かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

アニメ『あかねさす少女』8話感想 - ついにシリアスカのフラグメントへと旅立つ

2018秋アニメ『あかねさす少女』8話「明日架とアスカ」感想です。

前回あらすじ
このフラグメントは様子がおかしい。そのきな臭さに勘付いたクロエは、この世界の自分が残したメッセージを見つける。「僕たちは一見つながっているようでいて、その実ホワイトゴートによって一人きりにされている……」クロエはその言葉とともに、ウィルスをインストールしたメモリユニットを受け取った。これをサーバーに取り付ければ、インフラを統括しているAIの破壊が可能になるという。明日架らと合流し「一人きりじゃなくなった」彼女は、サーバー島でクラッターに相対する。その胸に、ある覚悟が生まれるのを感じながら……

第8話あらすじ


©Akanesasu Anime Project

喫茶オクターヴのマスターが足を怪我して仕事に支障をきたしていた。しかもトモヤの舞台が重なりオクターヴは大盛況となりマスターは困っていた。そこでラヂ研のメンバーはお手伝いをすることに。1日目はエプロン姿、2日目はメイド服、3日目はウェディングドレス、4日目はウェスタン風の衣装とコスプレしながら仕事をこなしていく。


©Akanesasu Anime Project

5日目は明日架と優以外のメンバーが用事があってこれなくなった。2人で手伝おうとするが、優は家族から電話があって塾をサボるなと注意されてしまう。この一週間優はずっと塾に行かずにオクターヴの手伝いをしていたのだった。結局明日架がオクターヴに行くと、そこには味噌をもらいにきたアスカがいた。


©Akanesasu Anime Project

明日架はアスカを無理やり着替えさせ手伝わせる。最初は戸惑っていたアスカだが徐々に慣れ仕事をこなしていく。すると幸せそうな親子が店内に入ってきた。子供のタクミは、アスカのフラグメントで見知った人で、彼はアスカのフラグメントでは毎日の食べるものにすら困っているという。


©Akanesasu Anime Project

その後、アスカは明日架の家にお泊まりする。明日架の家族にばれたものの、尻アスカと名乗り窮地を脱し、一緒に食事をいただく。その場で、明日架の父が明日架に味噌屋を継ぐ覚悟が足りないと一喝し気まずいムードになってしまう。

アスカは明日架に味噌屋を継ぐのもいいが自由になりたいものになってほしいと言う。

アスカ「私の世界ではみんなそうだ。将来の夢なんて描けない。でもこのフラグメントは違うだろ。何にも縛られずに夢を描いていい。
アスカ「ただ私は…自由でいて欲しいと思っただけだ。せめて…シリアスじゃないほうの明日架くらいはな。


©Akanesasu Anime Project

その夜、明日架とアスカは同じ今日平の夢を見る。アスカは涙を流していた。するとアストラルモジュールから警告音が鳴り響く。どうやらアスカのフラグメントに何か問題が起こったらしい。アスカは明日架を置いて自分のフラグメントに向かう。

アスカ「危ないからじゃない。お前にはここで生きて欲しいからだ。この未来のあるフラグメントで。


©Akanesasu Anime Project

明日架はアストラルモジュールを盗み見て655.1というフラグメントをメモしていた。ラヂ研のみんなと一緒に優が楔となり、その世界に旅立つ。

感想

黒沢ともよ大活躍回。前半は『あかねさす』らしいコメディー。CGじゃないんだし、わざわざ衣装を使い回しにせんでも…と思ったんですが、ゲームもあるのできっとウェディングドレス衣装とかカードとして出すんでしょう(もう出てるかもしれませんが…)。どんどん明日架のペースに巻き込まれてアスカが表情豊かになってるのが可愛い。どうせ私は可愛くない方の明日架ですよ…と言う声が聞こえてきそうなので念のために言っておきますが、明日架も天真爛漫ちくわ可愛いです。

優の悩み明日架の悩みも分かってきました。優は実は自分の夢があるんだけど、親の意向とかもあって流されているような感じがします。塾も好きで行っているようではないですし。明日架は逆で、自分は味噌屋の跡取りになりたいと思っているけど父親に反対されています。ただ味噌屋の跡取りも本当になりたいのか?というところは分かりません。その道しか見えていなくて他の可能性を彼女自身が考えていないということもありえます。

追記:急に思いついたんですが、明日架が味噌屋を継ぐことしか考えてない→他の道が見えていない→ちくわから覗いているのはその比喩ってことなのかなあ。あと、ちくわに芯がないのって他のフラグメントとアスカの性格全然違うことの比喩?

後半は一転シリアスに。アスカが明日架に未来のあるフラグメントで生きていてほしいというシーンは印象的です。しかしラヂ研はアスカのフラグメントに向かいます。みあも奈々もクロエも、他のフラグメントの体験を経て、すごく積極的になったような気がします。

そして今回は優が楔になりました。フラグメント移動後に優の姿がなかったので、優は同一化しているものと思いますが、では第1話の明日架はなんだったのでしょうか。633.1は滅びつつあった世界でもう明日架はいなかった?でもフラグメント移動には楔が必要が真なら、楔がないなら移動できないと思うのですが。あとは偶然楔の周りにラヂ研メンバーが出現したか?ユウとアスカは楔を必要とせず移動できますが、理由もよくわからない(もしどっかで言っていたら教えてください)。

『あかねさす少女』料理コラム

大根菜の味噌炒めが出てきたんですが、これって全国区の料理なのかなあ。ちなみに私の地元の富山では『よごし』という名前の郷土料理です。あと、ちくわと味噌って合うよね。ネギ味噌を縦に切ったちくわに乗っけて焼いたり、輪切りにして野菜と一緒に味噌で炒めたりすると美味しいのでやってみてください。