かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

アニメ『ゴブリンスレイヤー』7話感想 - ゴブスレさん、暁に死す

秋アニメ『ゴブリンスレイヤー』7話「死ヘ進め」感想です。

前回のあらすじ

突如ゴブリンスレイヤー宛にゴブリン退治の依頼が届いた。その送り主はかつての魔神王を打ち倒した“剣の乙女”だった。
ゴブリンスレイヤー、女神官、妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶の一行はさっそく水の街に向かう。風光明媚な水の街だが、昨今不審な事件が多発しているという。多くの人たちが暮らす街の地下には下水道が通っている。そこにゴブリンが潜んでいると睨んだゴブリンスレイヤーたちは、早速地下水路に侵入する。

www.mirikai.site

 あらすじ

風呂場で剣の乙女とゴブリンスレイヤーの話をする女神官。

f:id:mochirixi:20181118032236j:plain

f:id:mochirixi:20181118032242j:plain

一方、大鼠退治の依頼の少なさに違和感を感じるゴブリンスレイヤーだった。そこからゴブリンたちは毒を使うのではないかと予想する。また地下水路へゴブリン退治へ向かうゴブリンスレイヤー一行。

一行はゴブリンの罠に嵌まり、部屋に閉じ込められ、毒攻めにされる。即席のマスクで口を塞ぎ、コンクリートを使い毒を吹き込んでいる穴を塞ぐ指示を出すゴブリンスレイヤー

そして部屋に多くのゴブリンが攻め込んでくる。その中にはゴブリンチャンピオンの姿もあった。通常のゴブリンを蹴散らしていく一行。しかしゴブリンチャンピオンの前にゴブリンスレイヤーは致命傷を負い、ショックを受けた女神官のプロテクションが解けてしまい、パーティーは窮地に陥る。

f:id:mochirixi:20181118032401j:plain

しかしそれでもゴブリンスレイヤーは立ち上がる。瀕死になりながらも、ゴブリンチャンピオンに大きなダメージを与え、それを見たゴブリンたちは退却していく。

f:id:mochirixi:20181118032415j:plain

女神官の無事を確認したところでゴブリンスレイヤーは倒れてしまう。

感想

冒頭で女神官のきれいな柔肌を晒しておいて、それを後半では思いっきり傷つけるという落差の激しい回。サービス回といえばサービス回ではありましたが…女神官や剣の乙女より妖精弓手のサービスがよかったな…

今回はゴブスレさんが致命的なダメージを受けてしまい、描写的には死んでしまったような引きで次回へ続きました。さすがにゴブスレさんがいなくなったら作品として成り立たないので、生きてるでしょう。

ゴブスレさんがゴブリンチャンピオンにやられてしまい、過去のフラッシュバックからもう一度立ち上がる描写は凄みがあり、ケレン味に満ちていましたが、ゴブリンチャンピオンを倒す方法はなんとも原始的でかっこいいやり方ではないのがこの作品らしさだと感じました。

しかしたまにはゴブスレさん以外のパーティーメンバーがもっと決定的な活躍をする展開があってもいいかなと思うのですが、割と露払いみたいな役割しか任されていない気がします。ゴブスレさんはゴブリン退治のスペシャリストではあってもスペシャルな能力を有しているわけではないので、もっとうまい活躍のさせ方が見られればいいなと思います。