かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

アニメ『SSSS.GRIDMAN』5話感想 - 究極のサービス回

秋アニメ『SSSS.GRIDMAN』5話「挑・発」感想です。

前回のあらすじ

なみことはっすの軽はずみな行動がきっかけで、何故か男子大学生たちと遊ぶ約束を交わしてしまった六花とアカネ。それを知った裕太と内海は焦燥に駆り立てられ、六花たちを尾行する。年上の男たちに向けられる六花の笑顔に言い表せない想いを抱く裕太。一方で、グリッドマンにも感知出来ない怪獣が暗躍を始めていた。

www.mirikai.site

 あらすじ

アレクシスに野外学習のための水着を披露するアカネ。一方裕太は水着がどこにしまってあるかわからず、探すのに苦労していた。

f:id:mochirixi:20181104014107j:plain

f:id:mochirixi:20181104014043j:plain

集合場所に向かう電車の中でウトウトする裕太は記憶喪失になるきっかけとなったであろう出来事のことを夢で断片的に見るのだった。

f:id:mochirixi:20181104014150j:plain

更衣室で互いに日焼け止めを塗り合う六花とアカネ。野外学習の内容はラフティングだった。

f:id:mochirixi:20181104014427j:plain

相変わらず裕太にちょっかいをかけてくるアカネ。最近思い通りにいかないと意味深なことを語るアカネだった。裕太がグリッドマンだと確信するアカネ。アカネはアレクシスに連絡し、ここにもこれまでより巨大な山のような怪獣が出現する。

f:id:mochirixi:20181104014902j:plain

しかし変身に必要なジャンクはこの場所にはない。そこでキャリバーたちに連絡を取ろうとするグリッドマン同盟だったが携帯はなく、公衆電話を見つけても硬貨はなく番号もわからなかったが苦労の末、なんとか連絡をとりつける。ジャンクを持ち運ぶため買い取るアシストウェポンたちだった。ほとんどマックスが出してんな。

f:id:mochirixi:20181104014629j:plain

自らの生み出した怪獣により窮地に陥るアカネを助けるアンチ。電車でジャンクを運びなんとか駅まで到着し、電源をつなぐアシストウェポンたち。そこに裕太がようやくやってくる。そしてアクセスフラッシュ。今回はボラーが顕現する。

f:id:mochirixi:20181104014941j:plain

アカネを背負って山道を歩いていたアンチだったが、グリッドマンが出現したのを見るとアカネを残し、戦いに赴くのだった。

圧倒的な大きさの前に苦戦するグリッドマンだったが、ボラーと合体し、武装合体超人バスターグリッドマンとなる。圧倒的な火力で怪獣を倒すグリッドマン。ちなみにドリルは飾りだった。

f:id:mochirixi:20181104015005j:plain

帰りの電車の中で眠る裕太たちの傍らで、マックスはなぜ彼らのまわりにのみ怪獣が発生するのかを考えていた。

感想

エグいくらいのサービス回。ほぼ全編に渡ってずっと水着で展開されるので貼れる画像が限られすぎますし、魅惑的な水着姿をお見せできないのも心苦しい限り。公式が二次創作を上回るほどサービスしてくれるのはすごい。内容的には一応マックスがなぜ怪獣が出現するのか考え出したり、アカネが裕太がグリッドマンであるとの確信を得たり、裕太が以前の戦いのことを夢で断片的に見たり、最後の意味深な山が動くシーンとストーリーとしての動きはあったものの、やはりサービスの要素にどうしても目が行きます。特に冒頭のアカネの妖艶さがヤバかった。

アシストウェポンたちが出てくるとどうしても場の緊張が緩んでしまうのが面白い。彼らがお金を出しあってジャンクを買い取り、山まで運んでいくシーンはコメディすぎる。懸命に走ってくる裕太たちとの対比が際立ちます。ジャンクのお金はほとんどマックスが出してるし。戦闘においても彼らと合体するまではかっこいいのですが、倒し方はセオリーを外したやり方になるのも狙っているのだろうなと思います。今回もドリル使わへんのかい。

アンチは今回もアカネを気遣う描写がありましたが、それを無慈悲に踏みにじるアカネに対する好感度はあんまり高くないですね。アンチはなにげにこのアニメで一番好きになれるキャラクターになってきている気がします。戦闘でも毎回顔を出しては噛ませ犬になるポジションですし、どこまでも憎めない存在です。

さて今週は某所に最終話までのネタバレが貼られました。その全てを紹介はしませんが、この先アシストウェポン全員との合体やアシストウェポン全てが合体した形態も出てくるようなので、期待したい。しかしながらそのネタバレを見る限り、『SSSS.GRIDMAN』にはダイナドラゴンやキンググリッドマンに該当する形態は出てこないようなのでそれは残念。ダイナドラゴンは昔おもちゃで遊んだ記憶があるので思い入れがあったのですが…