かおすもにゅめんたむ

独自な視点でアニメ・声優・ゲーム・アイドルなどを考察するブログ

画像クリックでカテゴリーに移動します

f:id:mochirixi:20181004170142j:plain f:id:mochirixi:20180920170704j:plain f:id:mochirixi:20180920170713j:plain f:id:mochirixi:20180920170646j:plain

アニメ『アニマエール!』4話感想 - 虎徹は名前に反してかわいい女の子

秋アニメ『アニマエール!』4話「Let's Cheer Up!」感想です。

前回のあらすじ

宇希もメンバーに加わり3人となったこはね達は「チア同好会」を設立する。そんなチア同好会に早速クラスメイトの「舘島虎徹」と「秋常紺」から応援の依頼が舞い込んでくる。その依頼の内容とは…?

www.mirikai.site

 あらすじ

大きな荷物を背負って登校してきたこはね。以前秋常紺と一緒にチア同好会を訪れていた舘島虎徹に手伝ってもらいなんとか部室に辿り着く。その荷物はこたつだった。

f:id:mochirixi:20181029014014j:plain

そこにこはねがバスケ先輩と呼ぶバスケ部の先輩がやってくる。彼女はチア同好会に応援の依頼をしに来たのだった。チアの部室を後にする虎徹はチアに興味がある様子だった。それを見逃さないこはねたち。

まず虎徹に体験入部してもらうのがいいのではないかというひづめ。不意に鳴り響くピアノの音色。それは幽霊の仕業であるとの噂であった。こはねは幽霊も勧誘しようと音楽室へと走る。

音楽室には1人でピアノの練習をしている虎徹がいたのだった。体験入部に誘うこはねたちだったが、虎徹は即断する。「チアって恥ずかしい」という虎徹の言葉にチア同好会の心は痛む。

f:id:mochirixi:20181029013808j:plain

それはあくまで自分がやるのは恥ずかしいということであった。虎徹への勧誘はすんなりと引き下がったこはねであったが、自分のときはしつこかったと文句をつける宇希に「宇希は特別だから」と言うのだった。それを聞いた宇希はわかりやすく上機嫌。

f:id:mochirixi:20181029014451j:plain

気を取り直してバスケ部の応援に向けて動き出すチア同好会。当面の問題はユニフォームだった。買おうとすると彼女たちには手の届かない金額がかかってしまう。そこで自分たちで衣装を作ろうとするが、誰も裁縫が得意ではなかった。しかし根性で乗り切る。

そして試合当日がやってきた。会場である体育館に到着し、着替えるチア同好会。ユニフォームは見事に完成していた。こはねは観客用のポンポンも大量に持ってきていたのだった。いいこと思いついたと言うこはねにひづめは嫌な予感を隠せない。

f:id:mochirixi:20181029015411j:plain

会場には同じ高校の女生徒が応援のためたくさん詰めかけていた。そこには虎徹の姿もあった。そこにチア同好会がやってくる。かっこよく皆の紹介をするこはね。こはねはバルイーグルだった。ひづめは疾風だった。宇希はゴリラだった。なんやかんやこはねのペースに巻き込まれる皆だった。

f:id:mochirixi:20181029020129j:plain

チア同好会の姿にチアの魅力を感じる虎徹。こはねの「Let's Cheer Up!」の掛け声に合わせて観客の女生徒も「Let's Cheer Up!」の声を上げる。虎徹も例外ではなかった。

f:id:mochirixi:20181029020735j:plain

応援のおかげもあり、見事バスケ部は練習試合に勝利する。勢い余って客席から落ちそうになってしまい、試合後も震えが収まらないこはねだったが、バスケ先輩の感謝の言葉で復活を果たす。そこに虎徹がチア部に入りたいとやってくる。名前を恥ずかしがる虎徹を応援するチア同好会の面々だった。正式なチア部まであと1人。

感想

今回はこてっちゃんこと舘島虎徹回でした。やはり名前ネタは鉄板でしたね。虎徹もすごいがひづめもやばいと思うんですが。中の人は楠木ともり。正直出演作はあまり見ていなかったのですが、今回まともに演技しているところを改めて確認してみて水瀬いのりに似すぎているなと感じました。キャラクターとしては無難にかわいいです。うまるの海老名ちゃんに似ているという意見が見られましたが、私は虎徹のほうがずっと好きですね。

この作品は最近のきらら系には珍しく本来の4コマ漫画のシュールさを表現できていると思えるシーンがたくさんあってとても好きです。かわいいだけでなくちょっとクスッとできるシーンがすごくいい。作画的にはあまり力を入れていると思える作品でなかったりするのですが、時たまめちゃくちゃ動きのいいシーンが出てくるのも私のツボに入ってくれます。緩急があるというのかメリハリがすごい。

f:id:mochirixi:20181029022257j:plain

今回で言えばバルイーグルのシーン。

次回以降ではなぜかOPEDでハブられている5人目のチア部員である牛久花和が本格的に絡んできそうです。それにしても動画工房白石晴香好きすぎるだろ。