かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

【リリスパ】アニメ『RELEASE THE SPYCE』5話感想 - サービス回かと思いきやサービスシーンなし

2018秋アニメ『RELEASE THE SPYCE』5話「Phantom・Protocol」感想です。サブタイトルの元ネタはスパイアクション「Mission: Impossible 4 Phantom Protokoll」(ドイツ語版)かなあ。

前回あらすじ
ツキカゲの「千代女」こと八千代メイと「風魔」こと相模楓は時おり喧嘩もするが、ルームシェアをして一緒に暮らしている仲良し師弟。新たなミッションで事件が起こる――。

第5話あらすじ


©SORASAKI.F

白虎の靴に付着していた砂からモウリョウの根城である九天サイエンス本社ビルを突き止め、侵入を試みるツキカゲ。初芽の透明になれるクリームを全身に塗るモモたち。社内に侵入し内部データを入手するもののモウリョウに繋がる手掛かりは得られなかった。


©SORASAKI.F

モウリョウは内通者からの情報でわざとツキカゲに偽の情報を渡していたのだった。モウリョウはエモ・パチーノを雇いドラッグの売買を仕向け、彼を囮にしツキカゲを誘い出す作戦をとる。


©SORASAKI.F

ツキカゲはドラッグの噂を聞きつけマルコ・ネーロという人物に行き当たる。ツキカゲはマルコを見張ることにする。メイの聞き込みによりマルコを発見し、モモは電車内で盗聴器と発信機を取り付けるが、そこにドルテが襲撃する。蹴りも睡眠弾も無効化するドルテに苦戦するモモだったが、バーサーカーらしく雪の罠にまんまと引っかかり車内から川に落とされる。この一件でモモはさらに自分を追い込んでいくことになる。


©SORASAKI.F

盗聴器と発信機の情報からエモパチーノとそのアジトに行き当たるツキカゲ。アジト襲撃の作戦を立てるが、その日はモモの誕生日だった。友人に誕生会前夜祭に誘われるが、休んでいいのか逡巡する。しかし師匠の雪を信頼して前夜祭に参加する。休んだおかげで動きが軽くなったモモの活躍もありエモパチーノのアジトは壊滅する。そしてツキカゲでもモモの誕生日を祝うのだった。


©SORASAKI.F

しかしその晩、再びドルテの襲撃を受けるモモ。元ツキカゲのカトリーナと雪の参戦により一瞬で始末される。雪は、シンジケートは九天サイエンスから目をそらすための囮だと推測し、再び九天サイエンスを追うのだった。

感想

冒頭サービス回かと思いきやサービスシーンなし!硬派なアニメだ。最後に内通者によって初芽がツキカゲであることがモウリョウにバラされましたが、今まで内通者がいてモウリョウはツキカゲが誰か知らんかったんか?そしてなんで今更1人の情報だけモウリョウに渡すのかがよく分からない。情報を小出しにするのは二重スパイっぽいなあ。色んなとこで内通者が予測されてますけど、モモ本人が内通者っていう予想はあんま見たことがないのですが、実際ないわけでもない気がするんですよね。今回小出しにしたのは一番新人だから情報が最初に揃ったのが彼女だったというので説明はつきますし。モウリョウからの刺客が絶対彼女を襲うのも何かありそうです。あとモモがスパイスを落としたのは気になります。モウリョウの手に渡っているのでしょうか?

今回は戦闘が2回あったのですが、どれもあっさり風味でちょっと不満。まあ敵がドルテだといつものようなスピードアクションにはならないでしょうが、戦闘がサラッと終わるので緊張感があまりない。これは5話だけに限らないですが戦闘だけでなく、全体的にサラサラと進んでいって終わったあとあんま印象に残らない。プレゼンテーションでずっと淀みなく原稿読んでる登壇者って結局何が言いたかったのか分からないのと一緒です。

しかし白虎がいいキャラしてますね。っていうか邪神ちゃんそのままなんですが…鈴木愛奈さんのはまり役です。ドルテが早見沙織さんなのは無駄遣いだろ…