですね。シズは運命の人ではありましたが、すぐに退場してしまいましたので、ヒロインとしての役割は今回登場した彼女たちが果たしてくれます。

これからの展開

前回の終わりに登場したオークがオーガに対しアクションを起こした結果、今回の展開に繋がっています。あの導入部から多くの種族を巻き込んだ大きな戦いに発展していきますが、この発展し大きくなっていくということこそが、この作品の最大の魅力になる部分でしょう。小さな村やあまり強くなかった仲間たちが大きく成長していく様を感じられるのが、この作品の一番いいところだと感じています。まあリムル様の無双物語でもありますが…