かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

アニメ『ゴブリンスレイヤー』6話感想 - 船乗りゴブリン

秋アニメ『ゴブリンスレイヤー』6話「水の街の子鬼殺し」感想です。

前回のあらすじ

遺跡での激戦を経て辺境の街に帰還したゴブリンスレイヤーたち。傷を癒したゴブリンスレイヤーは幼馴染である牛飼娘と辺境の街のギルドに向かう。
ギルドでは巨大鼠に武器を奪われた新米戦士と見習聖女に戦い方のアドバイスをする。そんな折、ゴブリンスレイヤーはギルドの受付嬢からある依頼を受ける…。

www.mirikai.site

あらすじ

冒険者たちが勇者の逸話を話しているとそこに依頼を受けたゴブリンスレイヤーが出てくるのだった。

f:id:mochirixi:20181111032649j:plain

ゴブリンスレイヤーと一緒にその依頼を受けに水の街へ赴く女神官、妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶の一行。この依頼を送ってきたのは、剣の乙女として知られる大司教であった。

f:id:mochirixi:20181111032549j:plain

水の街では不審な事件が多く起こっており、どうやらその原因がゴブリンであることが判明したのだった。そこでこの街の冒険者にも依頼を出したが、解決には至らず、結果ゴブリンスレイヤーの噂を聞きつけた剣の乙女によって依頼が出されたという。

この街の地下に走る下水道にゴブリンが潜んでいるという見立てのゴブリンスレイヤーたちは早速下水路に向かうのだった。

f:id:mochirixi:20181111032809j:plain

下水路に潜むゴブリンたちを見事な連携で着実に仕留めていくゴブリンスレイヤー一行。しかし下水路に潜んでいたのはゴブリンだけでなく、巨大なアリゲーターも生息していた。

f:id:mochirixi:20181111032856j:plain

そこにゴブリンらの船も多数近づいてきており、窮地に陥るかと思われたが、機転によりアリゲーターにゴブリンらを始末させるゴブリンスレイヤー

ゴブリンが船を使っていたが、アリゲーターの存在を知らなかったことから何者かが裏でゴブリンを操っていることを見抜くのだった。

f:id:mochirixi:20181111032616j:plain

感想

どんどんこのパーティーの練度が上がってますね。連携によって多くのゴブリンを倒していくのは爽快でした。今回は前々回のように一体一体の頭を潰していくような凄惨な方法ではなく、水路に落とすというのが主な攻略法でしたので、見ていて嫌な気分になりそうなシーンも少なかったのがよかったです。

ゴブスレさんのズレっぷりがちょっとした笑いを生んでくれますし、パーティーメンバーが増え、全体的な雰囲気が柔らかくなって、初期の印象とは変わってきましたが、見やすい雰囲気になっているのはいいですね。

そして女神官をはじめとする女性キャラクターのかわいさも今回は際立っていました。掴みは凄惨な描写ばかりでしたし、そんな描写ばかりを期待されてしまっていた気がしましたが、今では普通の冒険モノの作品として見られるようになったのは個人的には好印象です。まあゴブリンスレイヤーの特徴がやや消失気味ではありますが…

しかしこの世界いくらなんでもゴブリンを軽く見すぎだろ…めちゃくちゃ被害が出ているんだからもうちょっと大きく問題視してもいいかと思うのですが。ゴブスレさんの特異性を際立たせるために全体の整合性がやや失われている気もしてしまいますね。