かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

アニメ『SSSS.GRIDMAN』8話感想 - フルパワーグリッドマンの真っ向!唐竹割り!

秋アニメ『SSSS.GRIDMAN』8話「対・立」感想です。

前回のあらすじ

この街の真実を知った裕太は、内海や六花に話をするが2人とも相手にされなかった。そこでアカネにも話しかけようとするが裕太は戸惑ってしまう。何とかアカネと会話をしていくうちに裕太の疑問は確信に変わっていく。そしてアカネは裕太に驚きの提案をする。その最中、街では巨大なUFOが浮かんでいた。

www.mirikai.site

 あらすじ

学園祭の準備に沸く、裕太たちの高校。グリッドマン同盟はその様子を横目に以前見た空に浮かぶ街について話す。そこにアシストウェポンらが割って入る。アカネがアレクシスに利用されて怪獣をつくり続けていると言う裕太だった。

f:id:mochirixi:20181125021051j:plain

傷ついたアンチは街に1人横たわる。アカネはまた新たな怪獣を作り出す。実は高校での学園祭は数年ぶりだという。アカネは学校に怪獣のモデルを持ってきていた。最初の怪獣を大幅に強化した姿であった。彼女はその怪獣を学園祭の当日に暴れさせるので、止めてみろと言い出すのだった。

f:id:mochirixi:20181125021109j:plain

裕太はジャンクの処理能力の範囲内でアシストウェポン全員を使うため、サイズを抑えることを提案する。アカネのことを巡り、六花と将の間に亀裂が入る。六花はアカネと戦うことを避けたい様子だった。将の心無い一言に六花は完全に立腹してしまう。さすがに将も言い過ぎたと反省するが、それより優先すべきはアカネのことであると決意を新たにするのだった。

学園祭の当日を避けて怪獣を出してほしいとアカネに頼みに行く。しかしアカネは聞く耳を持たなかった。六花の家の店にはアンチが六花を探して訪れる。

帰りのバスの車内で六花とアカネは話をする。アカネは六花を自分が好きなように設定したと言った。また六花たちは怪獣から生み出されたのだという。

f:id:mochirixi:20181125021231j:plain

六花は裕太とアカネについて話をする。先に将に謝るという六花の考えを聞いて、先にグリッドマンを出現させる裕太だった。後から怪獣が現れる。そしてアシストウェポン全員が出力スケールを抑えて出撃する。全員が合体した超合体超人フルパワーグリッドマンが完成する。

f:id:mochirixi:20181125021300j:plain

圧倒的な力で怪獣を倒すフルパワーグリッドマン。かくて学園祭は無事開催されるのだった。

f:id:mochirixi:20181125021415j:plain

学園祭にはアカネの姿はなく、部屋で横たわるアカネの傍らには怪しげな言葉を放つアレクシスがいた。

感想

全員合体超人フルパワーグリッドマンが登場しました。このアニメはとことん戦闘に関しては、正統派な盛り上げをしないなと感じます。先にグリッドマンを出現させておいて、アカネを後手に回らせることによって、被害を抑えるという手段が取られ、ある意味何の感慨もなく全員で出撃し、合体する展開。個人的にはこういう全員合体はなんらかの溜めがあってほしいと思ってしまう口なのですが、そういうのはまったくないのがちょっと物足りないなと思う部分であったりします。戦闘演出が既存の作品の丸パクリすぎるのもまあオマージュであるのはわかります。今回であればグレートマイトガインでしょうか。しかし個人的にはあまり響かなくなってきています。アシストウェポン全員が合体したゴッドゼノンに該当するような形態も当然出番はあると思いますが、順番的そっちが後ろになるのはどうなんだろうか。全員出撃を可能とするため、サイズを抑え全体の出力を限定させるのは理屈としていいと思うのですが、全体の出力を抑えたら結局弱いのでは?バスターグリッドマンで倒した怪獣のほうが実際は強いのではないのかと思わないこともありません。まあ合体するとすごいパワーアップするんでしょう。

今回はアカネが追い詰められた回でした。六花を頼りにしていたアンチの様子と結局シンクロしてしまっているのがなんとも皮肉めいて感じられました。彼らがグリッドマンをお客さんと呼ぶのは本当にこの世界のすべてがアカネから生み出されたものであり、外界からやってきたイレギュラーな存在がグリッドマンであるからなのでしょう。しかし怪獣から生み出された世界であるということは、結局アレクシスが作り出した世界ということではないか。この世界に存在する全員はいわゆるNPCのようなキャラクターという解釈ができそうです。そこにグリッドマンが現れることによって自我のようなものが目覚め、アカネに反抗するようになったのであれば当然面白くはないでしょう。またそれらを消去していくことに躊躇いがないのも当然かもしれません。今回はグリッドマンではないお客さんという存在が少しだけ語られていたように思いますが、それはアカネがこの世界では特別でも、本当に特別な存在ではないということを示しているのでは?

私の現時点の予想では、この世界の出来事自体全てが『電光超人グリッドマン』の1エピソードなのでは?と考えています。新条アカネという少女がアレクシスという存在に魅入られ、その能力を利用して閉じこもった世界にグリッドマンがやってきて、1人のNPCであった裕太の力を借りてこの世界で戦うという展開なのかなと。そして最終回では、現実の世界で本当のアレクシスと本当のグリッドマンの決着が描かれるのではないかと思います。まあただの予想ですので、聞き流してもらえれば。

f:id:mochirixi:20181125021514j:plain

裕太の女装姿は正直ちょっとかわいい。まあ顔自体は美少女キャラと変わりありませんので…