かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

アニメ『アニマエール!』7話感想 - ひづめのネジの外れっぷり

秋アニメ『アニマエール』7話「トップは高所恐怖症」感想です。

前回のあらすじ

チア同好会に初めて学校外からの依頼が舞い込む。地元イベントのオープニングセレモニーでチアを披露することになったこはねたちは、4人になって初めてのチアに練習にもより身が入っていく。そしていよいよ本番の時を迎える!

www.mirikai.site

 あらすじ

虎徹はこはねが高所恐怖症であったことを知り、こはねにトップを任せてしまったことを「私はとんだ豚野郎だよ!」と悔いていた。

トップを務めようとダイエットに励もうとする虎徹だったが、あまりうまくはいかなかった。そんなやりとりをしているとこはねが部室にやってくる。こはねから語られる高所恐怖症になった理由。自分が怪我をするからというより周囲がそれで心配するのを嫌がったことから高いところが怖くなったのだった。

新しいチアの要素「ショルダーストラドル」を取り入れた練習をするチア同好会。土曜の休日にチア同好会はチアの専門店に行くことに。チアショップという響きにこはねは胸を膨らませる。

f:id:mochirixi:20181119051108j:plain

チアショップに出かけるチア同好会。チアショップには赤い髪の少女の姿もあった。チア衣装の試着をする宇希とこはねだった。

f:id:mochirixi:20181119051133j:plain

ポンポンテープを買うという目的を果たし、カフェで一息つくチア同好会。そこで意外にもひづめから応援というか相談を依頼される。

ひづめはクラスに馴染めていないことに悩んでいるという。それは逆に高嶺の花としてのイメージによるものなのではと話すチア同好会の面々。そしてチアの演技中のスマイルを出してポンポンを配ればいいのではないのかというアドバイスを真に受け、実行するひづめ。それを見守るこはね、宇希、虎徹

f:id:mochirixi:20181119051150j:plain

この言うなれば常軌を逸した行動に皆は遠巻きに眺めてくるだけだった。見かねたこはねがひづめを手伝うと飛び出しひづめに抱きつくが、ギャラリーは口々にこはねにずるいと言い出すのだった。

そう実はやっぱりひづめは高嶺の花過ぎて一目置かれていたのだった。そこでこはねという共通の敵が現れることによって一致団結し、ひづめの周りにも人が集まるようになったのだった。

f:id:mochirixi:20181119051218j:plain

ひづめが取り巻きに囲まれている間にチア同好会が部室に向かうとそこにはとある張り紙があり、それを貼った犯人もすぐに見つかった。犯人である赤い髪の少女はチア同好会を悪の巣窟と呼び、ひづめを先輩と呼ぶのだった。

f:id:mochirixi:20181119051236j:plain

感想

虎徹が冒頭で自らをブタ野郎と罵っていましたが、ブタ野郎という単語がシンクロするなんて思いませんでした。たくさんアニメを見ているとこういう妙なシンクロ現象が多く確認できます。虎徹が入ることによって『アニマエール!』はとても面白くなりました。間違いなくこの作品でナンバーワンの人気キャラが虎徹でしょう。

チアショップというお店が出てきましたが、これは現実にあるものなのでしょうか?ネット上ではチアの通販サイトは見つけられますが実店舗となると日本ではあまり存在できなさそうです。

ひづめがこはねたちのアドバイスを真に受けて、学校の廊下でチア衣装を着てポンポンを配るというマジキチ行動をやりだしたのには笑った。ちょいちょい普通に笑えるシーンがあるところがやっぱり好きです。こはねもけっこうぶっ飛んだところがありますが、ひづめも負けず劣らずでいい取り合わせ。

今回はようやく5人目の仲間である牛久花和が本格的に絡んできました。同学年であるひづめを先輩と呼び、ストーカーまがいの行動を続ける彼女もやはりやべーやつっぽい。

アニマエール!  Vol.1 [Blu-ray]

アニマエール! Vol.1 [Blu-ray]